みよし歴史探訪

 ~ 発掘現場からよみがえる、太古の三芳 ~

1回 川の流れと遺跡
(『広報みよし』令和2年4月号掲載)


2回 かつて流れていた川のそばに広がる、中東遺跡 (5月号掲載)

3回 県内最古の石器が見つかった、藤久保東遺跡 (6月号掲載)

4回 炭からわかる旧石器時代の三芳 (7月号掲載)

5回 溝に囲まれた弥生のムラ、本村南遺跡 (8月号掲載)

第6回 三芳にもあった製鉄のムラ、俣埜遺跡 (9月号掲載)

第7回 古代の墓ではなかった、宮前遺跡 (10月号掲載)


第8回 道路と並行するように掘られた溝、三富開拓地割遺跡 (11月号掲載)

第9回 溝は水路だった?三富開拓地割遺跡 (12月号掲載)

第10回 資料館でよみがえる、太古の三芳 (令和3年1月号掲載)


第11回 町の歴史を伝える施設 (2月号掲載)

第12回 紡がれていく、三芳の歴史 (3月号掲載)



HOME