A.バッハのページ

  川端純四郎


T 歌詞対訳(BWV)

4, 6, 10, 11, 32, 36, 37, 40, 41, 47, 49, 51. 56, 57, 61, 63, 70, 71, 72, 82, 84, 85, 93, 97, 106, 110, 
111, 121, 131, 132, 133, 134, 143, 150, 156, 163, 164, 181, 184, 199, 201, 204, 207, 211, 212, 
243a, 244, 245, 248-1, 248-2, 248-3,248-4, 248-5, 248-6,

U バッハ文献紹介
1.バッハの堅信礼(2003.9.25.掲載)
2.バッハと賛美歌集(2004.1.18.掲載)
3.コラールカンタータ年巻のフルート奏者(2004.2.3.掲載)
4.バッハと賛美歌集(2)(2004.4.2掲載)
5.1730以後のバッハのカンタータ創作(2004.11.3.掲載)
6.バッハと敬虔主義(2005.7.4.掲載)
7.バッハのクリスマス・マニフィカトと伝統との関連(2005.12.18.掲載)
8.バッハの蔵書中の「宗教的書物」(2006.2.13.掲載)
9.ダニエル・フェッターとバッハ時代のライプチヒにおける家庭用鍵盤コラール集
(2006.12.7.掲載)

V 講演 ・ 論文 ・ 解説
1.マタイ受難曲について (2003.10.1.掲載)
2.バッハと現代(『文化評論』1986 No.308) (2004.6.20.掲載)
3.現代的課題としてのバッハの音楽 (COMPAX 2006) (2006.10.25.掲載) 
4.ヨハネ受難曲の四つの稿について(2007.9.17.掲載)
5.『ドレスデン賛美歌集』の旋律(2008.1.4.掲載)

W 『J.S.バッハ〜時代を超えたカントール』参考文献
X 『バッハのコラールを歌う』の誤記訂正
Y 『バッハ伝こぼればなし』参考文献
 (1) 「トマス教会がカルヴァン派だった時」「パロディーが作れない時代」
  (2)  「旅芸人から町楽師へ」
  (3) 「ルターとカントール」、「バッハとカントール」(2009.5.31.掲載)
 (4) 「ケーテンの謎」(2010.3.4.掲載)
  (5) 「バッハと敬虔主義」(2010.7.16.掲載)
 (6) 「バッハのオルガン曲の使用目的」(2011.3.6.掲載)
 (7)  「バッハの学校教育」(2011.12.14.掲載)
 (8)  「バッハと検閲」(2011.12.14.掲載)
Z 「バッハ・コラール事典」
001. Wie schoen leuchtet der Morgenstern(BWV1)   
002. Ach Gott,vom Himmel dieh darein(BWV2)
003. Ach Gott,wie manches Herzeleid(BWV3)
004. Christ lag in Todes-Banden
005. Wo soll ich fliehen hin
006a. Ach bleib bei uns,Herr Jesu Christ
006b.  Beweis dein Macht,Herr Jesu Christ
007.  Christ unser Herr zum Jordan kam
008.  Liebster Gott,wenn werde ich sterben
009  Es ist das Heil uns kommen her
010  Meine Seel erhebt den Herren
011a Nun lieget alles unter dir
011b Wenn soll es doch geschehen?
012. Was Gott thut,das ist wohlgethan
013a. Der Gott,der mir hat versprochen
013b. So sei nun,die Seele deine
014a. Waer Gott nicht mit uns diese Zeit
014b. Gott Lob und Dank,der nicht zugegeben


 T 歌詞対訳(BWV)

仙台に「オルガンとカンタータの会」が生まれたのは1966年のことでした。
  以来バッハのカンタータの演奏に取り組んで今年(2008年)で第167回の
   コンサートを迎えました。毎回カンタータを2曲ほど演奏してきました。楽器
  編成の都合でまだ演奏できないでいるものもありますし、何回も演奏した
  曲もあります。全部でおよそ180曲ほどのカンタータをこれまでに演奏して
  きました。毎回のプログラムに掲載した歌詞対訳を少しずつご紹介します。
  誤訳にお気づきの方はご教示下さい(この翻訳は自由に利用して下さって
  かまいません。メールでお知らせ頂ければそれで結構です)。
ドイツ語と日本語訳を一行ごとに記載する方が読みやすいというご指摘を
いただきましたので、今年(2008)からはそのようにします。

川端純四郎


歌詞対訳

4,  6,  10, 1132,  3637404147, 49,  51,  56,  57,  61,  63,  70,  71,  72,  828485,  92,
93,  97, 106,  110,  111121131132133,  134, 143150,  156,  163 164,  181, 184199,  
201,  204, 207211, 212243a 244,  245,  248-T,  248-U,  248-V 248-W,  248-X,  248-
Y, 



カンタータ第4番"Christ lag in Todesbanden"(BWV4)

「キリストは死の縄目について」(BWV4)

1.Sinfonia               1.シンフォニア

2.Versus 1 S.A.T.B.           2.第1節 合唱
 Christ lag in Todesbanden        キリストは死の縄目について
 fur unsre Sund gegeben,         私たちの罪のために渡された。
 Er ist wieder erstanden         彼はふたたび命にかえって
 Und hat uns bracht das Leben;     私たちに命をもたらして下さった。
 Des wir sollen frohlich sein,        私たちは喜ばずにはおられない、
 Gott loben und ihm dankbar sein    神を讃美し感謝して、
 Und singen halleluja,           さあ、ハレルヤと歌おう、
 Halleluja!                ハレルヤ。

3.Versus 2 S.A.             3.第2節 ソプラノ、アルト
 Den Tod niemand zwingen kunnt    死に勝った者はいない
 Bei allen Menschenkindern,        人間の中にはだれも。
 Das macht' alles unsre Sund,       それはすべて私たちの罪のためだ。
 Kein Unschuld war zu finden.       負い目のない者はだれもいない。
 Davon kam der Tod so bald        だから死はすみやかに来て
 Und nahm uber uns Gewalt,        私たちに力をふるい
 Hielt uns in seinem Reich gefangen.   死の王国のとりことした。
 Halleluja!                ハレルヤ。

4.Versus 3 T.              4.第3節 テノール
 Jesus Christus,Gottes Sohn,       イエス・キリスト、神のみ子は
 An unser Statt ist kommen        私たちの身代わりとなって
 Und hat die Sunde weggetan,       罪を除いて下さった。
 Damit dem Tod genommen          こうして死から
 All sein Recht und sein Gewalt,      すべての権利と力を奪って下さった。
 Da bleibet nichts denn Tods Gestalt,   もはや死のぬけがらが残されているだけ、
 Den Stach'l hat er verloren.        死はその刺を失った。
 Helleluja!                ハレルヤ。

5.Versus 4 S.A.T.B.           5.第4節 合唱
 Es war ein wunderlicher Krieg,      それは驚くべき戦いだった。
 Da Tod und Leben rungen,         死と命が取り組み
 Das Leben behielt den Sieg,       命が勝ったのだ。
 Es hat den Tod verschlungen.       命は死を飲みつくした。
 Die Schrift hat verkundigt das,     聖書の告げているとおり、
 Wie ein Tod den andern frass,      一人の死が死を食い尽くし、
 Ein Spott aus dem Tod ist worden.    死は嘲られるものとなった。
 Halleluja!                 ハレルヤ!

6.Versus 5 B.              6.第5節 バス
 Hier ist das rechte Osterlamm,      これこそまことの過越の子羊、
 Davon Gott hat geboten,         神が命じられたとおり、
 Das ist hoch an des Kreuzes Stamm    十字架の木の上に高くあげられ、
 In heisser Lieb gebraten,         熱い愛の火で焼かれた。
 Das Blut zeichnet unser Tur,       その血は私たちの戸口のしるしとなり、
 Das halt der Glaub dem Tode fur,     信仰がこのしるしを死に対して示す時、
 Der Wurger kann uns nicht mehr schaden. 死神も私たちをそこなうことはできない。 
Halleluja!                ハレルヤ。

7.Versus 6 S.T.             7.第6節 ソプラノ、テノール
 So feiern wir das hohe Fest       そこで私たちはこの大祭を祝う、
 Mit Herzensfreud und Wonne,       心からの喜びと楽しみに満ちて。
 Das uns der Herre scheinen lasst,    主がこの祝いの輝きをもたらされた。
 Er ist selber die Sonne,         主ご自身が太陽であって、
 Der durch seiner Gnade Glanz       その恵みの輝きによって
 Erleuchtet unsre Herzen ganz,      私たちの心をすみずみまで照らされる。
 Der Sunden Nacht ist verschwunden.    罪の夜は消え去った。
 Halleluja!                ハレルヤ!

8.Versus 7 S.A.T.B.           8.第7節 合唱
 Wir essen und leben wohl         私たちはまことの復活のパンを食べて
 In rechten Osterfladen,         その中ですこやかに生きる、
 Der alte Sauerteig nicht soll      古いパン種は
 Sein bei dem Wort der Gnaden,      恵みの言葉の中に入りこむことはない。
 Christus will die Koste sein       キリストは食物となって、
 Und speisen die Seel allein,       魂を養って下さる。
 Der Glaub will keins andern leben.    信仰はこれによってのみ生きるのだ。
 Halleluja!                ハレルヤ!

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第6番 "Bleib bei uns,denn es will Abend werden"(BWV6)

「私たちと共にお泊まりください。もう夕方になりますから」
                                       

1.Chor         1.合唱
Bleib bei uns,denn es will Abenmd      「私たちと共にお泊まりください。もう夕方になり、
werden,und er Tag hat sich geneiget. 日も傾いていますから」(ルカ24;29)
                                       
2.Arie(A.)        2.アリア(アルト)
Hochgelobter Gottessohn,   誉むべき神の子よ、
Lass es dir nicht sein entgegen, み心に反するものでありませんように、
Dass wir itzt vor deinem Thron 私たちが、今、み座のまえに
Eine Bitte niederlegen:    このような祈りをお捧げすることが。
Bleib,ach bleibe unser Licht,   「私たちの光よ、どうぞ留まってください、
Weil die Finsternis einbricht.   暗闇がせまっていますから」、と。
                                       
3.Choral(S.)        3.コラール(ソプラノ)
Ach bleib bei uns,Herr Jesu Christ,  ああ、私たちと共にお泊まり下さい、主イエス・
Weil es nun Abend worden ist,    キリストよ、もう夕方になりますから、
Dein goettlich Wort,das helle Licht,  明るい光である、あなたの神的なみ言葉を
Lass ja bei uns ausloeschen nicht.  私たちのもとで消さないでください。
                                       
In dieser letzt'n betruebten Zeit この終末の、暗澹たる時にあって、
Verleih uns,Herr,Bestaendigkeit,  主よ、私たちに忍耐をお与え下さい、
Dass wir dein Wort und Sakrament あなたのみ言葉と聖礼典を、終わりの日まで
Reinb'halten bis an unser End.  正しく守り続けることができるように。
                                       
4.Rezitativ(B)        4.レチタティフ(バス)
Es hat die Dunkelheit       暗闇が
An vielen Orten ueberhand genommen.   いたる所を覆っている、
Woher ist aber dieses kommen?    どこからこの暗闇は来たのか。
Bloss daher,weil sowohl die Kleinen als die  それはただ、小さな者も、大きな者も、
  Grossen             おお、神よ、
Nicht in Gerechtigkeit       あなたのみ前で
Vor dir,o Gott,gewandelt      正義の中を歩まず、キリスト者の義務に
Und wider ihre Chistenpflicht gehandelt.   反してふるまっているからだ。だから、
Drum hast du auch den Leuchter umgestossen. あなたは燭台を倒してしまわれたのだ。
                                       
5.Arie(T.)          5.アリア(テノール)
Jesu,lass uns auf dich sehen,    イエスよ、あなたに目を向けさせて下さい、
Dass wir nicht        そうすれば、私たちは
Auf den Suendenwegen gehen.     罪の道を歩むことはないでしょう。
Lass das Licht        あなたのみ言葉の光を
Deines Worts uns heller scheinen    もっと明るく私たちに照らして、
Und dich jederzeit treu meinen.    あなたを常に忠実に想わせて下さい。
                                       
6.Chor          6.合唱
Beweis dein Macht,Herr Jesu Christ,    示して下さい、あなたのみ力を、主イエス・
Der du Herr aller Herren bist;      キリストよ、すべての主の主なるお方よ。
Beschirm dein arme Christenheit,     あなたの哀れなキリスト者たちを守って、
Dass sie dich lob in Ewigkeit.      あなたを永遠に賛美させて下さい。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第10番"Meine Seel erhebt den Herren"BWV10

  "Meine Seel erhebt den Herren" 「私の魂は主をあがめ」 BWV10

  1.Chor                      1.(合唱)
  Meine Seel ergebt den Herren,        私の魂は主をあがめ
  Und mein Geist freuet sich Gottes,     私の霊は喜びます、
            meines Heilandes;      私の救い主なる神を。
  Denn er hat                  神はその哀れなしもべを
     seine elende Magd angesehen.        かえりみて下さったのです。
  Siehe,von nun an               ごらんなさい、今からのち、すべての
     werden mich selig preisen          人の子たちは私を
     alle Kindesdind.              至福の人とたたえるでしょう。

  2.Arie                      2.(アリア)
  Herr,der du stark und machtig bist,     主よ、力ある強い主よ、
  Gott,dessen Name heilig ist,        神よ、そのみ名は聖なる神よ、
  Wie wunderbar sind deine Werke!       あなたのみわざは何と驚くすばらしいことか 
  Du siehest mich Elenden an,         あなたはこの哀れな私をかえり見、
  Du hast an mir so viel getan,        多くのことをして下さった。私には
  Dass ich nicht alles zahl und merke.    その恵みを数えあげることもできません。

  3.Rezitativ                     3.(レチタティフ)
  Des Hochsten Gut und Treu          至高者の恵みと信実は
  Wird alle Morgen neu            朝ごとに新しく
  Und wahret immer fur und fur        いつまでも、いつまでも
  Bei denen,die allhier            この地上であなたの助けをあおぎ、
  Auf siene Hulfe schaun           心からあなたを恐れて、あなたに
  Und ihm in wahrer Furcht vertraun.     信頼する者たちと共にあります。
  Hingegen ubt er auch Gewalt         それにくらべて、あなたは、
  Mit seinem Arm               信仰と生活において
  An denen,welche weder kalt         冷たくも熱くもない者たちに対しては、
  Noch warm                  そのみ腕でもって
  Im Glauben und im Lieben sein;       大いなる力をふるわれます。
  Die nacket,bloss und blind,         はだかで傲慢で盲目な、
  Die voller Stolz und Hoffart sind,     誇りと不遜に満ちた者たちは、み手によってWill 
  seine Hand wie Spreu zerstreun.     もみ殻のように散らされるでしょう。

  4.Arie                        4.(アリア)
  Gewaltige stosst Gott vom Stuhl       権力者を神はその王座から
  Hinunter in den Schwefelpfuhl;       硫黄の沼へとつき落とされる。
  Die Niedern pflegt Gott zu erhohen,     低い者たちは神は高めて
  Dass sie wie Stern am Himmel stehen.    星のように天において下さる。
  Die Reichen lasst Gott bloss und leer,   富者を神は裸でからっぽにし、
  Die Hungrigen fullt er mit Gaben,      飢えた者たちは賜物で満たして、
  Dass sie auf seinem Gnadenmeer       神の恵みの海原で
  Stets Reichtum und die Fulle haben.     いつも豊かにあふれさせて下さる。

  5.Choralbearbeitung(Duett+instr.C.f.)    5.(二重唱と器楽コラール)
  Er denket der Barmherzigkeit        神は憐れみを思い起こして
  Und hilft seinem Diener Israel auf.     しもべイスラエルを助けて下さいます。

  6.Rezitativ                     6.(レチタティフ)
  Was Gott den Vatern alter Zeiten      神が昔、父祖たちに
  Geredet und verheissen hat,         告げ、約束されたことを、今、
  Erfullt er auch im Werk und in der Tat.   そのはたらきと行為によって実現される。
  Was Gott dem Abraham,            神がアブラハムに、
  Als er zu ihm in seine Hutten kam,     その天幕に訪れた時に
  Versprochen und geschworen,         約束し、誓われたことが、
  Ist,da die Zeit erfullet war,geschehen:   今、時が満ちて、実現した。
  Sein Same musste sich so sehr        アブラハムの子孫は
  Wie Sand am Meer               海の砂のように増え、
  Und Stern am Firmament ausbreiten,     天空の星のようにひろがり、
  Der Heiland ward geboren,          やがて救い主が生まれて、
  Das ewge Wort liess sich im Fleische sehen, 永遠のみ言葉は肉体となられた。
  Das menschliche Geschlecht           それは人々を
            von Tod und allem Bosen   死とすべての悪と
  Und von des Satans Sklaverei         サタンの奴隷の状態から
  Aus lauter Liebe zu erlosen;         まことの愛によって救い出すためなのです。
  Drum bleibts darbei,                だからたしかなことは、神の言葉は
  Dass Gottes Wort voll Gnad und Wahrheit sei.恵みと真理に満ちていることです。

  7.Choral                    7.(コラール)
  Lob und Preis sei               賛美とほまれが
     Gott dem Vater und dem Sohn    父と子と聖霊の神に
  Und dem Heiligen Geiste,           ありますように、
  Wie es war im Anfang,itzt und immerdar   はじめにあったように、今もいつまでも、
  Und von Ewigkeit zu Ewigkeit.Amen.     永遠から永遠にいたるまで。アーメン。
            
バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る


カンタータ第11番(昇天祭オラトリオ)
Kantate 11(Himmelfahrts-Oratorium)

"Lobet Gott in seinem Reichen"
「そのみ国で神をほめまつれ」
                                        
1.Chor                                  
1.合唱

Lobet Gott in seinem Reichen,               
そのみ国で神をほめまつれ、
Preiset ihn in seinem Ehren,                 
その栄光を賛美せよ、
Ruehmet ihn in seiner Pracht;               
その輝きを賞賛せよ。
Sucht sein Lob recht zu vergleichen,          
神にふさわしい賛美を追い求めよ、
Wenn ihr mit gesamten Choeren             
君たちが全聖歌隊によって
Ihm ein Lied zu Ehren macht!               
神の栄誉を歌う時に。
                                        
2.Rezitativ(T)                            
2.レチタティフ(テノール、聖書記者)

"Der Herr Jesus hub seine Haende auf        
「主イエスは両手をあげて
und segnete seine Juenger,                  
弟子たちを祝福された。
und es geschah,                           
するとたちまち、
da er sie segnete,                          
主は弟子たちを祝福している間に、
schied er von ihnen."                      
彼らのもとを離れられた」。
  (ルカ24;50-51=ルター訳)
                                        
3.Rezitativ(B)                            
3.レチタティフ(バス)

Ach Jesu,ist dein Abschied schon so nah?      
ああ、イエスよ、あなたとの別れは近いのですか?
Ach,ist denn schon die Stunde da,            
ああ、もうその時が来ているのですか、
da wir dich von uns lassen sollen?            
あなたが去って行かれる定めの時が?
Ach,siehe,wie die heissen Traenen            
ああ、ご覧下さい、熱い涙が、
Von unsern blassen Wangen rollen,           
私たちの青ざめた頬からこぼれ落ちる様子を、
Wie wir uns nach dir sehnen,                
私たちがどんなにあなたを求めているかを、
Wie uns fast aller Trost gebricht.             
そして、あらゆる慰めが失われようとしている様子を。
Ach,weiche doch noch nicht!                
ああ、どうぞ離れ去らないでください。
                                        
4.Arie(A)                               
4.アリア(アルト)

Ach,bleibe doch,mein liebstes Leben,         
ああ、私の最愛の命よ、留まって下さい、
Ach,fliehe nicht so bald von mir!            
ああ、こんなに早く私から去らないで下さい。
Dein Abschied und dein fruehes Scheiden      
あなたの告別と、こんなに早い別離は、
Bringt mir das allergroesste Leiden,           
私にこの上ない苦しみをもたらします。
Ach,ja so bleibe doch noch hier,             
ああ、どうぞ、ここに留まって下さい、
Sonst werd ich ganz von Schmerz umgeben.   
さもなければ、私は痛みにとざされるだけです。
                                        
5.Rezitativ(T)                            
5.レチタティフ(テノール、聖書記者)

"Und ward aufgehoben zusehends            
「そして見ているうちに高くあげられ、
und fuhr auf gen Himmel,                  
天に昇って行かれた、
eine Wolke nahm ihn weg vor ihren Augen",   
雲が弟子たちの目からイエスを隠した」。
"und er sitzt zur rechten Hand Gottes".        
「そして彼は神の右に座しておられる」。
  (使徒1;9,マルコ16;19=ルター訳)
                                        
6.Choral                                
6.コラール

Nun lieget alles unter dir,                 
今やすべてはあなたに服従する、
Dich selbst nur ausgenommen;             
ただあなたご自身を除いて。
Die Engel muessen fuer und fuer           
天使たちはいつまでも
Dir aufzuwarten kommen.                 
あなたに仕えるためにやってくる。
Die Fuersten stehn auch auf der Bahn       
君主たちも列をなして立ち並び、
Und sind dir willig untertan;               
あなたに喜んで仕える。
Luft,Wasser,Feuer,Erden                  
空気も水も火も大地も、
Muss dir zu Dienste werden.               
あなたに奉仕する。
  (J.リスト作詞コラール,1641年)
                                        
7a,Rezitativ(T u. B)                       
7a.レチタティフ(テノール、バス、聖書記者)

T:"Und da sie ihm nachsahen gen Himmel     
テノール「そしてイエスが天に行かれるのを
 fahren,siehe,da stunden bei ihnen zwei        
彼らが見送っていると、
 Maenner,in weissen Kleidern,welche auch sagten:     
そばに白い服を着た二人の人が立っていて、言った。
TB:Ihr Maenner von Galilaea,               
テノール、バス「あなたたちガリラヤの人よ、
 was stehet ihr und sehet gen Himmel?       
なぜ天を見上げて立っているのか。
 Dieser Jesus,welcher von euch ist           
あなたたちから取り去られて、天にあげられたイエスは、
 aufgenommen gen Himmel,wird kommen,    
天に行かれるのをあなたたちが
 wie ihr ihn gesehen habt gen Himmel fahren." 
見たと同じように、またおいでになる」。
  (使徒1;10-11=ルター訳)
                                        
7b.Rezitativ(A)                          
7b.レチタティフ(アルト)

Ach ja! so komme bald zurueck:             
ああ、すぐにでもお戻り下さい、
Tilg einst mein trauriges Gebaerden,          
私の悲しげな様子をぬぐい去って下さい。
Sonst wird mir jeder Augenblick             
さもなければ、一瞬、一瞬がいとわしく、
Verhasst und Jahren aehnlich werden.         
まるで数年のように思えるでしょう。
                                        
7c.Rezitativ(T)                           
7c.レチタティフ(テノール、聖書記者)

"Sie aber beteten ihn an,wandten um gen       
「弟子たちは主を拝み、オリーヴ山と呼ばれる山から
Jerusalem von dem Berge,der da heisset       
エルサレムに向かった。
der Oelberg,welcher ist nahe bei Jerusalem     
この山はエルサレムに近く、
und liegt einen Sabbater-Weg davon          
安息日にも歩くことが許される距離のところにあった。
und sie kehreten wieder gen Jerusalem mit grosser Freude."        
彼らはおおいに喜んでエルサレムに戻った」。
  (使徒1;12,ルカ24;52=ルター訳)

8.Arie(S)                               
8.アリア(ソプラノ)

Jesu,deine Gnadenblicke                    
イエスよ、あなたの恵みの面影を
Kann ich doch bestaendig sehn.              
私は絶えず見ることができるのです。
Deine Liebe bleibt zuruecke,                
あなたの愛はこの世に残されていて、
Dass ich mich hier in der Zeit               
私は今、ここで
An der kuenftigen Herrlichkeit               
やがて来る栄光でもって、
Schon voraus im Geist erquicke,             
霊においてあらかじめ力づけられるのです、
Wenn wir einst dort vor dir stehn.            
いつの日か、あなたの前に立つ時のように。
                                        
9.Choral                                
9.コラール

Wann soll es doch geschehen,              
いつの日のことか、
Wann koemmt die liebe Zeit,              
この愛の時が来るのは、いつのことか、
Dass ich ihn werde sehen,                 
あなたに、その栄光のうちに、
In seiner Herrlichkeit?                    
まみえる時が来るのは。
Du Tag,wann wirst du sein,                
その日よ、いつ来るのか、
Dass wir den Heiland gruessen,            
救い主にお目にかかり、
Dass wir den Heiland kuessen?             
救い主に口づけする日は。
Komm,stelle dich doch ein!                
来たれ、今すぐにも。
  (G.W.Sacer作詞のコラール、1660?)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第32番「愛しまつるイエスよ、私の望みよ」

 "Liebster Jesu, mein Verlangen",BWV 32
    

1.ARIA[S,Ob,Str,Bc]
1.アリア[ソプラノ]
 Liebster Jesu,mein Verlangen,
愛しまつるイエスよ、私の望みよ、
 Sage mir,wo find ich dich?
教えて下さい、どこにおられるのですか。
 Soll ich dich so bald verlieren
あなたを見失ってしまって、
 Und nicht ferner bei mir spueren?
もうお会いできないのでしょうか。
 Ach! mein Hort,erfreue mich,
ああ、私の宝よ、私を喜ばせて下さい、
 Lass dich hoechst vergnuegt umfangen.
あなたをしっかりと抱きしめさせて下さい

2.RECITATIVO[B,Bc]
2.レチタティヴォ[バス]
 "Was ists,dass du mich gesuchet?
「どうして私をさがすのか。
 Weisst du nicht,dass ich sein muss
知らないのか、私は父のいる所に
 in dem,das meines Vaters ist?"
必ずいることを」(ルカ2;49)

3.ARIA[B,V solo,Bc]
3.アリア[バス]
 Hier in meines Vaters Staette,
父の住むこの場所で
 Findt mich ein betruebter Geist.
悲しみに嘆く魂は私を見いだす。
 Da kannst du mich sicher finden
お前はたしかに私を見いだして、
 Und dein Herz mit mir verbinden,
お前の心を私に結びつける、
 Weil dies meine Wohnung heisst.
その心こそ私の住まいなのだから。

4.RECITATIVO[S,B,Str,Bc]
4.レチタティヴォ[ソプラノ、バス]
 (Seele)(魂)
 Ach!heiliger und grosser Gott,
ああ、聖なる偉大な神よ、
 So will ich mir
それなら私は
 Denn hier bei dir
あなたのおそばに
 Bestaendig Trost und Huelfe suchen.
変わらない慰めと助けをさがし求めます。
(Jesus)(イエス)
 Wirst du den Erdenstand verfluchen
お前が地上の虚栄を呪って
 Und nur in diese Wohnung gehn,
この住まいに入ることだけを願うなら、
 So kannst du hier und dort bestehn.
お前は地上でも天国でも受け入れられる。 
(Seele)(魂)
 Wie lieblich ist doch deine Wohnung,
あなたの住まいは何と美しいことか、
 Herr,starker Zebaoth;
主、力強い万軍の主よ、
 Mein Geist verlangt
私の霊が願い求めているのは、
 Nach dem,was nur in deinem Hofe praengt. 
ただ、あなたの宮に輝くものだけです。
 Mein Leib und Seele freuet sich
 私の身も魂も生ける神を喜びます。
 In dem lebendegen Gott:
ああ、イエスよ、私の胸は
 Ach! Jesu,meine Brust liebt dich nur ewiglich.
あなただけを永遠に愛します。
 (Jesus)(イエス)
 So kannst du gluecklich sein,
それならお前は幸せになれる。
 Wenn Herz und Geist
心と霊が、私に対する愛で
 Aus Liebe gegen mich entzuendet heisst.
燃えているというのなら。
 (Seele)(魂)
 Ach!dieses Wort,das itzo schon
ああ、私の心を混乱の世界から引き離して下さる、
Mein Herz aus Babels Grenzen reisst,
そのみ言葉を、私は祈りをこめて
Fass ich mir andachtsvoll in meiner Seele ein.
私の魂にきざみつけます。

5.ARIA DUETTO[S,B,Ob,Str,Bc]
5.二重唱アリア[ソプラノ、バス]
 (beide)(両者)
 Nun verschwinden alle Plagen,
今こそ消えゆく、あらゆる苦しみは、
 Nun verschwindet Ach und Schmerz.
今こそ消えゆく、ため息も痛みも。
 (Seele)(魂)
 Nun will ich nicht von dir lassen,
もはや私はあなたを離れません。
 (Jesus)(イエス)
 Und ich dich auch stets umfassen.
私もお前をいつも抱きしめていよう。
 (Seele)(魂)
 Nun vergnueget sich mein Herz
今こそ満ち足りています、私の心は。
 (Jesus)(イエス)
 Und kann voller Freude sagen:
そして喜びにあふれて共に言おう、
 (beide)(両者)
 Nun verschwinden alle Plagen,
今こそ消えゆく、あらゆる苦しみは、
 Nun verschwindet Ach und Schmerz!
今こそ消えゆく、ため息も痛みも。

6.CHORAL[S,A,T,B,Bc+Inst]
6.コラール
 Mein Gott,oeffne mir die Pforten
私の神よ、私のために開いて下さい。
 Solcher Gnad und Guetigkeit,
このような恵みと愛の門を。
 Lass mich allzeit allerorten
どんな時にも、どんな所でも、
 Schmecken deine Suessigkeit!
あなたのやさしさを私に味わわせて下さい。
 Liebe mich und treib mich an,
私を愛して下さい、そして私を導いて下さい、
 Dass ich dich,so gut ich kann,
力のおよぶ限り、くりかえしあなたを抱き締め愛し、 
 Wiederum umfang und liebe
二度とあなたを
 Und ja nun nicht mehr betruebe.
悲しませることのないように。
  (Paul Gerhard,!"Weg,mein Herz,mitden Gedanken"1647)



カンタータ第36番「喜んで舞い上がれ」(BWV36)

"Schwingt freudig euch empor"(BWV36)
                                         
Erster Teil 第1部
1.Chor 1.合唱
Schwingt freudig euch empor zu den erhabnen Sternen, 
喜んで舞い上がれ、高い星のもとへ、
Ihr Zungen, die ihr itzt in Zion frohlich seid! 
お前たち、シオンで、今、喜び歌っている舌よ。
Doch haltet ein! Der Schall darf sich nicht weit entfernen,
しかし、待て。その響きは、そんな遠くまで行く必要はない。
Es naht sich selbst zu euch der Herr der Herrlichkeit. 
近づいて下さるのだから、お前たちのもとに、栄光の主が、ご自分から。
                                     
2. Choralbeqrbeitung (Duetto) S A 2.コラール編曲(二重唱、ソプラノ、アルト)
Nun komm, der Heiden Heiland,
いまこそ来ませ、異邦人の救い主、
Der Jungfrauen Kind erkannt,
乙女のみ子と知られたお方、
Des sich wundert alle Welt,
世の人は、皆、驚嘆した、
Gott solch Geburt ihm bestellt.
神がこのような誕生を定められたことに。
(M.ルター詞,1524)
                                     
3. Aria T  3.アリア(テノール)
Die Liebe zieht mit sanften Schritten 
愛は、やさしい足取りで、
Sein Treugeliebtes allgemach.
心から愛する人をゆつくりと引き寄せる。
Gleichwie es eine Braut entzucket, 
ちょうど、花嫁が、花婿を見て、
Wenn sie den Brautigam erblicket, 
心を奪われるように、
So folgt ein Herz auch Jesu nach. 
心はイエスにつき従う。
                                     
4. Choral  4.コラール
Zwingt die Saiten in Cythara
キタラの弦をはじいて、
Und lasst die suse Musica
甘い音楽を
Ganz freudenreich erschallen,
喜びあふれて鳴り響かせよ、
Dass ich moge mit Jesulein,
私が、いとも美しい
Dem wunderschonen Brautgam mein,
私の花婿なるイエスさまと、絶えることのない
In steter Liebe wallen!
愛の中で歩み続けることができるように。
Singet,
歌え、
Springet,
踊れ、
Jubilieret, triumphieret, dankt dem Herren!
歓呼せよ、勝利を祝え、感謝せよ、主に。
Gros ist der Konig der Ehren.
大いなるは栄光の王。
  (Ph.ニコライ詞,1599)
                                     
Zweiter Teil 第2部
5. Aria B 5.アリア(バス)
Willkommen, werter Schatz! 
ようこそ、いとも尊い宝よ。
Die Lieb und Glaube machet Platz 
愛と信仰が、場所を整えています、
Vor dich in meinem Herzen rein, 
あなたのために、私の心の中に、清く。
Zieh bei mir ein! 
私のもとに、どうぞお入り下さい。
                                     
6. Choralbearbeitung T 6.コラール編曲(テノール)
Der du bist dem Vater gleich,
父とひとしいお方よ、
Fuhr hinaus den Sieg im Fleisch,
肉における勝利を導いて下さい、
Dass dein ewig Gott'sgewalt
そうすれば、永遠の神のみ力が
In uns das krank Fleisch enthalt.
私たちの中で、この病める肉体を支えるでしょう。
  (M.ルター詞,1524)
                                     
7. Aria S 7.アリア(ソプラノ)
Auch mit gedampften, schwachen Stimmen 
くすんだ弱い声であっても、
Wird Gottes Majestat verehrt. 
神の威光は讃えられます。
Denn schallet nur der Geist darbei, 
霊が共に響いてさえいれば、
So ist ihm solches ein Geschrei, 
それは神には、叫びとなって、
Das er im Himmel selber hort.
天で、みずからお聞きになるのです。
                                     
8. Choral 8.コラール
Lob sei Gott, dem Vater, g'ton,
賛美は父なる神に、
Lob sei Gott, sein'm eingen Sohn,
賛美はみ子なる神に、
Lob sei Gott, dem Heilgen Geist,
賛美は聖霊なる神に、
Immer und in Ewigkeit
絶えず、永遠にあれ。
  (M.ルター詞,1524)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る




Kantate Nr.37 "Wer da glaubet und getauft wird" (BWV37)

 カンタータ第37番「信じて洗礼を受ける者は」 (BWV37)


1.Chor合唱
Wer da glaubet und getauft wird,der wird selig werden.     
信じて洗礼を受ける者は救われる(マルコ16;16)

2.Arie T.アリア(テノール)
Der Glaube ist das Pfand der Liebe,
信仰は、イエスがご自分の者たちに
Die Jesus fuer die Seinen hegt.
いだく愛のしるし。
Drum hat er bloss aus Liebestriebe,
イエスはただ愛の力によってのみ、
Da er ins Lebensbuch mich schriebe,
命の書に私の名を記すために
Mir dieses Kleinod beigelegt.
信仰の飾りを私に装わせて下さる。

3.Choral(Duett) S.A. コラール(ソプラノ、アルト)
Herr Gott Vater,mein starker Held!
主なる神、父、私の強い勇士よ、
Du hast mich ewig vor der Welt
あなたは私を世界の始まる前から
In deinem Sohn geliebet.
み子において愛して下さっている。
Dein Sohn hat mich ihm selbst vertraut, 
み子は私をご自身と婚約させて下さった。
Er ist mein Schatz,ich bin sein Braut, 
彼こそ私の宝、私は彼の花嫁。
Sehr hoch in ihm erfreuet.
彼のうちに私は喜びに満たされる。
Eia!
アイヤ!
Eia!
アイヤ!
Himmlisch Leben wird er geben mir dort oben;
天国の命をかしこにてみ子は私に与えて下さる。
 Ewig soll mein Herz ihn loben.
私の心は永遠にみ子を誉め讃えよう。
  (PH.NIkolai,1599))

4.Rezitativ B. レチタティフ(バス)
Ihr Sterblichen,verlanget ihr,
お前たち死ぬべき者たちよ、
Mit mir
私と共に願うのか、
Das Antlitz Gottes anzuschauen?
神のみ顔を見ることを。
So durft ihr nicht auf gute Werke bauen; 
それなら善行に頼ってはならない。
Denn ob sich wohl ein Christ
たしかにキリスト者は
Muss in den guten Werken ueben,
善行に励まねばならない。
Weil es der ernste Wille Gottes ist, 
それは神の真のみ心なのだから。
So macht der Glaube doch allein,
しかしただ信仰だけが、私たちを
Dass wir vor Gott gerecht und selig sein.
神のみ前で義とし救ってくれるのだ。

5.Arie B. アリア(バス)
Der Glaube schafft der Seele Fluegel,
信仰は魂に翼をあたえ
Dass sie sich in den Himmel schwingt,
天にはばたかせる。
Die Taufe ist das Gnadensiegel,
洗礼は恵みのしるしであって
Das uns den Segen Gottes bringt;
私たちに神の祝福をもたらす。
Und daher heisst ein selger Christ,
だから幸いなキリスト者と呼ばれるのだ、 
Wer glaubet und getaufet ist.
信じて洗礼を受けた者は。

6.Chor 合唱
Den Glauben mir verleihe
信仰を与えて下さい、
An dein' Sohn Jesum Christ,
み子イエス・キリストへの信仰を。
Mein Suend mir auch verzeihe
私の罪を赦して下さい、
Allhier zu dieser Frist.
今、この時に。
Du wirst mir nicht versagen,
あなたは拒むことはない、
Was du verheissen hast,
あなたが約束なさったことを、
Dass er mein Suend tu tragen
み子が私の罪をにない、私を
Und los mich von der Last.
重荷から解放して下さるという約束を。
  (J.Kolrose,1535)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



Kantate 40 "Dazu ist erschienen der Sohn Gottes"(BWV40)
 
カンタータ第40番「神の子が現れたのは」

1.Chor
1.合唱
≫Dazu ist erschienen der Sohn Gottes, dass er die
「神の子が現れたのは、
Werke des Teufels zerstoere.≪
悪魔の働きを滅ぼすためです」(Tヨハネ3;8)

2. Recitativ
 2.レチタティフ
Das Wort ward Fleisch und wohnet in der Welt,
言葉は肉体となった、そしてこの世に宿り、
das Licht der Welt bestrahlt den Kreis der Erden,
世の光は地上をあまねく照らし、
der grosse Gottessohn
 大いなる神の子は
verlasst des Himmels Thron,
天の座を捨て、
und seiner Majestadt gefadllt,
尊いお方は喜んで
ein kleines Menschenkind zu werden.
いやしい人の子となられた。
Bedenkt doch diesen Tausch,wer nur gedenken kann:
考えても見よ、この大いなる交換を、考えられる人は皆。
Der Kodnig wird ein Untertan,
王が臣下となり、
der Herr erscheinet als ein Knecht
主人はしもべの姿をとり、
und wird dem menschlichen Geschlecht,
人類のために、
o sueses Wort in aller Ohren!
おお、全ての耳に甘い言葉よ、
zu Trost und Heil geboren.
慰めと救いとしてお生まれになったのだ。

3. Choral
3.コラール
Die Suend macht Leid;
罪は苦しみをもたらす。
Christus bringt Freud,
キリストは喜びをもたらす。
weil er zu Trost in diese Welt ist kommen.
なぜなら、彼は慰めるためにこの世にこられたのだ から。
Mit uns ist Gott
私たちと共に神も
nun in der Not:
今や苦難の中におられる。
Wer ist, der uns als Christen kann verdammen!
だれが、私たちキリスト者を罪に落とすことができようか。

4. Aria
4.アリア
Hoellische Schlange,
地獄の蛇よ、
wird dir nicht bange?
心配ではないか?
hoellische Schlange?
地獄の蛇よ。
Der dir den Kopf als ein Sieger zerknickt,
お前の頭を勝利者として砕くお方が、
ist nun geboren,
今、お生まれになった。
und die verloren,
そして失われた者たちは、
werden mit ewigem Frieden beglueckt.
永遠の平和の幸を与えられるのだ。

5. Recitativo
5.レチタティフ
Die Schlange, so im Paradies
あの蛇は、パラダイスで
auf alle Adamskinder
アダムの子孫すべてに
das Gift der Seelen fallen lies,
魂の毒を注いだが、
bringt uns nicht mehr Gefahr; 
もはや、私たちに危害を加えることはない。
des Weibes Samen stellt sich dar,
女の子孫が出現し、
der Heiland ist ins Fleisch gekommen
救い主は肉体に宿り、
und hat ihr allen Gift benommen.
そのすべての毒を取り去ってくださった。
Drum sei getrost! betruebter Suender.
だから、安らかであれ、悲しむ罪人よ。
                                           
6. Choral 
6.コラール
Schuttle deinen Kopf und sprich:
頭を振って言え、
Fleuch, du alte Schlange!
逃げ去れ、古い蛇よ。
Was erneurst du deinen Stich,
お前が新しく咬もうとしても、
machst mir angst und bange?
私が不安になつたり怖れたりするだろうか?
Ist dir doch der Kopf zerknickt,
お前の頭はすでに踏みにじられて、
und ich bin durchs Leiden
私は救い主の苦難によって
meines Heilands dir entrueckt
お前から離れて
in den Saal der Freuden.
喜びの広間へと移されているのだ。

7. Aria
7.アリア
Christenkinder, freuet euch!
キリストの子らよ、喜べ。
Wuetet schon das Hoellenreich, 
地獄の王国が荒れ狂い、お前たちを
will euch Satans Grimm erschrekken:
サタンの憤怒が怖れさせようとしても、
Jesus, der erretten kann, 
イエス、救うことのできるお方、が
nimmt sich seiner Kuechlein an
その雛たちを集めて、
und will sie mit Fluegeln decken.
み翼のもとに覆ってくださる。

8. Choral
8.コラール
Jesu, nimm dich deiner Glieder
イエスよ、あなたの肢体である私たちを、
ferner in Genaden an;
これからも恵みのうちに受け入れてください。
schenke, was man bitten kann,
与えて下さい、人の祈り求めるものを、
zu erquicken deine Brueder:
あなたの兄弟たちを勇気づけるために。
Gib der ganzen Christenschar
与えてください、キリスト者のすべての群れに、
Friede und ein selges Jahr!
平和と祝福された一年を。
Freude, Freude ueber Freude!
喜びよ、喜びにつぐ喜びよ、
Christus wehret allem Leide.
キリストはあらゆる苦難を防いでくださる。
Wonne, Wonne ueber Wonne!
歓喜よ、歓喜につぐ歓喜よ、
Er ist die Genadensonne.
キリストこそ恵みの太陽

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



Kantate Nr.41 "Jesu, nun sei gepreiset"(BWV41)

カンタータ第41番「イエスよ、今、あなたを賛美します」
                                        
1. (Coro)
1.合唱

Jesu, nun sei gepreiset
 「イエスよ、今、あなたを賛美します、
Zu diesem neuen Jahr
  この新年にあたって、
Fur dein Gut, uns beweiset
  あらゆる苦難と危機の中で
In aller Not und G'fahr,
  私たちに示されたあなたの恵みのゆえに。
Dass wir haben erlebet
  おかげで私たちは味わっています、
Die neu frohliche Zeit,
  新しい喜びの時を。
Die voller Gnaden schwebet
  その時は、あふれる恵みと永遠の浄福に満ちて
Und ewger Seligkeit;
  行く手に浮かんでいます。
Dass wir in guter Stille
  こうして私たちは平安な静かさの中で
Das alt Jahr habn erfullet.
  古い年を完結させています。
Wir wolln uns dir ergeben
  私たちはあなたにこの身をゆだねます。
Itzund und immerdar,
  今もこれから後も、
Behute Leib, Seel und Leben
  お守り下さい、からだと魂と命を、
Hinfort durchs ganze Jahr!
  これから一年を通して」。
  (ヨハン・ヘールマン作のコラール第一節)
                                       
2. Arie S
2.アリア(ソプラノ)

Las uns, o hochster Gott, das Jahr vollbringen
   私たちに、おお至高の神よ、この年を全うさせてください。
Damit das Ende so wie dessen Anfang sei
. 年の終わりを、その始めと同じように迎えさせてください。
Es stehe deine Hand uns bei,
  あなたの手が私たちと共にあって、
Dass kunftig bei des Jahres Schluss
  今年の終わり に、
Wir bei des Segens Uberfluss
  あふれる祝福の中で、/ 今と同じように
Wie itzt ein Halleluja singen.
  ハレルヤと歌うことができますように。
                                       
3. Recitativo A
3.レチタティフ(アルト)

Ach! deine Hand, dein Segen muss allein
  ああ、あなたのみ手、あなたの祝福のみが、
Das A und O, der Anfang und das Ende sein.
   アルファでありオメガであり、始めであり終わりです。
Das Leben tragest du in deiner Hand,
  命はあなたのみ手の中にあり、
Und unsre Tage sind bei dir geschrieben;
  私たちの日々はあなたのもとに記されています。
Dein Auge steht auf Stadt und Land; 
  あなたの目は都市にも農村にも注がれており、
Du zahlest unser Wohl und kennest unser Leiden, 
  あなたは私たちの幸福を数え苦難をご存じです。
Ach! gib von beiden, 
  ああ、そのどちらであれ、私たちにお与えください、
Was deine Weisheit will, worzu dich dein 
  あなたの知恵が望まれることを、
Erbarmen angetrieben.
  そしてあなたの憐れみが注がれることを。
                   
                                       
4. Aria T 
4.アリア(テノール)

Woferne du den edlen Frieden
  あなたが高貴な平和を
Vor unsern Leib und Stand beschieden,
  私たちの身体と身分とに授けてくださったように
So lass der Seele doch dein selig machend Wort. 
  どうぞ魂にもあなたの救いの言葉を授けてください。
Wenn uns dies Heil begegnet, 
  この救いが私たちと共にあれば、
So sind wir hier gesegnet
  私たちは地上で祝福された者であるように、
Und Auserwahlte dort! 
  天にあっても選ばれた者であるでしょう。
                                       
5. Recitativo B e Coro
5.レチタティフ(バス)と合唱

Doch weil der Feind bei Tag und Nacht
  それでも敵は昼も夜も
Zu unserm Schaden wacht
  私たちに害をあたえようて見張っており、
Und unsre Ruhe will verstoren,
  私たちの安らぎを乱そうとしています。
So wollest du, o Herre Gott, erhoren,
  ですから、おお、主なる神よ、お聞き下さい、
Wenn wir in heiliger Gemeine beten: 
  私たちが聖なる集いで、こう祈る時、
"Den Satan unter unsre Fuse treten".
  「サタンを私たちの足の下にふみにじらせてださい」と。
So bleiben wir zu deinem Ruhm 
  そうすれば私たちはあなたの誉れのために、
Dein auserwahltes Eigentum
  選ばれたあなたの所有物であり続けるでしょう、
Und konnen auch nach Kreuz und Leiden
  そして苦難と悩みの後に、
Zur Herrlichkeit von hinnen scheiden.
  栄光へと、この世から去って行くでしょ
                                        
6. Choral
6..コラール

Dein ist allein die Ehre,
  「栄光はただあなたのもの、
Dein ist allein der Ruhm;
  誉れはただあなたのもの。
Geduld im Kreuz uns lehre,
  苦難の中の忍耐を私たちに教えてください、
Regier all unser Tun,
  私たちのすべての行いを支配してください、
Bis wir frohlich abscheiden
  私たちが喜んでこの世を去って
Ins ewig Himmelreich,
  永遠の天国に入り、
Zu wahrem Fried und Freude,
  まことの平和と喜びの中で、
Den Heilgen Gottes gleich.
  神の聖者たちとひとしくなる日まで。
Indes machs mit uns allen
  その日まで私たちを
Nach deinem Wohlgefallen:
  あなたの善意によって導いてください。
Solchs singet heut ohn Scherzen
  あなたの善意を、今日、真剣に、
Die christglaubige Schar
  キリストを信じる群れは歌い、
Und wunscht mit Mund und Herzen
  そして口と心でもって願います、
Ein seligs neues Jahr.
  浄福の新年を」。
  (ヨハン・ヘールマン作のコラール第三節)



カンタータ第47番「だれでも高ぶる者は低くされ」

"Wer sich selbst erhoeet,der soll erniedriget werden"(BWV47)

  1.Chor                             1.合唱
  Wer sich selbst erhoehet,der soll erniedriget      「だれでも高ぶる者は低くされ、
  werden,und wer sich selbst erniedriget,der soll     へりくだる者は高められる」
  erhoehet werden.                         (ルカ14;11,18;14)
                                             
  2.Arie S.                            2.アリア(ソプラノ)
  Wer ein wahrer Christ will heissen,            真のキリスト者と名乗りたい者は、
  Muss der Demut sich befleissen;             謙遜を心がけなければならない。
  Demut stammt aus Jesu Reich.              謙遜はイエスのみ国から生まれ
  Hoffart ist dem Teufel gleich;               高慢は悪魔に等しい。
  Gott pflegt alle die zu hassen,               神は常に憎まれる、
  So den Stolz nicht fahrenlassen.             高慢を捨てない人々を。
                                             
  3.Rezitativ B.                      3.レチタティフ(バス)
  Der Mensch ist Kot,Stank,Asch und Erde;     人間というものは糞土、汚猥、土くれだ。
  Ist's moeglich,dass vom Uebermut,         それなのにどうして
  Als einer Teufelsbrut,                 悪魔の子である傲慢に
  Er noch bezaubert werde?              心を奪われたりするのか。
  Ach Jesus,Gottes Sohn,                ああ、イエスよ、神のみ子、
  Der Schoepfer aller Dinge,              万物の造り主よ、
  Ward unsretwegen niedrig und geringe,       あなたは私たちのために低く
  Er duldte Schmach und Hohn;          卑しい身となり、辱めと嘲りを受けられた。
  Und du,du armer Wurm,suchst dich zu      それなのにお前は、あわれな虫けらの
    bruesten?                        お前は、胸をはって見せるのか。
  Gehoert sich das vor eienen Christen?        それがキリスト者にふさわしいことか。
  Geh,schaeme dich ,du stolze Kreatrur,         去れ、恥じ入れ、高慢な被造者よ、
  Tu Buss und folge Christi Spur;            悔い改めてキリストの足跡に従え、
  Wirf dich vor Gott im Geiste glaeubig nieder!    神の前に心のうちに信じてひれ伏せ。
  Zu seiner Zeit erhoeht er dich              定めの時、神はお前を再び立ち
                 auch wieder.               上がらせて下さる。
                                             
  4.Arie B.                         4.アリア(バス)
  Jesu,beuge doch mein Herze              イエスよ、私の心を
  Unter deine starke Hand,               あなたの強いみ手の下にかがませて、
  Dass ich nicht mein Heil verscherze       私の救いを嘲けることのないようにさせて
  Wie der erste Hoellenbrand.            下さい。あの最初の地獄の火に焼かれた
  Lass mich deine Demut suchen           天使のように。あなたの謙遜を求め、
  Und den Hochmut ganz verfluchen;        高慢を呪わせて下さい。
  Gib mir einen niedern Sinn,             低い思いを与えて、
  Dass ich dir gefaellig bin!             あなたのみ心にかなう者とならせて下さい。
                                             
  5.Chor                        5.合唱
  Der zeitlichen Ehren will ich gern entbehrn,   過ぎゆく栄誉を私は捨てよう、
  Du wollst mir nur das Ewge gewaehrn,   あなたは永遠なものだけを私に備えて下さる。
  Das du erworben hast                それは、きびしく苦い死によって
  Durch deinen herben,bittern Tod.        あなたが勝ち取られたもの、それこそ
  Das bitt ich dich,mein Herr und Gott.      私の願うものです、私の主、私の神よ。
                                (作者不詳のコラール[1560?]から)

      バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る


      カンタータ第49番 「私は憧れ探し求めます」(BWV49)

 "Ich geh und suche mit Verlangen" (BWV49)
                                       
1.Sinfonia シンフォニア
                                       
2.Arie B. アリア(バス)
Ich geh und suche mit Verlangen 
私は憧れ探し求めます、
Dich,meine Taube,schonste Braut.
あなたを、私の鳩、最も美しい花嫁よ。教えて下さい、
Sag an,wo bist du hingegangen, 
あなたはどこに行ってしまったのか。
Dass dich mein Auge nicht mehr schaut?
私の目にはもうあなたが見えないのです。
                                                  
3.Rezitativ und Arioso S.B. レチタティフとアリオーゾ(ソプラノ、バス)
(Jesus) (イエス)
Mein Mahl ist zubereit' 
食卓の用意はできている、
Und meine Hochzeittafel fertig, 
婚宴の支度もできている、
Nur meine Braut ist noch nicht gegenwartig.  
それなのに花嫁がまだなのです。
(Seele) (魂)
Mein Jesus redt von mir; 
私のイエスが呼んでおられる、
O Stimme,welche mich erfreut! 
おお、何と喜ばしい声!
(Jesus) (イエス)
Ich geh und suche mit Verlangen 
私は憧れ探し求めます、
Dich,meine Taube,schonste Braut. 
あなたを、私の鳩、最も美しい花嫁よ。
(Seele) (魂)
Mein Brautigam,ich falle dir zu Fussen. 
私の花婿よ、あなたの足もとにひざまづいています。
(Jesus,Seele) (イエス、魂)
Komm,Schonste(Schonster),komm und lass dich kussen, 
おいで、最も美しい人よ(最も美しいお方よ)、
来て、口づけして下さい。
Du sollst mein(Lass mich dein)festes Mahl geniessen. 
私の祝宴を味わわせてあげよう(私に味わわせて下さい)
Komm,liebe Braut,und(Mein Brautigam! ich ) eile nun, 
おいで、愛する花嫁(私の花婿よ)、急いで、
die Hochzetkleider anzutun. 
婚宴の衣装を身につけよう。(婚宴の衣装を身につけます)
                                       
4.Arie S. アリア(ソプラノ)
Ich bin herrlich,ich bin schon, 
私は輝くばかりに美しく、
Meinen Heiland zu entzunden. 
私の救い主の心を燃えさせる。
Seines Heils Gerechtigkeit 
主の救いの義こそ
Ist mein Schmuck und Ehrenkleid; 
私の飾り、栄誉の衣。
Und damit will ich bestehn, 
私が天の昇る時、
Wenn ich werd im Himmel gehn. 
主の義を身にまとうだろう。
                                       
5.Rezitativ S.B. レチタティフ(ソプラノ、バス)
(Seele) (魂)
Mein Glaube hat mich selbst so angezogen. 
私の信仰が私自身に義の衣をまとわせました。
(Jesus)(イエス)
So bleibt mein Herze dir gewogen, 
それなら私の心はあなたを忘れず、
So will ich mich mit dir
あなたと共にいて、
In Ewigkeit vertrauen und verloben. 
永遠にあなたを信じ、あなたと婚約します。
(Seele)(魂)
Wie wohl ist mir! 
私は何と幸いなことでしょう、
Der Himmel ist mir zufgehoben: 
天は私に開かれ、
Die Majestat ruft selbst und sendet ihre Knechte, 
尊いお方が自分からそのしもべを遣わされて招かれました。
Dass das gefallene Geschlechte 
それは堕落した人類を
Im Himmelssaal 
天の広間で
Bei dem Erlosungsmahl 
救いの食卓に
Zu Gaste moge sein, 
客とならせて下さるためです。
Hier komm ich,Jesu,lass mich ein! 
ここにいます、イエスよ、入れて下さい。
(Jesus) (イエス)
Sei bis in Tod getreu, 
死にいたるまで忠実でありなさい。
So leg ich dir die Lebenskrone bei.
そうすればあなたに命の冠をさずけよう。
                                       
6.Arie B. und Choral S. アリア(バス)とコラール(ソプラノ)
Dich hab ich je und je geliebt. 
あなたを私は常に愛しています。
Wie bin ich doch so herzlich froh,
「私の心は何と喜びにあふれていることか、
Dass mein Schatz ist das A und O.
私の宝こそアルパにしてオメガ
Der Anfang und das Ende.
始めにして終わり」
Und darum zieh ich dich zu mir.
だからあなたを私のもとに引き寄せます。
Er wird mich doch zu seinem Preis
「主は私を天国に受け入れて
Aufnehmen in das Paradies
み名を讃美させて下さいます。
Des Klopf ich das die Hande.
だから手を打って主を讃美します」
Ich komme bald, 
私はすぐに来る
Amen! Amen!
「アーメン、アーメン」
Ich stehe vor der Tur, 
私は戸の外に立っている、
Komm,du schone Freudenkrone,bleib nicht lange!
「おいで下さい、美しい喜びの冠よ、ためらわないで下さい」
Mach auf,mein Aufenthalt! 
戸を開け、私の宿りよ。
Deiner wart ich mit Verlangen.
「あなたを憧れをもって待ち望みます」
Dich hab ich je und je geliebet, 
あなたを私は常に愛しています、
Und darum zieh ich dich zu mir.
だからあなたを私のもとに引き寄せます。

Ph.Nikolai""Wie schoen leuchte der Morgenstern"(1599) 
Ph.ニコライのコラール「いかに美しきかな暁の星よ」(1599)の第七節
                                       
バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る




カンタータ第51番"Jauchzet Gott in allen Landen!"

「全地よ、神に向かって歓呼せよ」(BWV51)

1.Aria                  1.アリア
 Jauchzet Gott in allen Landen!     全地よ神に向かって歓呼せよ
 was der Himmel und die Welt       天と地の中にある
 an Geschopfen in sich halt,       被造物はすべて
 musse dessen Ruhm erhohen,       神の誉れを讃えよ。
 und wir wollen unserm Gott       私たちも同じように
 gleichfalls jetzt ein Opfer bringen,   神に供え物を捧げよう
 dass er uns in Kreuz und Not      神は十字架と苦難の中で
 allezeit hat beigestanden.        常に私たちのそばにいて下さるのです。
 Jauchzet Gott in allen Landen!     全地ら神に向かって歓呼せよ。

2.Recitativo               2.レチタティヴォ
 Wir beten zu dem Tempel an,       私たちは神殿に向かって祈ります
 da Gottes Ehre wohnet,         神の栄光がそこに宿っています
 da dessen Treu,so taglich neu,     神の真実は日毎に新しく
 mit lauter Segen lohnet.        常に祝福を報いて下さいます。
 Wir preisen,was er an uns hat getan.  神がして下さったことを賛美します。
 Muss gleich der schwache Mund      つたない口であっても神の不思議な
 von seinen Wundern lallen,       みわざを語らずにいられません、
 so kann ein schlechtes Lob       たとえつたない賛美であっても
 ihm dennoch wohlgefallen.        喜んで下さるのです。

3.Aria                  3.アリア
 Hochster mache deine Gute        至高者よ、あなたの恵みを
 ferner alle Morgen neuj!        朝ごとに常に新しくして下さい。
 So soll vor die Vatertreu        そうすれば父の真実の前に立って
 auch ein dankbares Gemute        私たちの感謝の思いは
 durch ein frommes Leben weisen,     敬虔な生活をすごすことによって
 das wir deine Kinder heissen.      私たちがあなたの子であることを示します 
  Hochster mache deine Gute      至高者よ、あなたの恵みを
 ferner alle Morgen neu!         朝ごとに新しくして下さい。

4.Choral                 4.コラール
 Sei Lob und Preis mit Ehren       賛美と誉れと栄光が
 Gott Vater,Sohn,hieligem Geist!     父なる神とみ子と聖霊にありますように。 
  Der woll'in uns vermehren,        どうぞ増し加えて下さい
 was er uns aus Gnaden verheisst,    恵みによって約束されたことを。
 dass wir ihm fest vertrauen,      そして私たちが神にかたく信頼して
 ganzlich verlass'n auf ihn,       すべてをゆだね
 dass uns'r Herz,Mut und Sinn      心と意志と思いのすべてを
 ihm festiglich anhangen;         みなあなたにおまかせできますように。
 drauf singen wir zur Stund:       こうして今こそ私たちは歌います、
 Amen!wir werd'ns erlangen,       アーメン、約束は成就します
 glaub'n wir ans Herzens Grund.     心の底から信じています。
 Alleluja!                ハレルヤ!
(Johann Gramann"Nun lob,mein Seel,den Herren"第4節)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第56番 "Ich will den Kreuzstab gerne tragen"(BWV56)

  「私は喜んで十字架を負います」(BWV56)

  1.Arie                        1.アリア
  Ich will den Kreuzstab gerne tragen,       私は喜んで十字架を負います。
  Er kommt von Gottes lieber Hand,        それは神の愛のみ手によって与えられて
  Der fuehret mich nach meinem Plagen     苦しみを経て私を
  Zu Gott,in das gelobte Land.           神のもとへ、約束の地へと導くのです。
  Da leg ich den Kummer auf einmal ins Grab, その時、私はすべての苦悩を瞬時に
  墓の中へ置き去りにし、
  Da wischt mir die Traenen             私の救い主がご自分で
  mein Heiland selbst ab.              私の涙をぬぐって下さるのです。
                                             
  2.Rezitativ                      2.レチタティフ
  Mein Wandel auf der Welt             この世での私の歩みは
  Ist einer Schiffahrt gleich:             船旅に似ています。
  Betruebnis,Kreuz und Not             悲しみと十字架と苦難が
  Sind Wellen,welche mich bedecken        大波のように私を覆いつくし、
  Und auf den Tod                   死の恐怖で
  Mich taeglich schrecken;              日毎に私を脅かすのです。
  Mein Anker aber,der mich haelt,          しかし私をつなぎとめる錨があります、
  Ist die Barmherzigkeit,                それは神の慈愛です。神はその慈愛で
  Womit mein Gott mich oft erfreut.        私をしばしば喜ばせて下さいます。
  Der rufet so zu mir:                 神は私に呼びかけて下さいます
  Ich bin bei dir,                    「私はおまえと共にいる、
  Ich will dich nicht verlassen             おまえを離れることもなく
  noch versaeumen!                 見捨てることもない」と。
  Und wenn das wutenvolle Schaumen       そして荒れ狂う波が
  Sein Ende hat,                    おさまった時には、
  So tret ich aus dem Schiff in meine Stadt,   私は船を降りて私の町に入ります、
  Die ist das Himmelreich,               そこは天の国で
  Wohin ich mit den Frommen            私は敬虔な人々と共に
  Aus vielem Truebsal werde kommen.       多くの苦しみを経てそこに至るのです。
                                             
  3.Arie                        3.アリア
  Endlich,endlich wird mein Joch          ついに、ついに私のくびきから
  Wieder von mir weichen muessen.        私は再び解放されるに違いない。
  Da krieg ich in dem Herren Kraft,        その時、私は主にあって力を得て
  Da hab ich Adlers Eigenschaft,           鷲のような力を得て、
  Da fahr ich auf von dieser Erden         地上から飛び上がり、
  Und laufe sonder matt zu werden.        走っても疲れることはないだろう。
  O gescheh es heute noch!             ああ、今日にでも、そうなれたら!
                                             
  4.Rezitativ und Arioso                4.レチタティフ
  Ich stehe fertig und bereit,             私は用意を整えて待っています、
  Das Erbe meiner Seligkeit              浄福の嗣業を
  Mit Sehnen und Verlangen             憧れと願いをこめて
  Von Jesus Haenden zu empfangen.        イエスのみ手から受け取ることを。
  Wie wohl wird mir geschehn,             とんなに幸せだろう、
  Wenn ich den Port der Ruhe werde sehn.    安息の港をこの目で見る日は。
  Da leg ich den Kummer auf einmal ins Grab,  その時、私はすべての苦悩を瞬時に
                                     墓の中へ置き去りにし、
  Da wischt mir die Traenen             私の救い主がご自分で
  mein Heiland selbst ab.              私の涙をぬぐって下さるのです。
                                             
  5.Chor                        5.合唱
  Komm,o Tod,du Schlafes Bruder,         来たれ、おお死よ、眠りの兄弟よ、
  Komm und fuehre mich nur fort;         来て、私を連れ去れ、
  Loese meines Schiffleins Ruder,          私の小舟の櫂をはずして
  Bringe mich an sichern Port!            安らかな港へと私を導け。
  Es mag,wer da will,dich scheuen,          お前を恐れる人もいるだろう、
  Du kannst mich vielmehr erfreuen;        私には、むしろお前は喜びだ。
  Denn durch dich komm ich herein         お前を通って私は入れるのだから、
  Zu dem schoensten Jesulein.            あの美しいイエスのみもとに。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第57番"Selig ist der Mann"(BWV57)

  「その人は幸いです」(BWV57)

  1.Arie B                       1.アリア(バス)
  Selig ist der Mann,der die Anfechtung     「その人は幸いだ、試練を耐え忍ぶ人は。
  erduldet;denn,nachdem er bewaehret ist ,   耐え抜いた時には、命の冠を
  wird er die Krone des Lebens empfahen.    受けるからだ」(ヤコブ1;12)
                                                        
  2.Rezitativ S.                   2.レチタティフ(ソプラノ)
  Ach! diese suesse Trost             ああ、この甘い慰めは
  Erquickt auch mir mein Herz,          私の心をも力づけてくれます。
  Das sonst in Ach und Schmerz         さもなければ私の心は悲嘆と苦痛の中で
  Sein ewigs Leiden findet             永遠の苦難に沈み
  Und sich als wie ein Wurm in seinem Blute  うじ虫のように血の中を
     windet.                       はいまわるだけなのです。
  Ich muss als wie ein Schaf            私は無数の恐ろしい狼にかこまれた
  Bei tausend rauhen Woelfen leben;       羊のように生きるほかありません。
  Ich bin ein recht verlassnes Lamm,       まさに見捨てられた子羊のように
  Und muss mich ihrer Wut             狼たちの憤怒と
  Und Grausamkeit ergeben.           無惨さに取り囲まれているほかないのです。
  Was Abeln dort betraf,             昔アベルの身にふりかかった苦難が
  Erpresset mir auch diese Traenenflut.    私にも襲いかかって涙の河をあふれ
  させます。
  Ach! Jesu,wuesst ich hier            ああ、イエスよ、もし私が
  Nicht Trost von dir,                あなたの慰めを、今、知らなかったなら、
  So muesste Mut und Herze brechen,      勇気も心も砕けてしまって、
  Und voller Trauren sprechen:          悲しみのあまり次のように歌うことでしょう。
                                             
  3.Arie S.                      3.アリア(ソプラノ)
  Ich wuenschte mir den Tod,den Tod,      私は死を、死を望みます、もしあなたが、
  Wenn du,mein Jesu,mich nicht liebtest,  私のイエスよ、私を愛して下さるのでなければ。
  Ja wenn du mich annoch betruebtest,    そうです、もしあなたが私をさらに悲しませる
  So haett ich mehr als Hoellennot.       のなら、それは地獄にまさる苦しみです。
                                             
  4.Rezitativ(Dialog) B.S.             4.レチタティフ(バス、ソプラノ二重唱)
  (Bass)                       (バス=イエス)
  Ich reiche dir die Hand             私はあなたに手をさしのべ
  Und auch damit das Herze.           さらに心も与えよう。
  (Sopran)                      (ソプラノ=魂)
  Ach! suesses Liebespfand,            ああ、甘美な愛の保証よ、
  Du kannst die Feinde stuerzen         あなたは敵を倒し
  Und ihren Grimm verkuerzen.          敵の怒りを取り除いて下さいます。
                                             
  5.Arie B.                     5.アリア(バス)
  Ja,ja,ich kann die Feinde schlagen,      そうだ、私は敵をうち破り、
  Die dich nur stets bei mir verklagen,     いつもお前を私に告発する敵をうち破る。
  Drum fasse dich,bedraengter Geist.     だからしっかりせよ、打ちひしがれた魂よ。
  Bedraengter Geist,hoer auf zu weinen,   打ちひしがれた魂よ、泣くのをやめよ、
  Die Sonne wird noch helle scheinen,     太陽はやがて明るく輝く、
  Die dir itzt Kummerwolken weist.      今はお前には悲しみの雲に隠されているが。
                                             
  6.Rezitativ(Dialog) B.S.            6.レチタティフ(バス、ソプラノ二重唱)
  (Bass)                      (バス=イエス)
  In meiner Schoss liegt Ruh und Leben,    私のふところには安息と命がある、
  Dies will ich dir einst ewig geben.       やがてこれは永遠にお前のものだ。
  (Sopran)                     (ソプラノ=魂)
  Ach! Jesu,waer ich schon bei dir,       ああ、イエスよ、今すぐにでもおそばに
  Ach striche mir                  いられたら!ああ、天の風が
  Der Wind schon ueber Gruft und Grab,   墓穴と墓石の上を、今、吹き渡るなら、
  So koennt ich alle Not besiegen.       どんな苦難にも私は打ち勝つでしょうに。
  Wohl denen,die im Sarge liegen        幸いな人です、棺の中で
  Und auf den Schall der Engel hoffen!    天使の軍勢を待ち望む人たちは。
  Ach! Jesu,mache mir doch nur,        ああ、イエスよ、どうか私にも
  Wie Stephano,den Himmel offen!      ステファノのように天を開いて下さい。
  Mein Herz ist schon bereit,          私の心は、すでに、あなたのもとに昇りゆく
  Zu dir hinaufzusteigen.            準備ができています。
  Komm,komm,vergnuegte Zeit!        来たれ、来たれ、満ち足りた時よ、
  Du magst mir Gruft und Grab        お前は私に墓穴と墓石を示し、
  Und meinen Jesum zeigen.          そこで私のイエスと会わせてくれるでしょう。
                                             
  7.Arie S.                     7.アリア(ソプラノ)
  Ich ende behende mein irdisches Leben,    この世の命をすみやかに終わって、喜びの
  Mit Freuden zu scheiden verlang ich itzt eben. うちに去ることを私は願っています。
  Mein Heiland,ich sterbe mit hoechster Begier,  私の救い主よ、熱い憧れと共に
  Hier hast du die Seele,             私は死にます。私の魂をお受け取り下さい。
          was schenkest du mir?        あなたは何を下さいますか?
                                             
  8.Chor                        8.合唱
  Richte dich,Liebste,nach meinem Gefallen   私の愛する者よ、お前の顔を、私の
    und glaeube,                    喜ぶ方に向けなさい、そして信じなさい、
  Dass ich dein Seelenfreund immer und ewig  私が常に変わることなく
    verbleibe,                       お前の魂の友であり、
  Der dich ergoetzt                  お前を喜ばせ
  Und in den Himmel versetzt            苦難に責めさいなまれる肉体から
  Aus dem gemarterten Leibe.           お前を天に救い出すことを。
  (A.Fritschのコラール[1666]から)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第61番"Nun komm,der Heiden Heiland"(BWV61)

「いまこそ来ませ、異邦人の救い主」(BWV61)

                                         
1. OUVERTURE 1.序曲
Nun komm, der Heiden Heiland,
いまこそ来ませ、異邦人の救い主、
Der Jungfrauen Kind erkannt,
乙女のみ子と知られたお方、
Des sich wundert alle Welt,
世の人は、皆、驚嘆した、
Gott solch Geburt ihm bestellt.
神がこのような誕生を定められたことに。
   (M.ルター詞、1724)
                                         
2. REZITATIV 2.レチタティフ(テノール)
Der Heiland ist gekommen, 
救い主は来られた、
Hat unser armes Fleisch 
私たちの貧しい肉体と
Und Blut an sich genommen 
血を身につけることによって、
Und nimmet uns zu Blutsverwandten an. 
私たちを血縁者として受け入れて下さった。
O allerhochstes Gut, 
おお、至高の恵みよ、
Was hast du nicht an uns getan? 
私たちにして下さらないことがあっただろうか?
Was tust du nicht noch taglich an den Deinen? 
あなたに属する者たちのために、日々、して下さらないことがあるだろうか?
Du kommst und last dein Licht 
あなたは来られて、
Mit vollem Segen scheinen. 
祝福に満ちた光を照らしておられます。
                                     
3. ARIE  3.アリア(テノール)
Komm, Jesu, komm zu deiner Kirche, 
来ませ、イエスよ、あなたの教会のもとに、
Und gib ein selig neues Jahr! 
そして祝福された新年を与えて下さい。
Befordre deines Namens Ehre, 
あなたのみ名の栄誉を増し加え、
Erhalte die gesunde Lehre 
健全な教えを保ち、
Und segne Kanzel und Altar! 
説教壇と聖餐壇を祝福して下さい。
                                     
4. REZITATIV 4.レチタティフ(バス)
Siehe, siehe, 
「見よ、見よ、
Ich stehe vor der Tur
私は戸の外に立って
Und klopfe an. 
叩いている。
So jemand meine Stimme horen wird 
私の声を聞いて、
Und die Tur auftun, 
戸を開く者なら誰でも、
Zu dem werde ich eingehen 
私はその人の家に入って、
Und das Abendmahl mit ihm halten, 
晩餐を共にし、
Und er mit mir. 
その人も私と晩餐を共にする」
  (黙示録3;29)
                                     
                                     
5. ARIE 5.アリア(ソプラノ)
Offne dich, mein ganzes Herze, 
開きましょう、私の心のすべてを、
Jesus kommt und ziehet ein. 
イエスは来てお入りになられます。
Bin ich gleich nur Staub und Erde, 
私は塵や芥にすぎませんが、
Will er mich doch nicht verschmahn, 
イエスは私をさげすむことなく、
Seine Lust an mir zu sehn, 
私を喜びとして下さり、
Das ich seine Wohnung werde.
私はイエスの住まいとなるのです。
O wie selig werd' ich sein! 
おお、何という幸いでしょう。
                                     
6. CHORAL 6.コラール
Amen! Amen!
アーメン、アーメン。
Komm, du schone Freudenkrone,
来ませ、美しい喜びの冠よ、
Bleib nicht lange!
長く待たせないで下さい。
Deiner wart' ich mit Verlangen.
私はあなたを憧れ望んでいます。
  (Ph.ニコライ詞,1590)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る


カンタータ第63番"Christen,aetzet diesen Tag"(BWV63)

  「キリスト者たちよ、この日を刻め」 (BWV 63)
                                    
1. Chor 1.合唱
Christen, aetzet diesen Tag キリスト者たちよ、この日を刻め、
In Metall und Marmorsteine! 金属と大理石に。
  Kommt und eilt mit mir zur Krippen 私と共に急いで飼い葉桶に来て、
  Und erweist mit frohen Lippen 喜びに満ちた唇で言い表しなさい、
  Euren Dank und eure Pflicht; あなたたちの感謝と責務を。
  Denn der Strahl, so da einbricht, ここに射し込む光は、あなたたちの
  Zeigt sich euch zum Gnadenscheine. ための恵みの輝きとして現れたのだから。
                                    
2. Rezitativ A 2.レチタティフ(アルト)
O selger Tag! o ungemeines Heute, おお祝福された日、特別な日よ、
An dem das Heil der Welt, この日、世界の救いであり、
Der Schilo, den Gott schon im Paradies 神がパラダイスで
Dem menschlichen Geschlecht verhies, 人類に約束された
Nunmehro sich vollkommen dargestellt 英雄シロが、今こそ自分を現して、
Und suchet Israel von der Gefangenschaft イスラエルを
  und Sklavenketten サタンの捕虜と奴隷の鎖から
Des Satans zu erretten. 救おうとされているのです。
Du liebster Gott, was sind wir arme doch? 愛する神よ、哀れな私たちは、いったい何
Ein abgefallnes Volk, so dich verlassen; 者なのですか?あなたから離反し、あなた
Und dennoch willst du uns nicht hassen; を見捨てた民です。それなのに、あなたは
Denn eh wir sollen noch nach dem 私たちをお憎みになりません。
  Verdienst zu Boden liegen, 私たちは悪業の報いとして倒れ伏す定めで
Eh muss die Gottheit sich bequemen, あるのに、かえって神が人間の本性を引き
Die menschliche Natur an sich zu nehmen 受けることを承諾されて、
Und auf der Erden 地上で、羊飼いの小屋で
Im Hirtenstall zu einem Kinde werden. 一人の子どもとなられたのです。
O unbegreifliches, doch seliges Verfuegen! おお、人智を超えた、祝福された計らいよ。
                                    
3. Arie (Duett) S B 3. アリア(ソプラノ、バス)
Gott, du hast es wohl gefueget, 神よ、あなたは良く計らってくださいました。
Was uns itzo widerfaehrt. 今、私たちに起こっていることを。
  Drum lasst uns auf ihn stets trauen だから常に神に信頼し、
  Und auf seine Gnade bauen, その恵みの上に家を建てようではないか。
  Denn er hat uns dies beschert, 神は、私たちに贈って下さったのだから、
  Was uns ewig nun vergnueget. 私たちを永遠に喜ばせるものを。
                                    
4. Rezitativ T 4.レチタティフ(テノール)
So kehret sich nun heut こうして今日、
Das bange Leid, イスラエルを悩ませ、重荷となっていた
Mit welchem Israel geaengstet und beladen, 不安な苦悩は
In lauter Heil und Gnaden. 完全な救いと恵みに変わるのです。
Der Loew aus Davids Stamme ist ダビデの一族から出たライオンが
  erschienen,   出現しました。
Sein Bogen ist gespannt, das Schwert その弓は引き絞られ、剣はすでに研ぎ
  ist schon gewetzt, みがかれています。それによって彼は原初の
Womit er uns in vor'ge Freiheit setzt. 自由へと私たちを導くのです。
                                    
5. Arie (Duett) A T 5.アリア(アルト、テノール)
Ruft und fleht den Himmel an, 天に呼びかけ、切に祈りなさい、
Kommt, ihr Christen, kommt zum Reihen, 来なさい、キリスト者たちよ、列に加わりなさい。
Ihr sollt euch ob dem erfreuen,    喜びなさい、神が、今日、
Was Gott hat anheut getan!    なさって下さったことを。
  Da uns seine Huld verpfleget    なぜなら、神の恩恵が私たちに供与され、
  Und mit so viel Heil beleget,     感謝しきれないほどの多くの救いで
  Das man nicht g'nug danken kann.    私たちを満たして下さったのだから。
                                    
6. Rezitativ B       6.レチタティフ(バス)
Verdoppelt euch demnach, ihr heissen だから倍加させなさい、
Andachtsflammen, 熱い祈りの炎を!
Und schlagt in Demut bruenstiglich そしてへりくだって、祈りと祈りを
  zusammen! 燃えるように一つに合わせなさい。
Steigt froehlich himmel an 喜びに満ちて天に昇り、
Und danket Gott vor dies, was er getan! 神に感謝しなさい、そのなさったことに。
                                    
7. Chor 7.合唱
Hoechster, schau in Gnaden an 至高者よ、恵みのうちにご覧下さい、
Diese Glut gebueckter Seelen! 身をかがめた魂のこの熱い思いを。
  Lass den Dank, den wir dir bringen, 私たちがあなたに捧げる感謝が
  Angenehme vor dir klingen, み前に心地よく響きますように。
  Lass uns stets in Segen gehn, 私たちを絶えず祝福の中で歩ませ、
  Aber niemals nicht geschehn, サタンが私たちを苦しめるよなことが
  Das uns der Satan moege quaelen. 決して起きないようにして下さい。
   

                    バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



Kantate Nr.70  "Wachet! betet! betet! wachet!"

「目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ」(BWV70)


1.Chor 合唱

Wachet!betet!betet!wachet!
目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ。
Seid bereit
備えせよ、
Allezeit,
常に、
Bis der Herr der Herrlichkeit
栄光の主が
Dieser Welt ein Ende machet.
この世に終わりをもたらす日まで。

2.Rezitativ B. レチタティフ(バス)

Erschrecket,ihr verstockten Suender!
おののくがよい、かたくなな罪人たちよ、
Ein Tag bricht an,
その日が始まろうとしている、
Vor dem sich niemand bergen kann:
一人として逃げることのできない日が。
Er eilt mit dir zum strengen Rechte,
その日はすぐに来て、お前にきびしい
O!suendliches Geschlechte,
裁きをもたらす、おお、罪の種族よ、
Zum ewgen Herzeleide.
永遠の心の痛みに定められた者よ。
Doch euch,erwaehlte Gotteskinder,
しかし、選ばれた神の子らにとっては、
Ist er ein Anfang wahrer Freude.
その日はまことの喜びの始まりの日。
Der Heiland holet euch,
救い主の尊いみ顔の前で、
wenn alles faellt und bricht,
すべてのものが砕け散る時、
Vor sein erhoehtes Angesicht;
救い主はお前たちを受け入れて下さる。
Drum zaget nicht!
だから嘆くことはない。

3.Arie A. アリア(アルト)

Wenn kommt der Tag,an dem wir ziehen
いつ、その日は来るのだろうか、
Aus dem Aegypten dieser Welt?
私たちがこの世のエジプトから逃れる日は。
Ach!lasst uns bald aus Sodom fliehen,
さあ、すみやかにソドムから逃げよう、
Eh uns das Feuer ueberfaellt!
火が私たちの上に降る前に。
Wacht,Seelen,auf von Sicherheit
魂よ、安眠から覚めよ、
Und glaubt,es ist die letzte Zeit!
信じなさい、今は終わりの時です。

4.Rezitativ T. レチタティフ(テノール)

Auch bei dem himmlischen Verlangen
天への憧れの中でも
Haelt unser Leib den Geist gefangen;
私たちの肉体は霊を捕らえてはなさない。
Es legt die Welt durch ihre Tuecke
世はその奸計によって
Den Frommen Netz und Stricke.
敬虔な者たちに網とわなをしかけている。
Der Geist ist willig,
心は願っていても、
doch das Fleisch ist schwach;
肉体が弱いのです。
Dies presst uns aus ein jammervolles Ach!
だから私たちは「ああ」と嘆くほかないのです。

5.Arie S. アリア(ソプラノ)

Lasst der Spotter Zungen schmaehen,
嘲る者の舌を恥じ入らせよ、
Es wird doch und muss geschehen,
かならず事は成って、
Dass wir Jesum werden sehen
私たちは雲の上、いと高きところで
Auf den Wolken,in den Hoehen.
主イエスにお会いするのです。
Welt und Himmel mag vergehen,
天と地は過ぎ去っても、
Christi Wort muss fest bestehen.
キリストの言葉はかたくとどまります。
Lasst der Spotter Zungen schmaehen;
嘲る者の舌を恥じ入らせよ、
Es wird doch und muss geschehen!
事はかならず成るのです。

6.Rezitativ T. レチタティフ(テノール)

Jedoch bei dem unartigen Geschlechte
この不従順な者たちの中にいても、
Denkt Gott an seine Knechte,
神はそのしもべたちを心にとめて、
Dass diese boese Art
この悪の種族が
Sie ferner nicht verletzet,
私たちをこれ以上そこなうことのないように、
Indem er sie in seiner Hand bewahrt
そのみ手のうちに私たちを守り、
Und in ein himmlisch Eden setzet.
天のエデンに移して下さるのです。

7.Chor 合唱

Freu dich sehr,o meine Seele,
いざ喜べ、私の魂よ、
Und vergiss all Not und Qual,
苦しみも悩みもみな忘れよ、
Weil dich nun Christus,dein Herre,
お前の主であるキリストが、お前を
Ruft aus diesem Jammertal!
この涙の谷から呼び出して下さるのです。
Seine Freud und Herrlichkeit
主の喜びと栄光を
Sollt du sehn in Ewigkeit,
お前は永遠に見て、
Mit den Engeln jubilieren,
かならず、天使たちと共に歓呼し、
In Ewigkeit triumphieren.
永遠に勝利を歌うでしょう。
  (Christoph Demantius,1620)

8.Arie T. アリア(テノール)

Hebt euer Haupt empor
お前たちの頭を高く上げよ、
Und seid getrost,ihr Frommen,
慰めを受けよ、敬虔な者たちよ、
Zu eurer Seelen Flor
お前たちの魂が花で飾られるのだから。
Ihr sollt in Erden gruenen,
お前たちの魂はエデンの園で緑の葉を茂らせ、
Gott ewiglich zu dienen.
永遠に神にお仕えするでしょう。

9.Rezitativ(mit instr.Choral) B. レチタティフ(器楽のコラール)(バス)

Ach,soll nicht dieser grosse Tag,
ああ、この大いなる日、
Der Welt Verfall
世界の滅び、
Und der Posaunen Schall,
ラッパの響き、
Der unerhoerte letzte Schlag,
耳にしたこともない最後の雷鳴、
Des Richters ausgesprochene Worte, 
審判者の告げる言葉、
Des Hoellenrachens oeffne Pforte
開け放された地獄の復讐の門、
In meinem Sinn
これらのものは、私の心に、
Viel Zweifel,Furcht und Schrecken,
疑いと不安と恐れを呼び起こし、
Der ich ein Kind der Suenden bin,
私が罪の子であることを
Erwecken?
思い起こさせるのです。
Jedoch,es gehet meiner Seelen 
しかし、私の魂には、ひと筋の喜びの輝き、
Ein Freudenschein,ein Licht des Trostes auf.
慰めの光が差し昇ります。
Der Heiland kann sein Herze nicht verhehlen,
救い主はその心を包み隠さず、
So vor Erbarmen bricht,
憐れみのために心が引き裂かれ、
Sein Gnadenarm verlasst mich nicht.
その恵みのみ腕は私を見捨てることはないのです。 
Wohlan,so ende ich mit Freuden meinen Lauf. 
さあ、私は喜んで私の人生を終えることにします。

10.Arie B. アリア(バス)

Seligster Erquickungstag,
至福なる浄化の日よ、
Fuehre mich zu deinen Zimmern!
私を導け、あなたの部屋に。
Schalle,knalle,letzter Schlag,
鳴れ、とどろけ、終わりの雷鳴よ、
Welt und Himmel,geht zu Trummern!
地よ、天よ、砕け去れ。
Jesus fuehret mich zur Stille,
イエスは私を平安へと導き、
An den Ort,da Lust die Fuelle.
喜びの満ちる、その場所へと導いて下さる。

11.Chor コラール

Nicht nach Welt,nach Himmel nicht
世でもなく、天でもなく、
Meine Seele wuenscht und sehnet,
私の魂の望み憧れるのは、
Jesum wuensch ich und sein Licht,
ただイエスとその光だけ、
Der mich hat mit Gott versoehnet,
主は私を神と和解させ、
Der mich freiet vom Gericht,
裁きから解放して下さる。
Meinen Jesum lass ich nicht.
私は主イエスを離れることはない。
  (Ch.Keymann,1658))

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第71番"Gott ist mein Koenig"

「神は私の王」(BWV71)

1.Chor      1.合唱

"Gott ist mein Koenig von altersher,der 「神はいにしえより私の王、地上に実現するすべての 
alle Hilfe tut,so auf Erden geschicht".   助けをなしとげて下さいます」。(詩74;12)

2.Arie(T) und Choral(S)    2.アリア(テノール)とコラール(ソプラノ)

Ich bin nun achtzig Jahr,warum soll    私は今や八十歳、この上なぜ、あなたのしもべに重
dein Knecht sich mehr beschweren?   荷をおわせようと なさるのですか。
  Soll ich auf dieser Welt           この世で私が
  Mein Leben hoeher bringen,         年齢をかさねて
  Durch manchen sauren Tritt        多くの苦しい歩みを経て
  Hindurch ins Alter dringen,          高齢に至ることをお望みなら、
Ich will "umkehren,dass ich sterbe     私は「自分の町に帰って死にたいのです、
in meiner Stadt,"  
  So gib Geduld,fuer Suend          どうぞ忍耐をお与え下さい、
  Und Schanden mich bewahr,         罪と恥から私をお守り下さい、
  Auf dass ich tragen mag           そうすれば私は栄誉のうちに
"bei meines Vaters und meiner Mutter
Grab".                      私の父母の墓のそばで」。(サムエル下19;38)
  Mit Ehren graues Haar.           白髪を頭にいただくことができるでしょう。
      (ヨハン・ヘールマン作のコラール,1644)

3.Chor      3.合唱
"Dein Alter sei wie deine Jugend, und   「あなたの老年が青春のようになりますように。神は
Gott ist mit dirin allem,das du tust".    あなたのすべて の行いに共にいて下さいます」
                                    (申命33;25b;創21;22b) 

4.Arioso(B)      4.アリオーゾ(バス)
"Tag und Nacht ist dein.du machest,    「昼も夜もあなたのもの。
dass beide,Sonn und Gestirn,        あなたは太陽と星にその進路を定められま した。
ihren gewissen Lauf haben.Du setzest   あなたはそれぞれの地にその境を置かれました」。
einem jeglichen Lande seine Grenze".                         (詩74;16)
                                             
5.Arie(A)       5.アリア(アルト)
Durch maechtige Kraft             強いみ力によって
Erhaeltst du unsre Grenzen,          あなたは私たちの境を守って下さいます。
Hier muss der Friede glaenzen,         ここには平和が輝くに違いないのです、
Wenn Mord und Kriegessturm         たとえ殺害と戦火の嵐が
Sich allerort erhebt.               いたるところに起こっても。
Wenn Kron und Zepter bebt,          王冠と王笏がゆらいでも、
Hast du das Heil geschafft           あなたは救いを打ち立てておられます、
durch maechtige Krat!              強いみ力によって。
                                  
6.Chor      6.合唱
"Du wollest dem Feinde nicht geben     「あなたの鳩の魂を敵に渡さないで下さい」。
die Seele deiner Turteltauben". (詩74;19a)
    
7.Chor       7.合唱
Das neue Regiment              新しい政府を
Auf jeglichen Wegen             そのすべての道で
Bekroene mit Segen!             祝福をもって飾って下さい。
Friede,Ruh und Wohlergehen        平和と安心と繁栄が
Muesse stets zur Seite stehen       必ずや常に共に
Dem neuen Regiment.            新しい政府にありますように。
Glueck,Heil und grosser Sieg        幸いと救いと大きな勝利が
Muss taeglich von neuen          日々に新しく、あなたを、
Dich,Joseph,erfreuen,             ヨーゼフ皇帝よ、喜ばせるに違いありません。
Dass an allen Ort und Landen       どうぞすべての土地と国に
Ganz bestaendig sei vorhanden      常に変わることなくありますように、
Glueck,Heil und grosser Sieg!        幸いと救いと大きな勝利が。

 バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第72番"Alles nur nach Gottes Willen"(BWV72)

「すべては神のみ心のままに」(BWV72)

1.Chor                         1.合唱
Alles nur nach Gottes Willen,             すべては神のみ心のままに、
So bei Lust als Traurigkeit,              楽しい時も悲しみの時も、
So bei gut als boeser Zeit.              良い時も悪い時も。
Gottes Wille soll mich stillen             神のみ心は私を平穏にして下さる、
Bei Gewoelk und Sonnenschein.           曇りの日にも晴れの日にも。
Alles nur nach Gottes Willen!            すべては神のみ心のままに。
Dies soll meine Losung sein.             これこそ私の合い言葉。
                                         
2.Rezitativ und Arioso(Alt)             2.レチタティフとアリオーゾ(アルト)
O selger Christ,                    おお、幸いなキリスト者よ、
  der allzeit seinen Willen               いかなる時にも自分の意志を神のみ心に
In Gottes Willen senkt,es gehe wie is gehe,     ゆだねる者よ、起こることはすべて
Bei Wohl und Wehe.                  み心のまま、幸いにも禍いにも。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  so muss sich alles fuegen!             すべては備えられるにちがいない。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  so kannst du mich vergnuegen!          私を満ち足らせて下さるでしょう。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  verschwindet meine Pein!             私の苦しみは消え去り、
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら
  werd ich gesund und rein!             わたしは健やかで清くなるでしょう。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  wird Traurigkeit zur Freude!            悲しみは喜びにかわり、
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  find ich auf Dornen Weide!             いばらも牧場となるでしょう。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  werd ich einst selig sein!              いつの日か私は天国に入るでしょう。
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  - lass mich dies Wort im Glauben fassen     〜この言葉を信仰のうちにとらえさせて、
  Und meine Seele stilen! -                   私の心を静めて下さい〜
Herr,so du willt,                    主よ、もしみ心なら、
  so sterb ich nicht,                  私は死なないでしょう、
Ob Leib und Leben mich verlassen,        たとえ肉体と命が私から離れても、
Wenn mir dein Geist dies Wort           もしあなたの霊がこの言葉を
  ins Herze spricht!                  私の心に語りかけて下さるなら。
                                         
3.Arie(Alt)                        3.アリア(アルト)
Mit allem,was ich hab und bin,             私自身と私の持つものすべてを
Will ich mich Jesu lassen,                イエスにおゆだねしよう、
Kann gleich mein schwacher Geist und Sinn     たとえ私の弱い心と思いが
Des Hoechsten Rat nicht fassen;          至高者のさとしを理解できない時でも。
Er fuehre mich nur imer hin             どうか主がいつも私を導いて下さるように、
Auf Dorn- und Rosenstrassen!           いばらの道もバラの花の道も。
                                         
4.Rezitativ(Bass)                    4.レチタティフ(バス)
So galube nun!                      さあ、信じなさい。お前の救い主は
Dein Heiland saget:Ich wills tun!            言われます「そうしてあげよう」と。
Er pflegt die Gnadenhand                主は恵みの手をいつも
Noch willigst auszustrecken,              喜んでさしのべておられます、
Wenn Kreuz und Leiden dich erschrecken,      苦しみと艱難がお前を脅かす時にも。
Er kennet deine Not                   主はお前の困苦をご存じで、
  und loest dein Kreuzesdband.             お前の苦難の縄目を解いて下さいます。
Er staerkt,was schwach,                 主は弱いものを強くして下さり、
Und will das niedre Dach                貧しい心の低い屋根を
Der armen Herzen nicht verschmaehen,       軽んじることなく、
Darunter gnaedig einzugehen.             恵みをもってその家に入って下さいます。
                                         
5.Arie(Sopran)                      5.アリア(ソプラノ)
Mein Jesus will es tun,                   私のイエスはそうして下さる、
  er will dein Kreuz versuessen.             お前の苦難を甘いものに、
Obgleich dein Herze liegt                 たとえお前の心が
  in viel Bekuemmernissen,                多くの憂いに沈んでいても
Soll es doch sanft und still                穏やかに平安に
  in seinen Armen ruhn,                  主のみ腕の中に休らわせて下さる、
Wenn ihn der Glaube fasst;                もし信仰が主を抱きしめてさえいれば。
  Mein Jesus will es tun!                  私のイエスはそうして下さる。
                                         
6.Chor                          6.合唱
Was mein Gott will,das g'sche allzeit,      神のみ心が常に実現しますように、
Sein Will,der ist der beste,             神のみ旨は最善で、
Zu helfen den'n er ist bereit,           いつでも助ける備えをしておられます、
Die an ihn glauben feste.              神を堅く信じる者たちを。
Er hilft aus Not,der fromme Gott,        正しい神は危難から救い、
Und zuechtiget mit Massen.            時にはこらしめも与えられます。
Wer Gott vertraut,fest auf ihn baut,      神に信頼し、神を土台として堅く立つ者を
Den will er nicht verlassen.             神は決して見捨てることはないのです。
                         (辺境伯Albrecht von Brandenburg作詞のコラール)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第82番 "Ich habe genug"(BWV82)

  「私は満ち足りています」(BWV82)

  1.Arie                        1.アリア
  Ich habe genug,                   私は満ち足りています、
  Ich habe den Heiland,                私は救い主を、
  das Hoffen der Frommen,            敬虔な者たちの希望を、
  Auf meine begierigen Arme genommen;     待ち望むこの腕に抱きしめたのです。
  Ich habe genug!                   私は満ち足りていすま。
  Ich hab ihn erblickt,                 私はあのお方を見たのです、
  Mein Glaube hat Jesum              私の信仰はイエスを
  ans Herze gedruckt;                この胸に抱きしめたのです。
  Nun wuensch ich noch heute mit Freuden   今や私の望みは、今日にでも
  Von hinnen zu scheiden.              喜びのうちにこの世を去ることです。
                                             
  2.Rezitativ                    2.レチタティフ
  Ich habe genug                  私は満ち足りています。
  Mein Trost ist nur allein,             私の慰めはただ一つ、
  dass Jesus mein                イエスが私のもの、そして
  und ich sein eigen moechte sein.       私はイエスのものになりたいのです。
  Im Glauben halt ich ihn,             信仰において私はイエスを抱き、
  da seh ich auch mit Simeon          シメオンと共に、すでに
  die Freude jenes Lebens schon.        あの世の命の喜びを見ています。
  Lasst uns mit diesem Manne ziehn!      さあ、このシメオンと共に歩みましょう。
  Ach!moechte mich von meines Leibes    ああ、この肉体の鎖から
  Ketten der Herr erretten;           主が私を救って下さいますように!
  ach!waere doch mein Abschied hier,     ああ、この世からの別れが来たら、
  mit Freuden sagt ich,Welt zu dir;       世よ、喜びをもってお前に言おう、
  ich habe genug.                 お前はもう沢山だと。
                                             
  3.Arie                      3.アリア
  Schlummert ein,ihr matten Augen,      まどろめ、疲れた目よ、
  Fallet sanft und selig zu!            おだやかに浄福のうちに閉じるがよい。
  Welt,ich bleibe nicht mehr hier,       世よ、私はもはやここにはとどまらない、
  Hab ich doch kein Teil an dir,        お前の中には私の取り分はない、
  Das der Seele koennte taugen.       魂の益になるような取り分は。
  Schlummert ein,ihr matten Augen,      まどろめ、疲れた目よ、
  Fallet sanft und selig zu!            おだやかに浄福のうちに閉じるがよい。
  Hier muss ich das Elend bauen,        この世で私の建てるものは惨めなもの
  Aber dort,dort werd ich schauen        ばかり、だが、あそこでは、あそこでは
  Suessen Friede,stille Ruh.            見るだろう、甘い平安と静かな憩いを。
  Schlummert ein,ihr matten augen,      まどろめ、疲れた目よ、
  Fallet sanft und selig zu!            おだやかに浄福のうちに閉じるがよい。
                                             
  4.Rezitativ                    4.レチタティフ
  Mein Gott! wenn kommt das schoene Nun!私の神よ、その美しい今はいつ来るのですか。
  Da ich im Friede fahren werde         私が平安の中で世を去り、
  und in dem Sande kuehler Erde        冷たい大地の砂の中に入り、
  und dort bei dir im Schosse ruhn?       そして彼の地であなたの懐に憩う日は。
  Der Abschied ist gemacht,           別れの用意はできています。
  Welt,gute Nacht!                 この世よ、おやすみ。
                                             
  5.Arie                      5.アリア
  Ich freue mich auf meinen Tod,        私は私の死を喜び迎えよう。
  Ach,haett er sich schon eingefunden.    ああ、今日にでもそうなれば!
  Da entkomm ich aller Not,          その日、すべての苦難から私は解放される、
  Die mich noch auf der Welt gebunden.   この世で私を縛っているすべての苦難から。
  Ach,haett er sich schon eingefunden.    ああ、今日にでもそうなれば!
  Da entkomm ich aller Not,          その日、すべての苦難から私は解放される、
  Die mich noch auf der Welt gebunden.   この世で私を縛っているすべての苦難から。
  (作詞者不詳)

        バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第84番"Ich bin vergnuegt mit meinem Gluecke"

「私は幸福に満ち足りている」(BWV84)

1.Aria 1.アリア
  Ich bin vergnuegt mit meinem Gluecke,             
私は幸福に満ち足りている
  Das mir der liebe Gott beschert.    
それは愛の神が与えてくださったもの。
    Soll ich nicht reiche Fuelle haben,              
豊かな富は持てないとしても
  So dank ich ihm vor kleine Gaben             
私はささやかな賜物を神に感謝する
  Und bin auch nicht derselben wert.             
それすら私にはすぎたものなのだから。

2.Recitativo 2.レチタティフ
  Gott ist mir ja nichts schuldig,                  
神は私に何の借りももっておられない
  Und wenn er mir was gibt,  
神が何かを与えて下さるとすれば
  So zeigt er mir,dass er mich liebt;                
それは神の愛のしるし。
  Ich kann mir nichts bei ihm verdienen,             
私は神に何の功績も示せない
  Denn was ich tut,ist meine Pflicht.               
私のすることは私の義務なのだから。
  Ja!wenn mein Tun gleich noch so gut geschienen,     
そうだ、私の行為が良く見えても
  So hab ich doch nichts Rechtes ausgericht'.          
正しいことをしたわけではない。
  Doch ist der Mensch so ungeduldig,               
それなのに人間は忍耐を知らず
  Dass er sich oft betruebt,                        
しばしば嘆くのだ、
  Wenn ihm der liebe Gott nicht ueberfluessig gibt.       
神が十分に与えて下さらない時には。
  Hat er uns nicht so lange Zeit                   
神はこんなに長い間私たちを
  Umsonst ernahret und gekleidt  
ただで養い着せて下さった、
  Und will uns einsten seliglich                   
そして終わりの日には祝福して
  In seine Herrlichkeit erhoehn?                    
栄光へと高くあげて下さるのだ。
  Es ist genug vor mich,                        
私にはこれで十分です。
  Dass ich nicht hungrig darf zu Bette gehn.          
空腹をかかえて床に入らなくてすむのですから。

3.Aria 3.アリア
  Ich esse mit Freuden mein weniges Brot           
私は喜んでわずかのパンを食べ、
  Und goenne dem Naechsten von Herzen das Seine,     
隣人の分け前を心から認めます。
  Ein ruhig Gewissen,ein froehlicher Geist,           
安らかな良心、明るい精神、
  Ein dankbares Herze,das lobet und preist,          
神をあがめ賛美する感謝の心は
  Vermehret den Segen,verzueckert die Not.          
祝福を増し、苦難をやわらげる。

4.Recitativo 4.レチタティフ
  Im Schweisse meines Angesichts                
ひたいに汗しながら
  Will ich indes mein Brot geniessen,              
私は自分のパンを食べよう。
  Und wenn mein Lebenslauf,                   
そうすれば私の生涯が終わり、
  Mein Lebensabend wird beschliessen,             
人生の夕暮れが来た時、
  So teilt mir Gott den Groschen aus,              
神は私に労賃を分け与えて下さり、
  Da steht der Himmel drauf.                    
天国がそこに開かれるだろう。
  O!wenn ich diese Gabe                       
ああ、この賜物が
  Zu meinem Gnadenlohne habe,                  
私の労賃なら、
  So brauch ich weiter nichts.                    
ほかに何も私はいりません。

5.Choral 5.コラール
    Ich leb indes in dir vergnueget
私はあなたにあって満ち足りて、
  Und sterb ohn alle Kuemmernis,
何の心配もなく死ぬのです。
  Mir genueget,wie es mein Gott fueget,
神のはからいに私は満足しています。
  Ich glaub und bin es ganz gewiss:
私は信じて迷いません、
  Durch deine Gnad und Christi Blut
あなたの恵みとキリストの血によって
  Machst du's mit meinem Ende gut.
私の最後をあなたは守って下さいます。
(Aemilie Juliane von Schwarzburg-Rudolstadt,1686)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第85番"Ich bin ein guter Hirt"(BWV85)

「わたしは善い羊飼いです」(BWV85)

1.Arie(Bass)                      1.アリア(バス)
"Ich bin ein guter Hirt,                「わたしは善い羊飼いです。
  ein guter Hiert laesst sein Leben         善い羊飼いは羊のために命を
  fuer die Schafe"                   捨てるのです」(ヨハネ10;11)
                                         
2.Arie(Alt)                       2.アリア(アルト)
Jesus ist ein guter Hirt;                イエスは善い羊飼いです。
Denn er hat bereits sein Leben           彼はその命を
Fuer die Schafe hingegeben,             羊たちのために捨てたのですから。
Die ihm niemand rauben wird.            羊たちを彼から奪う者はいません。
Jesus ist ein guter Hirt.                イエスは善い羊飼いです。
                                         
3.Choral(Sopran)                    3.コラール(ソプラノ)
Der Herr ist mein getreuer Hirt,           主は私の信実の羊飼い、
Dem ich mich ganz vertraue,             主に私はすべてをゆだねます。
Zur Weid er mich,sein Schaeflein,fuehrt       主は私を子羊のように
Auf schoener gruenen Aue,              緑の牧場に導いて下さり、
Zum frischen Wasser leit er mich,          流れる水のほとりにともなって下さいます、
Mein Seel zu laben kraeftiglich           私の魂を力強く生かすためためです、
Durchs selig Wort der Gnaden.           幸いな恵みのみ言葉によって。
         (C.Beckerの詩篇23編に基づくコラール)
                                         
4.Rezitativ(Tenor)                  4.レチタティフ(テノール)
Wenn die Mietlinge schlafen,             雇い人たちは眠っても
Da wachet dieser Hirt bei seinen Schafen,    この羊飼いは羊たちのそばで目覚めている、
So dass ein jedes in gewuenschter Ruh      羊たちがそれぞれ安心して
Die Trift und Weid kann geniessen,         命の川の流れる
In welcher Lebensstroeme fliessen.         牧場や野原ですごせるようにと。
Denn sucht der Hoellenwolf gleich einzudringen,  地獄の狼が今も押し入って
Die Schafe zu verschlingen,              羊たちを飲み込もうとしている、
So haelt ihm dieser Hirt doch seinen Rachen zu.  しかし羊飼いは彼らの口を押さえ込む。
                                         
5.Arie(Tenor)                      5.アリア(テノール)
Seht,was die Liebe tut!                見よ、愛の行うことを。
Mein Jesus haelt in guter Hut            私のイエスはその保護のもとに
Die Seinen feste eingeschlossen.          自分のものたちをしっかりと入れて下さる。
Und hat am Kreuzesstamm vergossen       そのために十字架の上で流されたのです、
Fuer sie sein teures Blut.               彼らのためにその尊い血を。
                                         
6.Choral                         6.コラール
Ist Gott mein Schutz und treuer Hirt,    神が私の守り手で羊飼いなら、
Kein Unglueck mich beruehren wird:      どんな不幸も私を恐れさせない。
Weicht,alle meine Feinde,             退け、私のすべての敵よ、
Die ihr mir stiftet Angst und Pein,       お前たちが私に企てる不安と苦しみは
Es wird zu eurem Schaden sein,        お前たちの不名誉となる、
Ich habe Gott zum Freunde.           私は神を友としているのだから。
              (E.C.Homburg作詞のコラール,1658)

              バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第92番"Ich hab in Gottes Herz und Sinn"(BWV92)

「私は神の心と思いに」(BWV92)


1.Choralchor  1.コラール合唱
Ich hab in Gottes Herz und Sinn
  「私は神の心と思いに
Mein Herz und Sinn ergeben,
  私の心と思いをすべて献げます。
Was boese scheint, ist mein Gewinn, 
  悪と見えることが私の益であり、
Der Tod selbst ist mein Leben. 
  死は私の命なのです。
Ich bin ein Sohn
  私はあの方の子、
Des, der den Thron
  天の王座を
Des Himmels aufgezogen;
  引き開ける方の。
Ob er gleich schlaegt
  彼が私を打ち、
Und Kreuz auflegt,
  十字架を負わせるとしても、
Bleibt doch sein Herz gewogen.
 そのみ心は私に愛顧を与えておられる」。
 (P.ゲルハルト作詞のコラール第1節)

2. Choral u.Recitativ 2.コラールとレチタティフ
Es kann mir fehlen nimmermehr!  
 「神の愛顧は失せることはありません」。
Es muessen eh'r 
 それどころか
Wie selbst der treue Zeuge spricht,  
 忠実な証人が告げているように(Uペテロ3;10)
Mit Prasseln und mit grausem Knallen 
 雨あられの音と恐ろしい轟音とともに
Die Berge und die Huegel fallen: 
 山々と丘が崩れるとしても、
Mein Heiland aber truget nicht,  
 私の救い主は欺かず、
Mein Vater muss mich lieben.  
 「必ず私の父は私を愛して下さる」。
Durch Jesu rotes Blut bin ich
 イエスの赤い血によって私の名はそのみ手に
   in seine Hand geschrieben;
 書き記されています。(イザヤ49;16)
Er schuetzt mich doch! 
 主は私を守っておられるのです。
Wenn er mich auch gleich wirft ins Meer,  
 「主が私をたとえ海の投げ入れるとしても」、
So lebt der Herr auf grosen Wassern noch,  
 それでも主は大海の上に生きておられます、
Der hat mir selbst mein Leben zugeteilt,  
 主は私にその命を分け与えてくださった、
Drum werden sie mich nicht ersaufen.  
 だから海も私を溺れさせるることはない。
Wenn mich die Wellen schon ergreifen  
 たとえ波が私をとらえ、
Und ihre Wut mit mir zum Abgrund eilt, 
 その憤怒でもって私を奈落に急がせようとしても、
So will er mich nur ueben,  
 「主は私を試みようとしておられるのです」
Ob ich an Jonam werde denken,  
  私がヨナを思い起こすかどうか(ヨナ2;1-10)
Ob ich den Sinn mit Petro 
  私がペトロと共に心を主に
  auf ihn werde lenken. 
  向けるかどうかを(マタイ14;28-31)
Er will mich stark im Glauben machen,  
  主は私の信仰を強めようとしておられるのです、
Er will vor meine Seele wachen  
  主は私の魂のために目覚めておられるのです。
Und mein Gemuet,
  「そして私の気持ちを」、
Das immer wankt und weicht in seiner Gut, 
  主の恵みの中にありながらいつも揺れている
Der an Bestaendigkeit nichts gleicht,  
  私の気持ちを、くらべるもののない確かさで、
Gewohnen, fest zu stehen.  
 「堅く立つことに習熟させようとしておられるのです」。
Mein Fus soll fest  
  私の足を堅く立たせて、
Bis an der Tage letzten Rest 
  最後の憩いの日まで、ここで、この岩の上に
Sich hier auf diesen Felsen gruenden. 
  しっかりと根を下ろさせて下さいます。
Halt ich denn Stand,
 「私がこの立場をしっかり守るなら」
Und lasse mich in felsenfesten Glauben finden,  
  そして岩のように堅い信仰を自覚するなら、
Weis seine Hand,  
 「主のみ手は」、
Die er mich schon vom Himmel beut,  
  今すでに天から私をとらえている主のみ手は、
zu rechter Zeit 
  正しい時に、
Mich wieder zu erhoeehen.
 「私を再び天へと高める道をご存じです」。
  (同上コラールの第2節)

3. Arie 3.アリア
Seht, seht! wie reist, wie bricht, wie faellt,  
 視よ、視よ、裂け、砕け、崩れる、
Was Gottes starker Arm nicht haelt. 
  神の強いみ手に支えられていないものは。
Steht aber fest und unbeweglich prangen,  
  しかし、堅く、揺れることなく輝く、
Was unser Held mit seiner Macht umfangen. 
  私たちの勇士がその力で抱きしめるものは。
Lasst Satan wueten, rasen, krachen,  
  サタンよ、吠えろ、叫べ、轟け、
Der starke Gott wird uns unueberwindlich machen.  
  強い神は私たちを敗れさせはしない。
 
4. Choral 4.コラール
Zudem ist Weisheit und Verstand  
 「それに加えて知恵と知識は
Bei ihm ohn alle Massen,  
  神にあっては限りありません、
Zeit, Ort und Stund ist ihm bekannt,  
  時、所、時間を神はご存じです、
Zu tun und auch zu lassen.  
  なすべき時・所と放置すべき時・所を。
Er weis, wenn Freud,  
  神はご存じです、
er weis, wenn Leid
  喜びと苦しみが
Uns, seinen Kindern, diene,  
  神の子である私たちに、いつ役に立つかを。
Und was er tut,
  そして神のなし給うことは、
ist alles gut,
  すべて良いのです、
Ob's noch so traurig schiene.  
  たとえ今はどんなに悲しく見えたとしても」。
  (同上コラール第5節)
 
5. Recitativ 5.レチタティフ
Wir wollen uns nicht laenger zagen  
  もはや臆することはやめよう、
Und uns mit Fleisch und Blut,  
  肉と血を持つ私たちのことを
Weil wir in Gottes Hut, 
  今までのように怖れて心配しないようにしよう、
So furchtsam wie bisher befragen. 
  私たちは神の守りの中にいるのだから。
Ich denke dran, 
  私は思い巡らします、
Wie Jesus nicht gefuercht' das tausendfache Leiden; 
 イエスが幾千もの苦しみを怖れなかったことを。
Er sah es an 
  イエスは見なされた、
Als eine Quelle ewger Freuden. 
  その苦しみを永遠の喜びの源と。
Und dir, mein Christ, 
  そして私のキリスト者よ、
Wird deine Angst und Qual, 
  あなたの不安と苦悩、
dein bitter Kreuz und Pein 
  あなたの苦い十字架と苦しみは
Um Jesu willen Heil und Zucker sein. 
  イエスのおかげで救いと砂糖となるのです。
Vertraue Gottes Huld 
  神の恵みに信頼しなさい、
Und merke noch, was noetig ist: 
  必要なものに目を向けなさい、
Geduld! Geduld!  
  それは忍耐、忍耐。
 
6. Arie 6.アリア
Das Brausen von den rauhen Winden 
  荒い風が吹き荒れることが、
Macht, dass wir volle Ahren finden. 
  私たちに豊かな実りの穂をもたらし、
Des Kreuzes Ungestuem schafft 
  十字架の恐ろしさが、
bei den Christen Frucht, 
  キリスト者に稔りをもたらす。
Drum lasst uns alle unser Leben  
  だから、私たちは私たちの命のすべてを
Dem weisen Herrscher ganz ergeben. 
  賢明な支配者にお委ねしよう。
Kusst seines Sohnes Hand, 
  そのみ子の手に口づけし、
verehrt die treue Zucht. 
  信実なしつけに敬意を示そう。

7. Choral u. Recitativ 7.コラールとレチタティフ
Ei nun, mein Gott, so fall ich dir
 「ああ、今こそ、私の神よ、私は
Getrost in deine Haende.  
 安らかにあなたのみ手に中へお委ねします」。
(Bass)So spricht der gottgelassne Geist,  
  (バス)神に身を委ねた霊はそう言います、
Wenn er des Heilands Brudersinn  
  彼が、救い主の兄弟のような思いと
Und Gottes Treue glaubig preist. 
  神の真実を信じて賛美する時には。
Nimm mich, und mache es mit mir 
 「私を受け入れ、
Bis an mein letztes Ende. 
  私の最期まで受け入れ続けて下さい」
(Tenor)Ich weiss gewiss,  
  (テノール)私はよく知っています、
Dass ich ohnfehlbar selig bin, 
  私が間違いなく浄福の中にあることを、
Wenn meine Not und mein Bekuemmernis 
  私の苦難と私の悩みが
Von dir so wird geendigt werden: 
  あなたによって終わりを迎える時には。
Wie du wohl weist,dass meinem Geist
 「あなたもよくご存じのように、私の霊が、
Dadurch sein Nutz entstehe,  
  それによって益を受けますように」。
(Alt)Dass schon auf dieser Erden,  
  (アルト)すでにこの地上で、
Dem Satan zum Verdruss,  
  サタンにとって不愉快なことには、
Dein Himmelreich sich in mir zeigen muss 
  あなたの天の国は私の中に示されていて、
Und deine Ehr je mehr und mehr  
 「あなたの栄光がますます
Sich in ihr selbst erhohe,  
  ご自身の中で高められますように」。
(Sopran)So kann mein Herz nach deinem Willen 
  (ソプラノ)こうして私の心はみ心に従って、
Sich, o mein Jesu, selig stillen, 
  おお私のイエスよ、幸せに安きを得、
Und ich kann bei gedampften Saiten 
  私は鈍い弦ではあっても、
Dem Friedensfurst ein neues Lied bereiten. 
  平和の主に新しい歌をお献げできるのです。
  (同上コラールの第10節)

8. Arie 8.アリア
Meinem Hirten bleib ich treu. 
  私の羊飼いに私は忠実であり続けます。
Will er mir den Kreuzkelch fuellen, 
  たとえ彼が私に十字架の杯を満たすとしても、
Ruh ich ganz in seinem Willen,  
  私は安らかにみ旨に従おう、
Er steht mir im Leiden bei. 
  苦難の中でも彼は私の傍らにいてくださる。
Es wird dennoch, nach dem Weinen, 
  涙の後には、それでもなお、
Jesu Sonne wieder scheinen. 
  イエスの太陽が再び輝くのです。
Meinem Hirten bleib ich treu. 
  私の羊飼いに私は忠実であり続けます。
Jesu leb ich, der wird walten,  
  イエスのために私は生き、イエスは
Freu dich, Herz, du sollst erkalten,  
  支配するでしょう。心よ、喜べ、お前は冷たく横たわる定めなのだ、
Jesus hat genug getan. 
  イエスはすべてを成就してくださった。
Amen: Vater, nimm mich an!  
  アーメン。父よ、私を受け入れてください。
 
9. Choral 9.コラール
Soll ich den auch des Todes Weg  
  「私が死の道、
Und finstre Strase reisen,
  暗い通りを旅する定めであるとしても、
Wohlan! ich tret auf Bahn und Steg,
  よろしい、私はその道と通りを進もう、
Den mir dein Augen weisen.
  あなたの眼差しが私に示すその道を。
Du bist mein Hirt,
  あなたは私の羊飼い、
Der alles wird
  すべてを
Zu solchem Ende kehren,
  このような終わりへと向かわせるお方、
Dass ich einmal  
  こうして私も、いつの日か、
In deinem Saal
  あなたの広間で
Dich ewig moege ehren.
  永遠にあなたを賛美できますように」。
  (同上コラール第12節)



カンタータ第93番 「ただ愛の神にすべてをゆだね」

Kantate 93 Wer nur den lieben Gott lasst walte


 1.Choralchor 1.コラール合唱

Wer nur den lieben Gott lasst walten 
ただ愛の神にすべてをゆだね
Und hoffet auf ihn allezeit,
どんな時にも神に望みを置く者を
Den wird er wunderlich erhalten
神はふしぎなみ手で、すべての苦難と
In allem Kreuz und Traurigkeit.
悲しみの中で守ってくださる。
Wer Gott,dem Allerhochsten,traut,
至高者なる神を信頼する者は
Der hat auf keinen Sand gebaut.
砂の上に家を建てることはない。

 2.Choral & Rezitativ(Bass) 2.コラールとレチタティヴォ(バス)

Was helfen uns die schweren Sorgen?
どんな思い煩いも何の役にたつだろうか、
Sie drucken nur das Herz
百ポンドもの苦しみと幾千の不安と
Mit Zentnerpein,mit tausend Angst und Schmerz.   
苦痛でもってただ心を悩ませるだけだ。
Was hilft uns unser Weh und Ach?
私たちが「おお」とか「ああ」とか嘆いても
Es bringt nur bittres Ungemach.
ただにがい不幸をもたらすだけだ。
Was hilft es,dass wir alle Morgen
朝ごとに私たちが
Mit Seufzen von dem Schlaf aufstehn
嘆息と共に眠りから醒め
Und mit betrantem Angesicht des Nachts zu Bette gehn?
夜には涙にぬれたおももちで床についても、何の助けになろうか。
Wir machen unser Kreuz und Leid
ただ自分の苦難と悲しみを
Durch bange Traurigkeit nur grosser. 
不安な悲しみで増し加えるだけだ。
Darum tut ein Christ viel besser, 
だからキリスト者の道はずっとすぐれている  
Er tragt sein Kreuz mit christlicher Gelassenheit. 
彼は自分の苦難をキリスト者の平安でもってすすんで担うのだ。

 3.Arie(Tenor) 3.アリア(テノール)

Man halte nur ein wenig stille,
もう少しのあいだ静まっているがよい、
Wenn sich die Kreuzesstunde naht,
苦難の時が近づいているとしても。
Denn unsres Gottes Gnadenwille
私たちの神の恵みのみ旨は、どんなことをしてでも、
Verlasst uns nie mit Rat und Tat.
私たちを見捨てはしないのだから
Gott,der die Auserwahlten kennt,
選ばれた者たちを知っておられる神、
Gott,der sich uns ein Vater nennt
ご自分を父と呼ばせて下さる神は、
Wird endlich allen Kummer wenden 
きっとすべての悩みをとりのぞき、
Und seinen Kindern Hilfe senden.
その子たちに助けを送って下さるのだ。

4.Duett-Arie(Sopran/Alt) 4.二重唱・アリア(ソプラノ/アルト)

Er kennt die rechten Freudenstunden, 
神は適切な喜びの時を知っておられ、
Er weiss wohl,wann es nutzlich sei;
役に立つ時をよく知っておられる。
Wenn er uns nur hat treu erfunden 
私たちの真実に目をおとめになり、
Und merket keine Heuchelei,
私たちに偽善がないことをお認めになれば、
So kommt Gott,eh wirs uns versehn,
私たちが予期する前にお出でになって
Und lasset uns viel Guts geschehn.
多くの良い物を私たちに与えてくださる。

5.Choral & Rezitativ(Tenor) 5.コラールとレチタティヴォ(テノール)

Denk nicht in deiner Drangsalshitze, 
困窮の暑熱の中でも、考えてはいけない、
Wenn Blitz und Donner kracht,
たとえ稲妻と雷鳴が響きわたり、
Und dir ein schwules Wetter bange macht,
暑苦しい天候が悩ましても、
Dass du von Gott verlassen seist.
神がお前をお見捨てになったなどと。
Gott bleibt auch in der grossten Not,
神は苦しみの極においても、
Ja gar bis in den Tod
死に至る時でさえ、恵みを以て
Mit seiner Gnade bei den Seinen.
その愛する者たちと共にいて下さる。
Du darfst nicht meinen,
お前は決して思ってはならない、
Dass dieser Gott im Schosse sitze,
金持ちの男のように、毎日
Der taglich,wie der reiche Mann,
楽しみと喜びの中で生きている者が、
In Lust und Freuden leben kann.
神のふところに守られている者なのだと。
Der sich mit stetem Glucke speist
いつも幸福を味わい、
Bei lauter guten Tagen,
日々好日を楽しんでいる者は、
Muss oft zuletzt,
最後には、必ず
Nachdem er sich an eitler Lust ergotzt,
むなしい快楽の後に言わざるを得ない、
"Der Tod in Topfen!" sagen.
「死は宴会の鍋の中に在り」と。
Die Folgezeit verandert viel!
時がすぎれば、すべてはうつろいゆく。
Hat Petrus gleich die ganze Nacht
ペテロは一晩中
Mit leerer Arbeit zugebracht
むなしく働いて
Und nichts gefangen;
何も獲物がなかったのに、
Auf Jesu Wort kann er noch einen Zug erlangen.
イエスのみ言葉によって、もうひと網うって獲物を手にした。
Drum traue nur in Armut,Kreuz und Pein 
そのように貧困と苦難と悲しみの中でも
Auf deines Jesu Gute
イエスの恵みに信頼せよ、
Mit glaubigem Gemute;
心からの信仰によって。
Nach Regen gibt er Sonnenschein
雨のあとに日の光がさし、
Und setzet jeglichem sein Ziel.
すべてのことは決着する。

6.Arie(Sopran) 6.アリア(ソプラノ)

Ich will auf den Herren schaun
私は主を仰ぎ見、
Und stets meinem Gott vertraun.
いつも神に信頼する。
Er ist der rechte Wundersmann,
神はまことに奇跡の方、
Der die Reichen arm und bloss 
金持ちを貧乏にし
Und die Armen reich und gross
貧しい者を富ませ、大いにし、
Nach seinem Willen machen kann.
そのみ心のままになされる。

7.Choral 7.コラール

Sing,bet und geh auf Gottes Wegen,
歌え、祈れ、神の道を進め、
Verricht das Deine nur getreu
お前のなすべきことを忠実にはたせ、
Und trau des Himmels reichem Segen,
そして天の豊かな祝福に信頼せよ、
So wird er bei dir werden neu.
そうすれば神は日々に新しく共にいて下さる。
Denn welcher seine Zuversicht
その信頼を神に置く者を
Auf Gott setzt,den verlasst er nicht
.神はお見捨てになることはないからだ。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



Kantate Nr.97「私はすべての行いで」(BWV97)

Kantate Nr.97 "In allen meinen Taten" 

                                             
1.Versus 1.Chor 1.第一節合唱
In allen meinen Taten 
私はすべての行いで
Lass ich den Hochsten raten, 
至高者の忠告に従います。
Der alles kann und hat; 
その方はすべてを知り、すべてを持つ方。  
Er muss zu allen Dingen, 
どんな事柄でも、
Soll's anders wohl gelingen, 
もし別な道が良いとすれば、そのように  
Selbst geben Rat und Tat. 
ご自分で忠告と指示を与えて下さる方です。
                                        
2.Versus 2.Aria[B] 2.第二節アリア(バス)
Nichts ist es spat und fruhe 
おそかれ早かれ、
Um all mienie Muhe, 
私の苦労は無に終わる。
Mein Sorgen ist umsonst. 
私が思い煩っても空しい。
Er mag's mit meinen Sachen 
神が私のことを
Nach seinem Willen machen, 
み心のままにして下さいますように。
Ich stell's in seine Gunst. 
私は神の恵みにすべてを委ねます。
                                        
3.Versus 3.Recitativo[T] 3.第三節レチタティフ(テノール)
Es kann mir nichts geschehen, 
私には何も起きません、
Als was er hat versehen, 
神が定めて下さったこと以外は。
Und was mir selig ist: 
それが私の幸せなのです。
Ich nehm es,wie er's gibet; 
神が与えるものを私は受け入れます、
Was ihm von mir beliebet, 
神が私に良しとされるものを
Das hab ich auch erkiest. 
私も選んだのです。
                                        
4.Versus 4.Aria[T] 4.第四節アリア(テノール)                         
Ich traue seiner Gnaden, 
私は神の恵みにゆだねます、
Die mich vor allem Schaden, 
み恵みは私をあらゆるわざわいと
Vor allem Ubel schutzt. 
あらゆる悪から守って下さいます。
Leb ich nach seinen Gesetzten, 
私が神のおきてに従って生きるなら、
So wird mich nichts verletzen, 
私を損なうものは何もなく、
Nichts fehlen,was mir nutzt. 
私を益するものには欠けがないでしょう。

5.Versus 5.Recitativo[A] 5.第五節レチタティフ(アルト)
Er wolle meiner Sunden 
神がみ恵みによって
In Gnaden mich entbinden, 
私を罪から解放してくださり、
Durchstreichen meine Schuld! 
私のとがを消し去ってくださいますように。
Er wird auf mein Verbrechen 
神は私の違反に
Nicht stracks das Urteil sprechen 
すぐに判決を下さず、
Und haben noch Geduld. 
なお忍耐して下さるでしょう。
                                        
6.Versus 6.Aria[A] 6.第六節アリア(アルト)
Leg ich mich spate nieder, 
夜おそく寝る時も、
Erwache fruhe wieder, 
朝早くまた覚める時も、
Lieg oder ziehe fort, 
立ち止まる時も進む時も、
In Schwachheit und in Banden, 
弱さの中でも捕らわれの時にも、
Und was mir stosst zuhanden, 
何事かが私に降りかかる時も、
So trostet mich sein Wort. 
神の言葉が私を慰めて下さいます。
                                        
7.Versus 7.Duetto[S,B] 7.第七節二重唱(ソプラノ、バス)
Hat er es denn beschlossen, 
神がおきめになったのであれば、
So will ich unverdrossen 
私はくじけずに
An mein Verhangnis gehn! 
私の運命に従おう。
Kein Unfall unter allen 
すべてにまさる災いも
Wird mir zu harte fallen, 
私には厳しすぎることはない。
Ich will ihn uberstehn. 
私はそれに耐えよう。
                                        
8.Versus 8.Aria[S] 8.第八節アリア(ソプラノ)
Ihm hab ich mich ergeben 
私は神に身を委ねた、
Zu sterben und zu leben, 
死ぬのも生きるのも
Sobald er mir gebeut.
神の命のまま。
Es sei heut oder morgen; 
今日であれ明日であれ、
Dafur lass ich ihn sorgen; 
神の配慮におまかせしよう。
Er weiss die rechte Zeit. 
神は最善の時をご存じなのだ。
                                        
9.Versus ultimus.Choral 9.第九節コラール
So sei nun,Seele,deine
さあ魂よ、気を落とすことなく、
Und traue dem alleine,
ただより頼むがよい、
Der dich erschaffen hat;
お前の造り主なる方に。
Es gehe,wie es gehe,
どんな事が起ころうとも、
Dein Vater in der Hohe
高きにいます父は
Weiss allen Sachen Rat.
すべての事に答えを持っておられる。
  P.Flemming(1642)作詞のコラール
  (1642)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第106番 "Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit" (BWV106)

  「神の時こそ最善の時」(BWV106)

  1.SONATINA[Fld 1,2,Va da g 1,2,Bc]     1.ソナティナ

  2.a.[CHOR:S,A,T,B,Fld 1,2,Va da g 1,2,Bc]  2.a.合唱
    Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit.      神の時こそ最善の時
    "In ihm leben,weben und sind wir,"       「我らは神の中に生き、動き、存在する」
    solange er will.                神が望まれるかぎり。[使徒17;28]
    In ihm sterben wir zur rechten Zeit,      神にあって死すべき時に私たちは死ぬ、
    wenn er will.                  神の定められた時に。

   b.[T,Fld 1,2,Va da g 1,2,Bc]         b.テノール    
    Ach Herr,"lehre uns bedenken,       ああ主よ「私たちが死ななければならない者
    dass wir sterben mussen,            であることを教えて、熟慮させ、
    auf dass wir klug werden."           賢くならせて下さい」[詩90;12]

   c.[B,Fld 1,2,Bc]               c.バス
    "Bestelle dein Haus;denn du wirst     「あなたの家財を整理せよ。あなたは
    sterben und nicht lebendig bleiben!"  まもなく死んで命はないのだから」[イザヤ38;1] 

   d.[S,A,T,B,Fld 1,2,Va da g 1,2,Bc]     d.三重唱
    "Es ist der alte Bund:"             「これは古くからの契約の定め」
    Mensch,"du musst sterben!"        人よ、「お前は死ぬ定めにある」[シラ書14;17]
    [Sopran]                   [ソプラノ]
    "Ja,komm,Herr Jesu!"            「はい、主イエスよ、来て下さい」[黙22;20]

  3.a.[A solo,Va da g 1,2,Bc]         3.a.アルト
    "In deine Hande                 「み手に私の霊をゆだねます。
    befehl ich meinen Geist;            あなたは私を救って下さいました。
    du hast mich erloset,Herr,du getreuer Gott."   真実なる神、主よ」[詩31;6]

   b.[A,B solo,Va da g 1,1,Bc]         b.バスとコラール
    [Bass]                     [バス]
    "Heute wirst du mit mir             「今日、あなたは私と共に
    im Paradies sein."               パラダイスに入る」[ルカ23;43]
    [CHORAL]                   [コラール]
    Mit Fried und Freud ich fahr dahin       平安と喜びの中で私はこの世を去る
  In Gottes Willen,                 神のみ心の中で。
    Getrost ist mir mein Herz und Sinn,       私の心と思いは慰めの中で
  Sanft und stille.                穏やかで安らかです。
  Wie Gott mir verheissen hat:          神が約束なさったように
  Der Tod ist mein Schlaf worden.         死は私には眠りになったのですから。

  4.CHORAL[S,A,T,B,Fld 1,2,Va da g 1,2,Bc]   4.コラール
    Glorie,Lob,Ehr und Herrlichkeit         栄光と賛美と誉れと威光が
  Sei dir,Gott Vater und Sohn bereit',      あなたに、父なる神とみ子と
  Dem Heilgen Geist mit Namen!          聖霊と称えられるお方にありますように。
  Die gottlich Kraft                どうぞ神の力が
  Mach uns sieghaft                 私たちに勝利を与えて下さいますように。
  Durch Jesum Christum,amen.         イエス・キリストのみ名によって、アーメン

        バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第110番"Unser Mund sei voll Lachens"(BWV110)

「私たちの口が笑いで」(BWV110)

1. Chor (S,A,T,B)                1.合唱と重唱(S,A,T,B)
Unser Mund sei voll Lachens,          私たちの口が笑いで、
und unsre Zunge voll Ruhmens.         私たちの舌が賞賛で満たされますように。
Denn der Herr hat Grosses an uns getan.   主が私たちに大いなることをして下さったか
                             らです。(詩126;2)
2. Arie (Tenor)                  2.アリア(T)
lhr Gedanken und ihr Sinnen,           私の思いよ、私の心よ、
Schwinget euch anitzt von hinnen!        踊り立て、今、ここから!
Steiget schleunig himmelan             急いで天に昇り
Und bedenkt, was Gott getan!           神がして下さったことを思いめぐらせ!
Er wird Mensch, und dies allein,          神は人となられた。それは実に
Dass wir Himmelskinder sein.           私たち人間が天の子となるためなのだ。
                                             
3. Rezitativ (Bass)                3.レチタティフ(B)
,,Dir, Herr, ist niemand gleich,          「主よ、あなたに並ぶ者はありません。
du bist gross, und dein Name ist gross,     あなたは大いなる方、あなたのみ名は偉大、
und kannst's mit der Tat beweisen."       あなたはそれを行いでお示しになれます」
                                         (エレミヤ10;6)
4. Arie (Alt)                     4.アリア(A)
Ach Herr, was ist ein Menschenkind,       ああ主よ、人間は何ものなのでしょう、
Dass du sein Heil so schmerzlich suchest?   その救いをあなたがそんなにも心にかけて下
Ein Wurm, den du verfluchest,           さるとは。地獄とサタンに取り巻かれた、
Wenn Hoell und Satan um ihn sind;        あなたに呪われた蛆虫です。それでもなおあ
Doch auch dein Sohn, den Seel und Geist    なたの子どもなのです。その魂と霊をあなた
Aus Liebe seinen Erben heisst.          は愛のゆえに跡継ぎと呼んでくださるのです。
                                             
5. Arie (Duett: Sopran und Tenor)       5.アリア(二重唱、S,T)
,,Ehre sei Gott in der Hoehe           「いと高きところには栄光、神にあれ、
und Friede auf Erden                地には平和、そして
und den Menschen ein Wohlgefallen!"      人々には主の喜びがあるように」(ルカ2;14)
                                             
6. Arie (Bass)                   6.アリア(B)
Wacht auf! ihr Adern und ihr Glieder,      目覚めよ、血管よ、肢体よ!
Und singt dergleichen Freudenlieder,      そして歌え、私たちの神のみ心にかなう
Die unserm Gott gefaellig sein.          喜びの歌を。
Und ihr, ihr andachtsvollen Saiten,        そしてお前たち、祈りに満ちた弦よ、
Sollt ihm ein solches Lob bereiten,        神に賛美を備えようではないか、
Dabei sich Herz und Geist erfreun.        心と霊が共に喜ぶ賛美を。
                                             
7. Choral                       7.コラール
Alleluja! Gelobt sei Gott!              「アレルヤ!神を賛美せよ!
Singen wir all aus unsers Herzens Grunde;    さあ共に心の底から歌おう!
Denn Gott hat heut gemacht solch Freud,    神は今日、私たちが片時も忘れることの
Die wir vergessen solln zu keiner Stunde.    できないような、そんな喜びを与えて
                                           下さったのだから。」
        (C.Fueger作のコラール"Wir Christenleut"1592の第5節)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第111番 "Was mein Gott will,das g'scheh allzeit"(BWV111)

「神のみ旨が常に実現しますように」(BWV111)

1.Chor                      1.合唱
Was mein Gott will,das g'scheh allzeit,     神のみ旨が常に実現しますように。
Sein Will,der ist der beste;            神のみ心は最善のものです。
Zu helfen den'n er ist bereit,           神は固く神を信じる者を
Die an ihn glauben feste.            助けようといつも備えておられます。
Er hilft aus Not,der fromme Gott,       義なる神は苦難の時に助けて下さり
Und zuechtiget mit Massen:           また時にやさしくこらしめて下さいます。
Wer Gott vertraut,fest auf ihn baut,      神を信頼し神によって固く立つ者を
Den will er nicht verlassen.           神はお見捨てになりません。
                                       
2.Arie(B.)                     2.アリア(バス)
Entsetze dich,mein Herze,nicht,        うろたえるな、私の心よ、
Gott ist dein Trost und Zuversicht       神はあなたの慰め、また拠り所、
Und deiner Seele Leben.             あなたの魂の命です。
Ja,was sein weiser Rat bedacht,         そうです、神の賢い配慮の定めには
Dem kann die Welt und Menschenmacht    この世も人の力も
Unmo glich widerstreben.             逆らうことはできないのです。
                                       
3.Rezitztiv(A.)                   3.レチタティフ(アルト)
O Toerichter! der sich von Gott entzieht   愚かな人よ。神を避けて、
Und wie ein Jonas dort              ヨナのように遠くへ、
Vor Gottes Angesichte flieht;          神のみ前から逃げて行く人よ。
Auch unser Denken ist ihm offenbar,      私たちの思いは神の前に明らかであり、
Und unsers Hauptes Haar            私たちの髪の毛もすべて
Hat er gezahlet.                  数えられているのです。
Wohl dem,der diesen Schuetz erwaehlet    幸いな人よ。
Im glaeubigen Vertrauen,             希望と忍耐によって神の約束の言葉を
Auf dessen Schluss und Wort          目のあたりにできると
Mit Hoffnung und Geduld zu schauen.      信じ信頼して神の守りを選び取る人は。
                                       
4.Arie(Duett:A.T.)                  4.アリア(二重唱・アルト・テノール)
So geh ich mit beherzten Schritten,      だから私は足取りも軽く進む。
Auch wenn mich Gott zum Grabe fuehrt.   たとえ神が私を墓へと導かれるとしても。
Gott hat die Tage aufgeschrieben,       神は私の日を数えておられるのだから、
So wird,wenn seine Hand mich ruehrt,     神のみ手が私をとらえる時、
Des Todes Bitterkeit vertrieben.         死の苦い味も取りのぞかれるのです。
                                       
5.Rezitativ(S.)                    5.レチタティフ(ソプラノ)
Drum wenn der Tod zuletzt den Geist      死がついに来て、私の霊を
Noch mit Gewalt aus seinem Koerper reisst,  無理やり肉体から引き離す時、
So nimm ihn,Gott,in treue Vaterhaende!     ああ、神よ、真実の父のみ手に私の霊を 
Wenn Teufel,Tod und Suende mich bekriegt   受け入れて下さい。悪魔と死と罪が私を
Und meine Sterbekissen              責めたて、私の死の床が戦いの場となる時、
Ein Kampfplatz werden muessen,         ああ、助けて下さい、あなたにあって、
So hilf,damit in dir mein Glaube siegt!      私の信仰が勝利しますように。
O seliges,gewuenschtes Ende!           おお、待ち望みし至福の終わりの時よ。
                                       
6.Chor                       6.合唱
Noch eins,Herr,will ich bitten dich,      もう一つ、主よ、お願いがあります。
Du wirst mir's nicht versagen:        あなたは拒絶なさらないでしょう。
Wenn mich der boese Geist anficht,     悪の霊が私を誘惑する時、
Lass mich doch nicht verzagen.        どうぞ私を臆させないで下さい。
Hilf,steur und wehr,ach Gott,mein Herr,    み名の栄光のために私を助け、支え、
Zu Ehren deinem Namen.            守ってください、私の主なる神よ。
Wer das begehrt,dem wird's gewahrt;     切に求める者は願いをかなえられます。
Drauf sprech ich froehlich:Amen.        だから私は喜んでアーメンと歌います。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第121番「キリストを賛美しよう」
"Christum wir sollen loben schon"(BWV121)


1.Chor 1. 合唱
Christum wir sollen loben schon,
キリストを賛美しよう、
Der reinen Magd Marien Sohn,
清い乙女マリアのみ子を、
So weit die liebe Sonne leucht 
やさしい日の光の照らす果てまで、
Und an aller Welt Ende reicht.
そして世界の果てにまで届くように。

2. Aria [Tenor] 2. アリア(テノール)
O du von Gott erhohte Kreatur, 
おお、神によって高められた被造物よ、
Begreife nicht, nein, nein,bewundre nur:
理解しようとしてはならない、否、ただ驚くがよい。
Gott will durch Fleisch des Fleisches Heil erwerben.
神は肉を通して肉の救いを実現しようとしておられる。
Wie gros ist doch der Schopfer aller Dinge,
万物の創造者は何と偉大なことか、
Und wie bist du verachtet und geringe,
そしてあなたは嘲られ小さくされた、
Um dich dadurch zu retten vom Verderben.
それによって滅びからの救いとなられた。
 
3. Recitative [Alto] 3. レチタティフ(アルト)
Der Gnade unermeslich's Wesen 
量りがたい恵みの存在は、
Hat sich den Himmel nicht
天を御自分の
Zur Wohnstatt auserlesen, 
すみかとしてお選びにならなかった、
Weil keine Grenze sie umschliest.
それは天も恵みの限界とはならないからだ。
Was Wunder, das allhie Verstand und Witz gebricht, 
何という不思議、この世の理性も知恵も破られる。
Ein solch Geheimnis zu ergrunden,
この秘密が解けるのは、
Wenn sie sich in ein keusches Herze giest.
貞潔な心にそれが宿る時。
Gott wahlet sich den reinen Leib zu einem Tempel seiner Ehren,
神は清いからだをその栄誉の宮としてお選びになった、
Um zu den Menschen sich mit wundervoller Art zu kehren. 
人間のもとに驚くべき仕方で来るために。

4. Aria [Bass] 4. アリア(バス)
Johannis freudenvolles Springen
ヨハネの喜びに満ちた踊りは
Erkannte dich,mein Jesu, schon.
あなたを、私のイエスよ、すでに知っていたからだ。
Nun da ein Glaubensarm dich halt,
今、信仰の腕はあなたを抱く、
So will mein Herze von der Welt 
それ故私の心はこの世を捨てて、
Zu deiner Krippe brunstig dringen.
あなたの飼い葉桶に心を燃やして進むのだ。
 
5. Recitative [Soprano] 5.レチタティフ(ソプラノ)
Doch wie erblickt es dich in deiner Krippe? 
しかし飼い葉桶のあなたを私の心はどのように見るのか、
Es seufzt mein Herz: mit bebender und fast geschlosner Lippe 
ただ溜め息をつき、震え、ほとんど閉じた唇で、
Bringt es sein dankend Opfer dar.
感謝の献げものを供えまつるのみ。
Gott, der so unermeslich war,
量りがたい神は、
Nimmt Knechtsgestalt und Armut an.
しもべの姿と貧しさを身にまとわれた。
Und weil er dieses uns zugutgetan,
しかも、それは私たちのため、
So las ich mit der Engel Choren 
それ故、私は天使の群れと共に
Ein jauchzend Lob- und Danklied horen!
歓呼して賛美と感謝の歌を響かせよう。
 
6. Chorale [S, A, T, B] 6.コラール(合唱)
Lob, Ehr und Dank sei dir gesagt,
賛美と栄光と感謝はあなたにあるように、
Christ, geborn von der reinen Magd,
キリストに、清いおとめから生まれた方に、
Samt Vater und dem Heilgen Geist
父と聖霊と共に、
Von nun an bis in Ewigkeit.
今より永遠に。
(C.セドウリウス作詞のコラールの第八節)



カンタータ第131番 "Aus der Tiefen rufe ich,Herr,zu dir"

「深い淵から、主よ、あなたを呼ぶ」(BWV131)

1.Chor
1.合唱
Aus der Tiefen rufe ich,Herr,zu dir.
深い淵から、主よ、あなたを呼ぶ。
Herr,hoere meine Stimme,lass deine Ohren
主よ、私の声を聞き、私の願いの声に
merken auf die Stimme meines Flehens!
耳を傾けて下さい。
(コラール以外の歌詞はすべて詩編第130編より)

2.Arioso B.und Choral S.
2.アリオーゾ(バス)とコラール(ソプラノ)
(Arioso)(アリオーゾ)
So du willst,Herr,Suende zurechnen,
主よ、もしあなたが罪を数えられたら、
Herr,wer wird bestehen?
主よ、だれが立つことができようか。
(Choral)(コラール)
Erbarm dich mein in solcher Last,
このような重荷を負う私を憐れんで下さい、
Nimm sie aus meinem Herzen,
この重荷を私の心から取りのぞいて下さい、
Dieweil du sie gebuesset hast
あなたは木の上で、死の苦しみによって
Am Holz mit Todesschmerzen,
この重荷を贖って下さったのですから。
(Arioso)(アリオーゾ)
Denn bei dir ist die Vergebung,
実にあなたには赦しがあるので
dass man dich fuerchte.
人々におそれ敬われるのです。
(Choral)(コラール)
Auf dass ich nicht mit grossem Weh
だから私は大きな悲しみと共に
In meinen Suenden untergeh,
罪の中で滅びることもなく
Noch ewiglich verzage.
永遠の絶望に落ちることもないのです。
(コラールはB.Ringwaldt "Herr Jesu Christ,du hoeschstes Gut"より)

3.Chor
3.合唱
Ich harre des Herrn,meine Seele harret,
私は主を待ち望む、私の魂は待ち望む、
und ich hoffe auf sein Wort.
私はみ言葉によって望みをいだく。

4.Arie T.und Choral A.
4.アリア(テノール)とコラール(アルト)
(Arie)(アリア)
Meine Seele wartet auf den Herrn von
私の魂は主を待ち望む
einer Morgenwache bis zu der andern.
夜警が次の朝を待つように。
(Choral)(コラール)
Und weil ich denn in meinem Sinn,
私の心の思いは
Wie ich zuvor geklaget,
いつも嘆いているように
Auch ein betruebter Suender bin,
悲しみに満ちた罪人なのだから、
Den sein Gewissen naget,
良心がこれを責めさいなむのだ。
Und wollte gern im Bluete dein
だからあなたの血によって
Von Suenden abgewaschen sein
罪を洗い清められることを願う
Wie David und Manasse
あのダビデとマナセのように。
(詩編第51編のダビデと旧約聖書続編『マナセの
祈り』のマナセが悔い改めの代表とされている)

5.Chor
5.合唱
Israel hoffe auf den Herrn;
イスラエルよ、主を待ち望め。
denn bei dem Herrn ist die Gnade
主は恵み深く、
und viel Erloesung bei ihm.
主には豊かな救いがあるのだから。
Und er wird Israel erloesen
主はイスラエルを
aus allen seinen Suenden.
すべての罪から救って下さる。


バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る




カンタータ第132番 "Bereitet die Wege,bereitet die Bahn" (BWV132)

「道を整え、道筋をまっすぐにせよ(BWV132)

1.Arie S. 1.アリア(ソプラノ)
Bereitet die Wege,bereitet die Bahn! 
道を整え、道筋をまっすぐにせよ。
Bereitet die Wege 
道を整え
Und machet die Stege 
坂道を
Im Glauben und Leben 
信仰と生活において
Dem Hochsten ganz eben,
至高者のために平らにせよ。
Messias kommt an! 
メシアがお出でになる。
                                       
2.Rezitativ T. 2.レチタティフ(テノール)
Willst du dich Gottes Kind und Christi Bruder nennen, 
もしお前が神の子、またキリストの兄弟と名乗りたいのなら、
So mussen Herz und Mund den Heiland frei bekennen.  
心と口で救い主を明らかに告白しなければならない。
Ja,Mensch,dein ganzen Leben 
そうだ、人よ、お前の全生活で
Muss von dem Glauben Zeugnis geben! 
信仰の証しをしなければならない。
Soll Christi Wort und Lehre 
たとえキリストの言葉と教えが
Auch durch dein Blut versiegelt sein, 
お前の血で証しされなければならないとしても、
So gib dich willig drein! 
喜んでお受けせよ。
Denn dieses ist der Christen Kron und Ehre. 
これこそキリスト者の冠であり栄誉なのだから。
Indes,mein Herz,bereite 
ともあれ、私の心よ、
Noch heute 
今日にも、
Dem Herrn die Glaubensbahn 
主に信仰の道を備えよ。
Und raume weg die Hugel und die Hohen, 
そして主に逆らう
Die ihm entgeghen stehen! 
山や丘を除いて平らにせよ。
Walz ab die schweren Sundensteine, 
罪の重い石を転がして
Nimm deinen Heiland an, 
お前の救い主を受け入れよ、そうすれば、
Dass er mit dir im Glauben sich vereine! 
主は信仰においてお前と一つになられる。
                                       
3.Arie B. 3.アリア(バス)
Wer bist du? Frage dein Gewissen, 
お前は何者か、良心に聴くがよい。
Da wirst du sonder Heuchelei, 
そうすればお前は偽善なしに、
Ob du,o Mensch,falsch oder treu, 
お前が、おお人よ、偽か真か、
Dein rechtes Urteil horen mussen. 
お前の正しい判決を聴くにちがいない。
Wer bist du? Frage das Gesetze, 
お前は何者か、律法に聴くがよい、
Das wird dir sagen,wer du bist, 
律法は、お前が何者か教えてくれる。
Ein Kind des Zorns in Satans Netze, 
お前は、サタンの網にかかった怒りの子、
Ein falsch und heuchlerischer Christ. 
偽物の偽善のキリスト者だ、と。
                                       
4.Rezitativ A. 4.レチタティフ(アルト)
Ich will,mein Gott,dir frei heraus bekennen, 
わが神よ、私は心から告白します、
Ich habe dich bisher nicht recht bekannt. 
これまで私はあなたを正しく告白してきませんでした。
Ob Mund und Lippen gleich dich Herrn und Vater nennen, 
たとえ口と唇では主よ、父よと呼んでいたとしても、
Hat sich mein Herz doch von dir abgewandt.
心はあなたから離れていました。
Ich habe dich verleugnet mit dem Leben! 
私は自分の生活であなたを否認してきました。
Wie kannst du mir ein gutes Zeugnis geben? 
あなたは私に良い成績をつけて下さることなどできないでしょう。
Als,Jesu,mich dein Geist und Wasserbad 
イエスよ、あなたの霊と水が
Gereiniget von meiner Misstat, 
私を私の罪から清めて下さった時、
Hab ich dir zwar stets feste Treu versprochen; 
私はあなたに常に変わらぬ忠実を誓いました。
Ach! aber ach! der Taufbund ist gebrochen. 
ああ、それなのに、ああ、洗礼の絆は破られたのです。
Die Untreu reuet mich! 
私の不実を悔やみます。
Ach Gott,erbarme dich, 
ああ、神よ、私を憐れんで下さい。
Ach hilf,dass ich mit unverwandter Treue 
ああ、私を助けて、変わらぬ信実でもって、
Den Gnadenbund im Glauben stets erneue! 
み恵みの契約を信仰において常に新しくする者とならせて下さい。
                                       
5.Arie A. 5.アリア(アルト)
Christi Glieder,ach bedenket, 
キリストの肢体よ、思っても見なさい、
Was der Heiland euch geschenket 
救い主はあなたたちに、洗礼の清い水によって、
Durch der Taufe reines Bad! 
どんな賜物を与えてくださったことか。
Bei der Blut- und Wasserquelle 
血と水の泉によって、
Werden eure Kleider helle, 
罪に汚れた
Die befleckt von Missetat. 
あなたたちの衣は清くなった。
Christus gab zum neuen Kleide 
キリストは新しい衣として、
Roten Purpur,weisse Seide, 
赤い緋の衣と真っ白な絹を与えて下さった。
Diese sind der Christen Staat. 
これこそキリスト者の盛装なのです。(黙7;13)

                                       
6.Chor 6.合唱
Ertot uns durch deine Gute,                
「あなたの慈しみによって私たちを殺し、
Erweck uns durch deine Gnad;             
あなたの恵みによって私たちを甦らせて下さい。
Den alten Menschen kranke,               
古い人間に死んで、
Dass der neu' leben mag                   
新しい人間に生きたいのです、
Wohl hie auf dieser Erden,                 
今、この地上で。
Den Sinn und Begehrden                  
心と願いと思いを
Und G'danken habn zu dir.                 
あなたに捧げます」。
  E.Creuziger"Herr Christ,der einig Gottes Sohn"(1524)      
 E. クロイツィガーのコラール「主キリスト、神のひとり子よ」(1524)の第五節
                                                 
バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第133番"Ich freue mich in dir"(BWV133)

「私はあなたにあって喜び」(BWV133)
                                                   
1. (Coro)
1.合唱
1.Ich freue mich in dir
「私はあなたにあって喜び
Und heisse dich willkommen,
あなたを歓迎します、
Mein liebes Jesulein!
私の愛するイエスよ。
Du hast dir vorgenommen,
あなたは私の兄弟になろうと
Mein Bruederlein zu sein.
企てられました。
Ach, wie ein suesser Ton!
ああ、何という甘い響き!
Wie freundlich sieht er aus,
何と親しげな姿なのでしょう、
Der grose Gottessohn!
偉大な神のみ子が」。
                                                   
2. Aria A
2.アリア(A)
Getrost! es fasst ein heilger Leib.
「何という慰め!聖なるみからだに
Des Hoechsten unbegreiflichs Wesen.
至高者の不可知の本質が宿ったのです。
Ich habe Gott - wie wohl ist mir geschehen! -
私は神を〜何と幸いなことか〜
Von Angesicht zu Angesicht gesehen.
顔と顔をあわせて見たのです。
Ach! meine Seele muss genesen.
ああ、私の魂は癒されるに違いない」。
                                                   
3. Recitativo T
3.レチタティフ(T)
Ein Adam mag sich voller Schrecken
 「アダムの仲間は恐れて
Vor Gottes Angesicht
神のみ顔の前から
Im Paradies verstecken!
パラダイスで身を隠すだろう。
Der allerhoechste Gott kehrt selber bei uns ein:
至高の神はご自分から私たちのもとに宿られた。
Und so entsetzet sich mein Herze nicht;
しかし私の心は恐れない、
Es kennet sein erbarmendes Gemuete.
神の憐れみの思いを知っているから。
Aus unermessner Guete
計り知れない恵みから
Wird er ein kleines Kind
神は幼子となられ、
Und heisst mein Jesulein.
私の愛らしいイエスと名付けられた」。
                                                   
4. Aria S 
4.アリア(S)
Wie lieblich klingt es in den Ohren,
  「何と愛らしく耳に響くことか、
Dies Wort: mein Jesus ist geboren,
  私のイエスは生まれた、という言葉は。
Wie dringt es in das Herz hinein!
  それは何と深く心に入り込むことか。
  Wer Jesu Namen nicht versteht
   イエスのみ名を理解せず、
  Und wem es nicht durchs Herze geht,
   その名が心に届かない人は、
  Der muss ein harter Felsen sein.
   堅い岩のような人に違いない」。
                                                   
5. Recitativo B 5.レチタティフ(B)
Wohlan, des Todes Furcht und Schmerz
  さあ、だから、死の恐れや苦しみを、
Erwaegt nicht mein getroestet Herz.
  私の慰められた心は思いめぐらすことはない。
Will er vom Himmel sich
  神が天から
Bis zu der Erde lenken, 
  地へと来て下さるのだから、
So wird er auch an mich
  きっと墓穴の中の私をも
In meiner Gruft gedenken.
  心にとめて下さるだろう。
Wer Jesum recht erkennt,
  イエスを正しく知る者は、
Der stirbt nicht, wenn er stirbt,
  たとえ死んでも死ぬことはない、
Sobald er Jesum nennt.
  イエスの名を呼びさえすればよい」。
                                                   
6. Choral 6.コラール
Wohlan, so will ich mich
  さあ、だから、私は
An dich, o Jesu, halten, 
  あなたに、おお、イエスよ、すがっていよう。
Und sollte gleich die Welt
  たとえこの世が
In tausend Stuecken spalten.
  千々に砕けても、
O Jesu, dir, nur dir, 
  おおイエスよ、あなたにだけ、
Dir leb ich ganz allein;
  ただあなたにだけ私は身を捧げます。
Auf dich, allein auf dich,
  あたなただけ、ただあなただけを頼りに、
Mein Jesu, schlaf ich ein.
  私のイエスよ、私は眠りにつきます」。
  Kaspar Ziegler作詞のコラール(1697)

                                                   バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第134番「イエスの生きていることを知る心は」

Ein Herz,das seinen Jesum lebend weiss(BWV134)

1.Rezitativ T.A.
1.レチタティフ(テノール、アルト)

(Tenor) Ein Herz,das seinen Jesum lebend weiss, 
(テノール)イエスの生きていることを知る心は
Empfindet Jesu neue Guete
イエスの新しい恵みを心に感じて
Und dichtet nur auf seines Heilands Preis.
ただ救い主の讃美を歌う。
(Alt) Wie freuet sich ein glaeubiges Gemute.
(アルト)信じる者の思いは何と喜ばしいことか。

2.Arie T.
2.アリア(テノール)

Auf,Glaeubige,singet die lieblichen Lieder,
さあ信仰者よ、歌え、喜びの歌を、
Euch scheinet ein herrlich verneuetes Licht.
栄光の新しい光がお前を照らしている 
Der lebende Heiland gibt selige Zeiten,  
甦りの救い主が幸いな時を与えて下さる 
Auf,Seelen,ihr muesset ein Opfer bereiten, 
さあ魂よ、献げ物を用意せよ、
Bezahlet dem Hoechsten mit Danken die Pflicht.
至高者に感謝の義務をはたせ。

3.Rezitztiv T.A.
3.レチタティフ(テノール、アルト)

 (Tenor)Wohl dir,Gott hat an dich gedacht,
(テノール)幸いだ。神はお前を心にとめておられる。 
O Gott geweihtes Eigentum;
おお聖別されて神のものとされた人よ。
Der Heiland lebt und siegt mit Macht
救い主はみ力をもって生きて勝利された、
Zu deinem Heil,zu seinem Ruhm
お前の救いとご自分の名誉のために、
Muss hier der Satan furchtsam zittern
今やサタンは恐れにふるえ
Und sich die Hoelle selbst erschuettern.
地獄の土台すらゆるいでいる。
Es stirbt der Heiland dir zugut
救い主はお前のために死に、
Und faehret vor dich zu der Hoellen,
お前のために地獄に下り、
Sogar vergiesset er sein kostbar Blut,
その尊い血を流して
Dass du in seinem Bluete siegst,
その血によってお前を勝たせて下さった。
Denn dieses kann die Feinde fallen,
その血は敵を倒し、
Und wenn der Streit dir an die Seele dringt,
お前の魂に戦いが迫る時に
Dass du alsdann nicht ueberwunden liegst.
お前が打ち倒されないようにして下さる。 
(Alt)Der Liebe Kraft ist vor mich ein Panier
(アルト)愛の力こそ私の軍旗。
Zum Heldenmut,zur Starke in den Streiten:
戦いの中で勇士の心と力を与えてくれる。
Mir Siegeskronen zu bereiten,
私に勝利の冠をそなえるために、
Nahmst du die Dornenkrone dir,
あなたはいばらの冠をつけて下さった。
Mein Herr,mein Gott,mein auferstandnes Heil,
わが主、わが神、わが甦りの救い主よ 
So hat kein Feind an mir zum Schaden teil.
もはやどんな敵も私にわざわいを与えることはない。 
(Tenor)Die Feinde zwar sind nicht zu zahlen.
(テノール)敵の数は数えきれない。
(Alt)Gott schuetzt die ihm getreuen Seelen.
(アルト)神はご自分に忠実な魂を守って下さる。
(Tenor) Der letzte Feind ist Grab und Tod.
(アルト) 最後の敵は墓と死。
(Alt)Gott macht auch den zum Ende
(アルト)神はこの敵をも滅ぼして
unsrer Not.
私たちの苦難の終わりとされる。

4.Arie A.T.
4.アリア(アルト、テノール)

Wir danken und preisen dein brunstiges Lieben
あなたの燃えるような愛を感謝し讃美しよう。
Und bringen ein Opfer der Lippen vor dich.
唇の歌をみ前に献げ物としよう。
Der Sieger erwecket die freudigen Lieder,
勝利者は喜びの歌を呼び覚まし、
Der Heiland erscheinet und troestet uns wieder
救い主は甦って私たちを慰め、
Und staerket die streitende Kirche durch sich.
戦う教会をみずから強めて下さる。

5.Rezitativ T.A
5.レチタティフ(テノール、アルト)

(Tenor)Doch wuerke selbst den Dank in unserm Munde,
(テノール)なにとぞ私たちの口に感謝を呼び起こしてください。
In dem er allzu irdisch ist;
私の感謝はあまりにこの世的なのです。
Ja schaffe,dass zu keiner Stunde
そうです、どんな時にもあなたと
Dich und dein Werk kein menschlich Herz vergisst;
あなたのみわざを人間の心が忘れないようにして下さい。
Ja,lass in dir das Labsal unsrer Brust
そうです、私たちの胸の慰めと
Und aller Herzen Trost und Lust,
あなたの恵みにすがるすべての心の
Die unter deiner Gnade trauen,
慰めと楽しみを、あなたにあって
Vollkommen und unendlich sein.
完全な永遠のものとして下さい。
Es schliesse seine Hand uns ein,
あなたのみ手が私たちをとらえて、
Dass wir die Wirkung kraeftig schauen,
あなたのみわざを明らかに見させて下さい 
Was uns dein Tod und Sieg erwirbt
あなたの死と勝利が私たちに与えたものを
Und dass man nun nach deinem Auferstehen 
そしてあなたの復活の後には、たとえ
Nicht stirbt,wenn man gleich zeitlich stirbt, 
この世では死んでも死ぬことなく、
Und wir dadurch zu deiner Herrlichkeit eingehen.
あなたの栄光の中に入ることを。
(Alt)Was in uns ist,erhebt dich,grosser Gott, 
(アルト)大いなる神よ、私たちの心の中のすべてはあなたを崇め、
Und preiset deine Huld und Treu;
あなたの恵みと真実を讃美する。  
Dein Auferstehen macht sie wieder neu,
あなたの復活は恵みと真実を新たにした、 
Dein grosser Sieg macht uns von Feinden los 
あなたの大いなる勝利は私たちを
Und bringet uns zum Leben;
敵から解放し命をもたらした。
Drum sei dir Preis und Dank gegeben.
さあ、あなたに讃美と感謝をささげよう。

6,Chor
6.合唱

Erschallet,ihr Himmel,erfreue dich,Erde, 
鳴り響け、天よ、喜べ、地よ、
Lobsinge dem Hoechsten,du glaubende Schar 
至高者を讃えよ、信じる群れよ、
Es schauet und schmecket ein jedes Gemuete 
すべての心は見て味わう、
Des lebenden Heilands unendliche Guete,  
復活の救い主の限りない恵みを。
Er troestet und stellet
主は慰めを与え
als Sieger sich dar. 
勝利者として出現されているのだ。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



Kantate 143番「主を賛美せよ、私の魂よ」(BWV143)
"Lobe den Herrn,meine Seele"(BWV143

1. Chor
1.合唱
≫Lobe den Herrn, meine Seele.≪
「主を賛美せよ、私の魂よ」(詩146;1)

2. Choral
2,コラール
Du Friedefurst, Herr Jesu Christ,
平和の君、主イエス・キリストよ、
wahr’ Mensch und wahrer Gott,
まことの人、まことの神よ、
ein starker Nothelfer du bist
あなたこそ苦難の時の力強き助け主、
im Leben und im Tod;
生においても死においても。
drum wir allein
それ故に私たちは皆、
im Namen dein
ただ、あなたのみ名によって
zu deinem Vater schreien.
あなたの父に叫び求めます。

3. Recitativ
3.レチタティフ
≫Wohl dem, des Hulfe der Gott Jakob ist,
「幸いだ、ヤコブの神が助けである人、
des Hoffnung auf dem Herrn, seinem Gotte, stehet. ≪
主なる自分の神に希望を置く人は」。(詩146;5)

4. Arie
4.アリア
Tausendfaches Ungluck, Schrekken,
数多くの不幸、恐怖、
Trubsal, Angst und schneller Tod,
困窮、不安、せまりくる死、
Volker, die das Land bedekken,
国を覆う異国の民、
Sorgen und sonst noch mehr Not
心労とその他もろもろの苦難を
sehen andre Lander zwar,
たしかに他の国々は目にしているが、
aber wir ein Segensjahr.
私たちは、祝福された年を迎えている。

5. Arie
5.アリア
≫Der Herr ist Konig ewiglich, dein Gott, Zion,
「主はとこしえに王、シオンよ、
fur und fur.≪
代々にあなたの神」(詩146;10)

6.Arie
6.アリア
Jesu, Retter deiner Herde,
イエスよ、あなたの群れの助け主よ、
bleibe ferner unser Hort,
これからも私たちの保護者となって、
das dies Jahr uns glucklich werde,
この年が幸せな年となるように、
halte Wacht an jedem Ort.
どんな場所でも見張りとなってください。
Fuhr, o Jesu, deine Schar
導いて下さい、おおイエスよ、あなたの群れを、
bis zu jenem neuen Jahr.
次の新しい年まで。

7. Chor
7.合唱
≫Halleluja. ≪
「ハレルヤ」(詩146;10)
Gedenk, Herr, jetzund an dein Amt,
心にとめてください、主よ、あなたの職務を、
das du ein Friedfurst bist,
あなたが平和の主であることを。そして
und hilf uns gnadig alle samt
私たちをすべて皆、恵みによって助けてください、
jetzund zu dieser Frist;
今、この時に。
las uns hinfort
私たちに、これから後も、
dein gottlich Wort
あなたの神的な言葉を
im Fried noch langer schallen.
平和のうちにいつまでも鳴り響かせてください。

 バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る




カンタータ第150番"Nach dir,Herr,verlanget mich"

「あなたを、主よ、私は仰ぎ望み」(BWV150)

1.Sinfonia                    1.シンフォニア

2.Chor                      2.合唱
"Nach dir,Herr,verlanget mich.Mein      「あなたを、主よ、私は仰ぎ望み、私の神よ、
Gott,ich hoffe auf dich.Lass mich      私はあなたに望みを置きます。
nicht zuschanden werden,dass         私を恥ずかしめることなく、
sich meine Feinde nicht freuen         私の敵が私を見て喜ぶこのとないように
ueber mich."                    して下 さい」。(詩25;1-2)
                                            
3.Arie(S)                     3.アリア(ソプラノ)
Doch bin und bleibe ich vergnuegt,      それでも私は満ち足りています、
Obgleich hier zeitlich toben          たとえこの世では、十字架、嵐、その他の試練、
Kreuz,Sturm und andre Proben,        死や地獄や思いがけない災難が
Tod,Hoell und was sich fuegt.         日々に荒れ狂っているとしても。
Ob Unfall schlaegt den treuen Knecht,    たとえ災いが忠実なしもべを襲うとしても、
Recht ist und bleibet ewig Recht.       正義は常に正義なのです。
                                             
4.Chor                      4.合唱
"Leite mich in deiner Wahrheit und     「あなたの誠の中で私を導き教えて下さい。 
lehre mich;denn du bist der Gott,      あなた は私を助けて下さる神、
der mir hilft,taeghlich harre ich       私は日々にあなたを待ちこ がれます」。
dein".                               (詩25;5)
                                             
5.Arie(A.T.B.)                   5.アリア・三重唱(アルト、テノール、バス)
Zedern muessen von den Winden       杉の森も風に吹かれて
Oft viel Ungemach empfinden,         しばしば災害を受け、
Oftmals werden sie verkehrt.          時には倒れることもありす。
Rat und Tat auf Gott gestellet,         神に基づく知恵と行いは
Achtet nicht,was widerbellet,          逆らうものにひるむことはありません、
Denn sein Wort ganz anders lehrt.    神の言葉はそれとは違うことを教えているからです。
                                             
6.Chor                       6.合唱
"Meine Augen sehen stets zu dem       「私の目は常に主に注がれています。
Herrn;denn er wird meinen Fuss        主は私の足を 罠から
aus dem Netze ziehen".             引き出して下さるからです」。(詩25;15)
                                             
7.Chor                       7.合唱
Meine Tage in dem Leide            苦難の中の私の日々を
Endet Gott dennoch zur Freude;       神は終わらせて喜びへと至らせて下さいます。
Christen auf den Dornenwegen         いばらの道を歩むキリスト者たちを
Fuehren Himmels Kraft und Segen.      天の力と祝福が導いて下さいます。
Bleibet Gott mein treuer Schutz,        神が私の真実の守り手であるならば、
Achte ich nicht Menschentrutz;         私は人間の抵抗など気にも留めません。
Christus,der uns steht zur Seiten,       キリストは私のそばにいて下さって
Hilft mir taeglich sieghaft streiten.       日々に私を助けて勝利させて下さいます。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第156番 "Ich steh mit einem Fuss im Grabe"(BWV156)

  「私はすでに片足を墓にかけて」(BWV156)

  1.SINFONIA[Ob 1,Str,Bc]           1.シンフォニア
  2.ARIA[T und Choral,S;Str in unisono,Bc]  2.アリア[テノール、コラール]
  Ich steh mit einem Fuss im Grabe,       私はすでに片足を墓にかけています
  Bald fallt der kranke Leib hinein,      衰えたからだもすぐに墓に入るでしょう
  komm,lieber Gott,wenn dirs gefallt,      愛する神よ、み心なら、すぐに来て下さい
  Ich habe schon mein Haus bestellt.      私はすでに家財を整理しました
  Nur lass mein Ende selig sein!       どうぞ私の終わりを安らかなものとして下さい。
 
  [CHORAL]                  [コラール]
   Machs mit mir,Gott,nach deiner Gut,      神よ、あなたの恵みによって私に接し
    Hilf mir in meinen Leiden,          苦難の時に私を助けて下さい
  Was ich dich bitt,versag mir nicht.      私の願いをお聞きください。
   Wenn sich mein Seel soll scheiden,      私の魂が世を去る時
  So nimm sie,Herr,in deine Hande.       あなたのみ手の内に受け入れて下さい。
    Ist alles gut,wenn gut das End.        終わりが良ければすべて良いのです。

  3.Recitativo[B,Bc]             3.レチタティヴォ[バス]
   Mein Angst und Not,              私の不安も苦しみも     
   Mein Leben und mein Tod          私の命も私の死も、心から
   Steht,liebster Gott, in deinen Handen;   愛する神よ、あなたのみ手の中あります。
   So wirst du auch auf mich          ですから、あなたは私に
   Dein gnadig Auge wenden.           恵みの眼差しを向けて下さるでしょう。
   Willst du mich meiner Sunden wegen    もしあなたが私の罪のために
   Ins Krankenbette legen,            私を病床に伏させようとなさるのでしたら
   Mein Gott,so bitt ich dich,           ああ神よ、お願いします
   Lass deine Gute grosser sein        あなたの慈しみを
   Als die Gerechtigkeit;            あなたの正義よりも大きくして下さい。
   Doch hast du mich darzu versehn,     けれども、苦しみが私を滅ぼしつくすことが
   Dass mich mein Leiden soll verzehren   もし、あなたの定めなら
   Ich bin bereit:                  私は従う覚悟です。
   Dein Wille soll an mir geschehn;       あなたのみ心が私の身に実現しますように。
   Verschone nicht und fahre fort,       ためらうことなくみ心をなさって下さい  
   Lass meine Not nicht lange wahren,     ただ、私の苦しみを長引かせないで下さい
   Je langer hier,je spater dort.      この世が長ければ、あの世が遠くなりますから。

  4.ARIA[A,Ob,V,Bc]              4.アリア[アルト]
   Herr,was du willt,soll mir gefallen,      主よ、あなたの定めを喜んで受け入れましょう
   Weil doch dein Rat am besten gilt.    あなたの計画は最善なのですから。
   In der Freude,                喜びの時にも
   In dem Leide,                 悲しみの時にも
   Im Sterben,in Bitten und Flehn      死の時にも、礼拝と祈りの時にも
   Lass mir allemal geschehn,         ただ実現させて下さい
   Herr,wie du willt.               主よ、み心の通りに。

  5.RECITATIVO[B,Bc]              5.レチタティヴォ[バス]
   Und willst du,dass ich nicht soll kranken,  もし私が病気にならないことがみ心なら
   So werde ich dir,von Herzen danken.     主よ、心からあなたに感謝します。
   Doch aber gib mir auch dabei,         ただ、その時にも
   Dass auch in meinem frischen Leibe     私の健康なからだの中で
   Die Seele sonder Krankheit sei        魂が病気にならず
   Und allezeit gesund verbleibe.         いつも健康であるようにして下さい。
   Nimm sie durch Geist und Wort in acht,聖霊とみ言葉によって私の魂を配慮して下さい
   Denn dieses ist mein Heil,           それこそ私の救いなのですから
   und wenn mir Leib und Seel verschmacht,  そして私のからだと魂が衰える時には
   So bist du,Gott,                 神よ、あなたこそ私の慰めであり
      mein Trost und meines Herzens Teil!    私の心に分け与えられる財産なのです。

  6.CHORAL[S,A,T,B,Bc+Instr]         6.コラール[合唱]
   Herr,wie du willt,so schicks mit mir     主よ、み心のままに私の道を備えて下さい
  Im Leben und im Sterben;           生きる時も死ぬ時も。
  Allein zu dir steht mein Begier,       ただあなたに私の憧れは向けられています
  Herr,lass mich nicht verderben!       主よ、私を滅ぼさないで下さい。
  Erhalt mich nur in deiner Huld,     あなたの恩愛の内に私をお守り下さい、もしそれ
   Sonst wie du willt,gib mir Geduld,    がみ心でないなら、私に忍耐力を与えて下さい、
   Dein Will,der ist der beste.        あなたのみ旨こそ最善なのですから。
    
バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第163番"Nur jedem das Seine!"(BWV163) 

  「各自に各自のものを」(BWV163)

  1.Arie(T.)                      1.アリア(テノール)
  Nur jedem das Seine!              各自に各自のものを。
  Muss Obrigkeit haben              支配者は税や貢ぎや
  Zoll,Steuern und Gaben,             供物を取り立てるにきまっている。
  Man weigre sich nicht               負っている義務は
  Der schuldigen Pflicht!              拒まないがよい。
  Doch bleibet das Herze dem Hoechsten alleine. しかし心はただ至高者のものだ。
                                             
  2.Rezitativ(B.)                   2.レチタティフ(バス)
  Du bist,mein Gott,der Geber aller Gaben;  あなたは、私の神よ、すべての賜物の与え手
  Wir haben,was wir haben,            です。私たちは、持っているものをすべて
  Allein von deiner Hand.             ただあなたの手から頂いています。
  Du,du hast uns gegeben             あなたは、まことにあなたは、私たちに与え
  Geist,Seele,Leib und Leben           て下さいました、霊と魂とからだと命、
  Und Hab und Gut und Ehr und Stand!    財産、宝、栄誉と身分を。
  Was sollen wir                   私たちはいったい何を、
  Denn dir                      その感謝のしるしとして
  Zur Dankbarkeit dafur erlegen,         あなたに捧げればよいのでしょう。
  Da unser ganz Vermogen            私たちの能力はすべてあなただけの物で、
  Nur dein und gar nicht unser ist?        私たちのものではないのですから。
  Doch ist noch eins,das dir,Gott wohlgefallt:  しかし、一つだけ神のみ心にかなうものが
  Das Herze soll allein,                あります。この心です。この心を
  Herr,deine Zisenmunze sein.           あなたに納める税金とします。
  Ach! aber ach! ist das nicht schlechtes Geld? ああ、しかし、ああ、それは偽金ではない
  Der Satan hat dein Bild daran verletzet,    でしょうか?サタンがあなたの肖像を削り
  Die falsche Munze ist abgesetzet.        取りました。偽金は捨てられるのです。
                                             
  3.Arie(B.)                      3.アリア(バス)
  Lass mein Herz die Munze sein,         私の心を、あなたに、私のイエスよ、
  Die ich dir,mein Jesu,steure!          あなたに納める貨幣にして下さい。
  Ist sie gleich nicht allzu rein,          もしそれが純金でないとしたら、
  Ach,so komm doch und erneure,        ああ、どうぞ来て、主よ、あなたのもとで美
  Herr,den schonen Glanz bei ihr!        しい輝きをはなつように作り直して下さい。
  Komm,arbeite,schmelz und prage,        来て、加工し、溶かし、鋳直して下さい、
  Dass dein Ebenbild bei mir            あなたの肖像が私のもとで
  Ganz erneuert glanzen moge!          全く新しく輝きをはなつように。
                                             
  4.Arioso(Duett,S.A.)                4.アリオーゾ(ソプラノ、アルト)
  Ich wollte dir,                    私はあなたに、おお神よ、
  O Gott,das Herze gerne geben;         喜んで心を捧げたいと思いました、
  Der Will ist zwar bei mir,             その意志は私にあるのです、
  Doch Fleisch und Blut               しかし肉体と血が
  will immer widerstreben.            いつも私に逆らうのです。
  Dieweil die Welt                   この世は
  Das Herz gefangen halt,              心をとりこにしているので
  So will sie sich den Raub             獲物を
  nicht nehmen lassen;              手放そうとはしません。
  Jedoch ich muss sie hassen,           しかし私は、もしあなたを愛するのなら、
  Wenn ich dich lieben soll.             この世を憎まねばなりません。
  So mache doch mein Herz            ですから、私の心を
  mit deiner Gnade voll;              あなたのみ恵みで満たして下さい。
  Leer es ganz aus von Welt und allein Lusten私の心からこの世とすべての悪徳を除いて、
  Und mache mich zu einem rechten Christen.  私を本当のキリスト者にして下さい。
                                             
  5.Arie(Duett,S.A.)                  5.アリア(ソプラノ、アルト)
  Nimmt mich mir und gib mich dir!    私から私を取り去り、あなたのものとして下さい。
  Nimm mich mir und meinem Willen,     私と私の意志を私から取り去り、
  Deinen Willen zu erfullen;           あなたの意志を私に満たして下さい。
  Gib dich mir mit deiner Gute,         あなたとあなたの賜物を私に与えて、
  Dass mein Herz und mein Gemute       私の心と願いが、いつまでもあなたの中に
  In dir bleibe fur und fur,              とどまるようにして下さい。私から私を
  Nimm mich mir und gib mich dir!        取り去り、あなたのものとして下さい。
                                             
  6.Chor                        6.合唱
  Fuhr auch mein Herz und Sinn      私の心と思いをあなたのものとへ導いて下さい、
  Durch deinen Geist dahin,          あなたの霊によって。
  Dass ich mog alles meiden,          そうすれば、あなたと私を隔てるものを、
  Was mich und dich kann scheiden,      すべて私は避けて、
  Und ich an deinem Leibe            永遠にあなたのからだの一つの肢体となる
  Ein Gliedmass ewig bleibe.            ことができるでしょう。
     (J.ヘールマン作詞のコラール「私はどこに逃れるべきか」,1630の第11節)

 バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第164番"Ihr,die ihr euch von Christo nennet"(BWV64)

  「キリストに属する者と名乗る者たちよ」(BWV164)

  1.Arie(Tenor)                  1.アリア(テノール)
  Ihr,die ihr euch von Christo nennet,     キリストに属する者と名乗る者たちよ、
  Wo bleibet die Barmherzigkeit,        キリストに属する者の目印である           
  Daran man Christi Glieder kennet?     憐れみはどこに残っているのか。
  Sie ist von euch,ach,allzu weit.      お前たちから、それは、あまりに遠く離れている。
  Die Herzen sollten liebreich sein,      心は愛に満ちていなければならないのに、
  So sind sie harter als ein Stein.       石よりも硬くなっている。
                                             
  2.Rezitativ(Bass)                   2.レチタティフ(バス)
  Wir hoeren zwar,was selbst die Liebe spricht: 私たちは愛なる方の言葉を聞いている。
  Die mit Barmherzigkeit den Naechsten hier  憐れみをもって
   umgangen,                        隣り人に接する人は、
  die sollen vor Gericht               審判の日に
  Barmherzigkeit erlangen.            憐れみを得る、と。(マタイ5;7)
  Jedoch,wir achten solches nicht!     それなのに、私たちはそれ心に止めないのだ。
  Wir hoeren noch des Naechsten Seufzer an! 私たちには今も隣人の嘆きが聞こえる。
  Er klopft an unser Herz;doch wird's nicht   彼は私たちの心の扉を叩く、
   aufgetan!                       しかし戸は開かれない。
  Wir sehen zwar sein Haenderingen,      私たちは彼が絶望に手をよじるのを見ている、
  sein Auge,das von Traenen fleusst;      涙にあふれる彼の目を見ている、
  doch lasst das Herz sich nicht zur Liebe   しかし、
   zwingen.                        心は愛へと強制されない。
  Der Priester und Levit,              そばを通り過ぎる
  der hier zur Seite tritt,              祭司とレビ人こそ、愛を失った
  sind ja ein Bild liebloser Christen;        キリスト者たちの姿だ。(ルカ10;31)
  sie tun,als wenn sie nichts von fremdem    彼らは、まるで他人の困窮など
  Elend wussten,                   何も知らないかのようにふるまっている。
  sie giessen weder Oel noch Wein         彼らは、隣人の傷に
  ins Naechsten Wunden ein.            オリヴ油もブドー酒も注がない。
                                             
  3.Arie(Alt)                      3.アリア(アルト)
  Nur durch Lieb und durch Erbarmen       愛と憐れみによつてのみ
  Werden wir Gott selber gleich.          私たちは神ご自身と等しくなる。
  Samaritergleiche Herzen              あのサマリア人に等しい心は、
  Lassen fremden Schmerz sich schmerzen   他人の痛みを自分の痛みとし、
  Und sind an Erbarmung reich.           憐れみに富んでいる。
                                             
  4.Rezitativ(Tenor)                  4.レチタティフ(テノール)
  Ach,schmelze doch durch deinen Liebesstrahl  ああ、あなたの愛の光で
  des kalten Herzens Stahl,              この冷たい心の鋼鉄を溶かして下さい。
  dass ich die wahre Christenliebe,       私が真のキリスト者の愛を、私の救い主よ、
  mein Heiland,taeglich uebe,            日々に実践できるようにして下さい。
  dass meines Naechsten Wehe,          私の隣人の苦しみを、
  er sei auch,wer er ist,               その人がだれであっても、
     Freund oder Feind,              友であれ敵であれ、異教徒であれ
  Heid oder Christ,                   キリスト者であれ、
  mir als mein eignes Leid zu Herzen allzeit    私自身の苦しみとして心に常に感じる
     gehe!                          ことができるようにして下さい。
  Mein Herz sei liebreich,sanft und         私の心が愛に満ち、柔和でやさしい心に
    mild,so wird in mir verklaert         なりますように。そうすれば、私の中で心は
    dein Ebenbild.                   あなたの似姿に変貌するだろう。
                                             
  5.Arie(Duett:Sopran und Bass)          5.アリア(二重唱、ソプラノ、バス)
  Haenden,die sich nicht verschliessen,      閉ざされない手に
  Wird der Himmel aufgetan.            天は開かれる。
  Augen,die mitleidend fliessen,          共に苦しんで涙する目に
  Sieht der Heiland gnaedig an.          救い主は恵みのまなざしを向ける。
  Herzen,die nach Liebe streben,          愛に励む心に
  Will Gott selbst sein Herze geben.        神はご自身の手を差し出される。
                                             
  6.Choral                      6.コラール
  Ertoet uns durch dein Guete,          あなたの慈しみによって私を死なせ、
  Erweck uns durch dein Gnad;         あなたの恵みによって私を甦らせて下さい。
  Den alten Menschen kraenke,          古い人を滅ぼし、
  Dass der neu' leben mag            新しい人として、
  Wohl hier auf dieser Erden,           この地上で
  Den Sinn und all Begehrden          心と願いと思いのすべてを
  Und G'danken hab'n zu dir.          あなたに向けて生きることができますように。
   (E.Creutziger作詞のコラール、1524)

           バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る





カンタータ第181番 "Leichtgesinnte Flattergeister"(BWV181)

「軽薄でいい加減な人たちは」
                                       
1.Arie(B) 1.アリア(バス)
Leichtgesinnte Flattergeister 軽薄でいい加減な人たちは
Rauben sich des Wortes Kraft. み言葉を無力にしてしまう。
Belial mit seinem Kindern   ただでさえ悪魔が
Suchet ohneem zu hindern,  妨害しようとしているのに、
Dass es keinen Nutzen schafft. み言葉を無益にしてしまおうと。
   
2.Rezitativ(A)         2.レチタティフ(アルト)
O unglueckselger Stand verkehrter Seelen, おお、ゆがんだ魂の不幸な姿よ、
So gleichsam an dem Wege sind;     まるで道ばたに落ちた種のようだ。
Und wer will doch des Satans List erzaehlen, だれもサタンの奸計を教えてくれはしない、
Wenn er das Wort dem Herzen raubt,   み言葉を人の心から奪う彼のたくらみを。
Das,am Verstande blind,       人の心は盲目とされ
Den Schaden nicht versteht noch glaubt. 災いを理解もできず信じることもできない。
Es werden Felsenherzen,      心は岩になって、
So boshaft widerstehn,      不遜に逆らい、
Ihr eigen Heil verscherzen      自分の救いを取り逃がし、
Und einst zugrundegehn.      ついには滅びてしまう。
Es wirkt ja Christi letztes Wort,     しかしキリストの最後の言葉は、
Dass Felsen selbst zerspringen;     岩さえ打ち砕いてしまう。
Des Engels Hand bewegt des Grabes Stein,  天使の手は墓の石も動かし、
Ja,Mosis Stub kann dort       モーセの杖は、そこで、
Aus einem Berge Wasser bringen.     山から水を湧き出させる。
Willst du,o Herz,noch haerter sein?     それでも、おお、心よ、
              まだ頑なでいるというのか。
                                       
3.Arie(T)            3.アリア(テノール)
Der schaedlichen Dornen unendliche Zahl, 有害な茨の何と多いことか、
Die sorgen der Wollust,die Schaetze  その茨は、財産をふやしたいという
  zu mehren,         欲望に心を乱し、
Die werden das Feuer der hoellischen Qual 地獄の苦痛の炎を
In Ewigkeit naehren.       永遠に燃やし続ける。
                                       
                                       
4.Rezitativ(S)        4.レチタティフ(ソプラノ)
Von diesen wird die Kraft erstickt,   そのおかげで力を封じられて、
Der edle Same liegt vergebens,    高貴な種はむだに播かれるのだ。、
Wer sich nicht recht im Geiste schickt,  もし精神を正しく整え、
Sein Herz beizeiten       心が、時期にふさわしく、
Zum guten Lande zu bereiten,    良い土地になって、
Dass unser Herz die Suessigkeiten schmecket, 甘い実を味わえるように準備するなら、
So uns dies Wort entdecket,      このみ言葉は、私たちに、この世と
Die Kraefte dieses und des kuenftigen Lebens. 来るべき世の命の力を示してくださるのだ。
                                       
5.Chor           5.合唱
Lass,Hoechster,uns zu allen Zeiten   至高者よ、いつの世にも私たちに、心の慰め
Des Herzens Trost,dein heilig Wort!   であるあなたの聖なるみ言葉を与えて下さい。
Du kannst nach deiner Allmachtshand   あなたは、ただ一人、その全能のみ手で
Allein ein fruchtbar gutes Land    豊かな良い土地を
In unsern Herzen zubereiten.     私たちの心に備えてくださる。

 バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第184番 "Erwuenschtes Freudenlicht"(BWV184)

「待ち望んでいた喜びの光よ」

1.Rezitativ 
レチタティフ

Erwunschtes Freudenlicht, 
待ち望んでいた喜びの光よ、
Das mit dem neuen Bund anbricht 
新しい契約と共に、
Durch Jesum, unsern Hirten! 
私たちの羊飼い、イエスを通して現れた光よ。
Wir, die wir sonst in Todes Talern irrten, 
私たちは、さもなければ死の谷で迷っていたはずなのに、
Empfinden reichlich nun, 
今や、十分に経験しています、
Wie Gott zu uns den langst erwunschten Hirten sendet, 
神が、長く待ち望んでいた羊飼いを私たちに使わしてくださったことを、
Der unsre Seele speist 
その羊飼いは、私たちの魂を養い、
Und unsern Gang durch Wort und Geist 
私たちの歩みを、言葉と霊によって、
Zum rechten Wege wendet.
正しい道に向けて下さるのです。
Wir, sein erwahltes Volk, empfinden seine Kraft; 
あなたに選ばれた民である私たちは、彼の力を味わっています。
In seiner Hand allein ist, was uns Labsal schafft, 
その手の中にだけあります、私たちを元気づけ、
Was unser Herze kraftig starket. 
私たちの心を力強く勇気づけるものが。
Er liebt uns, seine Herde, 
彼は、その群れである私たちを愛しています、
Die seinen Trost und Beistand merket. 
群れは羊飼いの慰めと助けを知っています。
Er ziehet sie vom Eitlen, von der Erde, 
彼は、その群れを空しいものや、この世から引き離して、
Auf ihn zu schauen 
自分の方に目を向けさせ、
Und jederzeit auf seine Huld zu trauen. 
いつも彼の恩愛に依り頼ませてくださいます。
O Hirte, so sich vor die Herde gibt, 
おお、羊飼いよ、群れのために自分を与え、
Der bis ins Grab und bis in Tod sie liebt! 
墓と死に至るまで愛してくださる方よ。
Sein Arm kann denen Feinden wehren, 
その腕は群れの仇をふせぎ、
Sein Sorgen kann uns Schafe geistlich nahren,  
その配慮は羊たちの霊を養い、
Ja, kommt die Zeit, durchs finstre Tal zu gehen,  
まさに時が来て、暗黒の谷を過ぎゆく時も、そのやさしい杖が、
So hilft und trostet uns sein sanfter Stab. 
私たちを慰めてくださる。だから、私たちは
Drum folgen wir mit Freuden bis ins Grab. 
墓に至るまでもあなたに従います。
Auf! Eilt zu ihm, verklart vor ihm zu stehen. 
さあ、彼のもとへと急げ、新しい姿となってみ前に立とう。

2. Aria (Duetto) S A 
アリア(二重唱・ソプラノ、アルト)

Gesegnete Christen, gluckselige Herde, 
祝福されたキリスト者たち、至福の群れよ、
Kommt, stellt euch bei Jesu mit Dankbarkeit ein! 
おいでなさい、イエスのそばに、感謝と共に身を置きなさい。
Verachtet das Locken der schmeichlenden Erde, 
誘惑するこの世の魅惑を軽蔑して、
Dass euer Vergnugen vollkommen kann sein! 
あなたたちの喜びを完全なものにしなさい。

 3. Recitativo T 
.レチタティフ(テノール)

So freuet euch, ihr auserwahlten Seelen! 
だから喜びなさい、選ばれた魂たちよ。
Die Freude grundet sich in Jesu Herz. 
この喜びはイエスの心に基づいているのです。
Dies Labsal kann kein Mensch erzahlen. 
この感謝は、どんな人も語りつくせません。
Die Freude steigt auch unterwarts 
喜びは下の世界にも、
Zu denen, die in Sundenbanden lagen, 
罪の縄目に中にいる人たちにもとどきます。
Die hat der Held aus Juda schon zuschlagen. 
その縄目は、ユダ族の英雄がすでに断ち切り
Ein David steht uns bei. 
ました。ダビデのような人が私たちと共にいます。
Ein Heldenarm macht uns von Feinden frei. 
勇士の腕が敵から私たちを解放してくれます。
Wenn Gott mit Kraft die Herde schutzt, 
神がみ力をもってその群れを守り、
Wenn er im Zorn auf ihre Feinde blitzt, 
怒りをこめて敵に稲妻を走らせ、
Wenn er den bittern Kreuzestod 
苦い十字架の死すら
Vor sie nicht scheuet, 
その群れのためにはいとわないのですから、
So trifft sie ferner keine Not, 
もはや群れは何の苦難にも見舞われず、
So lebet sie in ihrem Gott erfreuet. 
神において喜びの中で生きるでしょう。
Hier schmecket sie die edle Weide 
この世では高貴な牧草を味わい、
Und hoffet dort vollkommne Himmelsfreude. 
かの世では完全な天の喜びを望むのです。

4. Aria T 
アリア(テノール)

Gluck und Segen sind bereit, 
幸福と祝福が用意されています、
Die geweihte Schar zu kronen. 
浄められた群れの冠として。
Jesus bringt die guldne Zeit, 
イエスは黄金の時をもたらしてくださいます、
Welche sich zu ihm gewohnen. 
イエスに親しむ人たちのために。

5. Choral 
コラール

Herr, ich hoff je, du werdest die
主よ、私はいつも望んでいます、
In keiner Not verlassen,
どんな苦難にあっても、あなたはお見捨てにならないことを、
Die dein Wort recht als treue Knecht
み言葉を、忠実なしもべとして、
Im Herzn und Glauben fassen;
心と信仰において正しく守る者たちを。
Gibst ihn' bereit die Seligkeit
あなたは彼らにすでに浄福を与え、
Und lasst sie nicht verderben.
彼らを滅びに至らせることはありません。
O Herr, durch dich bitt ich, lass mich
おお、主よ、あなたによって私は祈ります、
Frohlich und willig sterben.
どうぞ私に喜び進んで死を迎えさせて下さい。

 6. Coro
合唱

Guter Hirte, Trost der Deinen, 
良い羊飼いよ、あなたに属する者たちの慰めよ、
Las uns nur dein heilig Wort! 
私たちに、ただ、あなたの聖なる言葉をください。
Las dein gnadig Antlitz scheinen, 
恵みのみ顔を輝かせ、いつまでも、
Bleibe unser Gott und Hort, 
私たちの神、また宝でいてください。
Der durch allmachtsvolle Hande 
その全能のみ手でもって、
Unsern Gang zum Leben wende! 
私たちの歩みを命へと向けさせてください。





カンタータ199番"Mein Herze schwimmt im Blut"(BWV199)

  「私の心は血の海を泳ぐ」BWV199

  1.Rezitativ                  1.レチタティフ
  Mein Herze schwimmt im Blut,        私の心は血の海を泳ぐ、
  Weil mich der Sunden Brut          罪の子が私の中で孵化して
  In Gottes heilgen Augen           神の聖なる目には私は
  Zum Ungeheuer macht.           怪物のようになっているからです。
  Und mein Gewissen fuhlet Pein,       私の良心は痛みます、
  Weil mir die Sunden nichts         罪は私にとっては
  Als Hollenhenker sein.            地獄の刑吏にほかならないからです。
  Verhasste Lasternacht!           おぞましい悪徳の闇よ、
  Du,du allein                   お前が、お前こそが、
  Hast mich in solche Not gebracht;     私をこのような苦悩に陥れたのです。
  Und du,du boser Adamssamen,        悪徳のアダムの種よ、お前こそが、
  Raubst meiner Seele alle Ruh        私の魂の憩いを奪い
  Und schliessest ihr den Himmel zu!     天国の扉を閉ざしてしまう。
  Ach! unerhorter Schmerz!          ああ、聞いたこともない苦しみよ!
  Mein ausgedorrtes Herz            私の乾いた心を
  Will ferner mehr kein Trost befeuchten,   どんな慰めも潤してはくれない。
  Und ich muss mich vor dem verstecken,   私は身を隠さずにはいられない、
  Vor dem die Engel                天使でさえその前で顔を覆う、
  selbst ihr Angesicht verdecken.       そのお方の前で。
                                                        
  2.Arie und Rezitativ               2.アリアとレチタティフ
  Stumme Seufzer,stille Klagen,        沈黙のうめきよ、秘められた嘆きよ、
  Ihr mogt meine Schmerzen sagen,      私の苦しみを伝えておくれ、
  Weil der Mund geschlossen ist.        私の口は閉ざされているのだから。
  Und ihr nassen Tranenquellen        そしてあふれる涙の泉よ、
  Konnt ein sichres Zeugnis stellen,      お前はたしかな証人になっておくれ、
  Wie mein sundlich Herz gebusst.       私の罪の心がどんなに悔いているかの。
                                             
  Mein Herz ist itzt ein Tranenbrunn,      私の心は今や涙の泉、
  Die Augen heisse Quellen.           私の目は熱い涙のわきあふれる源。
  Ach Gott! wer wird dich            ああ神よ、だれがあなたを満足させることが
  doch zufriedenstellen?             できるでしょうか?
                                             
  3.Rezitztiv                    3.レチタティフ
  Doch Gott muss mir genadig sein,      しかし神は私を憐れんで下さいます。
  Weil ich das Haupt mit Asche,        私が頭に灰をかぶり、
  Das Angesicht mit Tranen wasche,     顔を涙でぬらし、
  Mein Herz in Reu und Leid zerschlage   心は悔いと悲しみにうち砕かれ、
  Und voller Wehmut sage:           嘆きに満ちて叫ぶからです、
  Gott sei mir Sunder gnadig!          神よ、罪人なる私をあわれんで下さい、と。
  Ach ja! sein Herze bricht,           ああまことに神の心は開かれ、
  Und meine Seele spricht:           私の魂はこう告白します、
                                             
  4.Arie                       4.アリア
  Tief gebuckt und voller Reue         深くうなだれ、悔いに満ちて、
  Lieg ich,liebster Gott,vor dir.         愛する神よ、私はみ前にひれ伏します。
  Ich bekenne meine Schuld,          私の罪を告白します。
  Aber habe doch Geduld,            どうぞ忍耐して下さい、
  Habe doch Geduld mit mir!          ああ、私の罪を耐え忍んで下さい。
                                             
  5.Rezitativ                    5.レチタティフ
  Auf diese Schmerzensreu           このような悩みと悔いに
  Fallt mir alsdenn dies Trostwort bei:     突然、この慰めの言葉が降り注いだ、
                                             
  6.Choral                     6.コラール
  Ich,dein betruebtes Kind,            あなたの嘆きの子である私は、
  Werf alle meiene Sund,             私のすべての罪を投げ入れます、
  So viel ihr in mir stecken           私の中につきささって
  Und mich so heftig schrecken,        私をこんなにも脅かす罪を、
  In deine tiefen Wunden,            あなたの深いみ傷の中に投げ入れます。
  Da ich stets Heil gefunden.          そこにこそ、常に私の救いがあるのです。
                                             
  7.Rezitativ                    7.レチタティフ
  Ich lege mich in diese Wunden        このみ傷の中に私は横たわります、
  Als in den rechten Felsenstein;        まことの救いの岩の中にいるように。
  Die sollen meine Ruhstatt sein.        このみ傷を私の憩いの場としましょう。
  In diese will ich mich im Glauben schwingen その中へ信仰の翼で飛び込み、
  Und drauf vergnugt und frohlich singen:   心満たされて喜び歌いましょう、
                                             
  8.Arie                       8.アリア
  Wie freudig ist mein Herz,           ああ、喜びに満ちた私の心よ、
  Da Gott versohnet ist             神は私と和解して下さいました。
  Und mir auf/nach Reu und Leid       私の悔いと悩みをかえりみて下さって、
  Nicht mehr die Seligkeit            救いの道を閉ざさず、
  Noch auch sein Herz verschliesst.      み心を開いて下さったのです。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



第201番"Geschwine,ihr wirbelnden Wind
(Der Streit zwischen Phoebus und Pan)

《急げ、渦巻く風たちよ≫(フェブスとパンの争い)BWV201


1.Chor     1.合唱
  Geschwinde,     「急げ、
  Ihr wirbelnden Winde,    渦巻く風よ、
  Auf einmal zusammen zur Hohle hinein! 一度に、洞穴の中に吹きこめ。
   DaB das Hin-und Widerschallen 吹き返すその音が
   Selbst dem Echo mag gefallen こだまにも心地よく、
   Und den Luften lieblich sein.  そよ風をも楽しませるように」
                                           
2.Rezitativ(Bass1,Bass2,Sopran) 2.レチタティフ(バス1,バス2,ソプラノ)
 B1:Und du bist doch so unverschamt und フェブス「ではお前は、恥知らずにも、
     frei,        勝手に、私の目の前で、
  Mir in das Angesicht zu sagen,  お前の歌が、私の歌よりも
  Dass dein Gesang     ずっとすぐれていると
  Viel herrlicher als meiner sei?  言うのだな」
 B2:Wie kannst du doch so lange fragen? パン「いつまでそんなことを言っておられる
   De r ganze Wald bewundert meinen Klang;  のですか。森は私の歌に感嘆して
   Das Nymphenchor,      いますよ。ニンフの合唱隊は、
   Das mein von mir erfundnes Rohr  私が発明した芦笛の調和した七つの 
   Von sieben wohlgesetzten Stufen  音階を鳴らして、
   Zu tanzen ofters aufgerufen,   いつも踊っていますから、あなたに
   Wird dir von selbsten zugestehn:  すすんで証言するでしょう。
   Pan singt vor allen andern schon.  パン は誰よりも美しく歌う、と」
 B1:Vor Nymphen bist du recht;  フェブス「ニンフたちならそれでよい。
   Allein,die Gotter zu vergnugen,    しかし、神々を喜ばせるには、
   Ist deine F1ote viel zu schlecht.   お前の笛は下手すぎる」
 B2:Sobald mein Ton die Luft erfullt, パン「私の音が空に鳴り渡ると、
   So hupfen die Berge,So tanzet das Wild,  山々は跳ね、けものたちは踊り、
   So mussen sich die Zweige biegen,    木々の枝はたわみ、
   Und unter denen Sternen     星の中には心を奪われて
   Geht ein entztucktes Springen fur:   踊り出すものもいます。
   Die Vogel setzen sich zu mir    小鳥たちは私のそばに座って、
   Und wollen von mir singen lernen.   歌を教えてほしいと言うのですよ」
 S : Ei! hort mir doch den Pan,   モムス「さあ、パンの言葉を聴きましょ
   Den grossen Meistersanger,an!    う。偉大な歌の名人の言うことを」
                                           
3.Arie(Sopran)       3.アリア(ソプラノ)
  Patron,das macht der Wind.   モムス「ご主人さま、それはみんな大ウソ、
   Dass man prahlt und hat kein Geld,  威張るくせに金がなかったり、
   Dass man das fur Wahrheit halt,  自分の目で見たものだけを真実と
   Was nur in die Augen fallt,    思ったり、
   Dass die Toren weise sind,    愚か者が賢こかったり、
   Dass das Glucke selber blind,   幸運が盲目だったりするのは、
   Patron,das macht der Wind.   ご主人様、それはみんな大ウソ」
                                           
4.Rezitativ(Alt,Bass1,Bass2)   4.レチタティフ(アルト,バス1,バス2)
  A:Was braucht ihr euch zu zanken? メルクリウス「どうして議論の必要が
  Ihr weichet doch einander nicht.  あるのですか。
  Nach meinen wenigen Gedanken,  お互いに異論はないでしょう。私の考
  So wahle sich ein jedes einen Mann,  えでは、それぞれが人を選んで、判定
  Der zwischen euch das Urteil spricht;  をさせればよいのです。 
  Lasst sehn,wer fallt euch ein?   さあ、気に入った人を見つけなさい」
 B1:Der Tmolus soll mein Richter sein, フェブス「トモルスに審判を頼もう」
 B2:Und Midas sei auf meiner Seite. パン「ミダスが私の側でしょう」
 A:So tretet her,ihrl ieben Leute, メルクリウス「では、親愛なお二人、
  Hort alles fleissig an      どうぞ前に。そして熱心に聴いて、
  Und merket,wer das Beste kann!  どちらが最高が決めなさい」
                                           
5.Arie(Bass1)        5.アリア(バス1)
  Mit Verlangen      フェブス「あこがれをこめてお前の頬を
  Druck ich deine zarten Wangen,  抱いて、
  Holder,Schoner Hyazinth.    美しいヒヤキントスよ、
   Und dein' Augen kuss ich gerne,   そしてお前の目にキスしよう、
   Weil sie meine Morgensterne   お前の目は私の暁の星、
   Und der Seele Sonne sind.    魂の太陽なのだから」
                                           
6.Rezitativ(Sopran,Bass2)   6.レチタティフ(ソプラノ,バス2)
  S:Pan,rucke deine Kehle nun  モムス「さあパンよ、お前のノドを
  In wohlgestimmte Falten!    良い調子でふるわせよ」 
 B2:Ich will mein Bestes tun  パン「最善をつくして
   Und mich noch herrlicher als  フェブスより上手なことを
  Phoebus halten.     お見せしましょう」
                                           
7.Arie(Bass2)       7.アリア(バス2)
  Zu Tanze,Zu Sprunge,So wackelt das Herz パン「踊れ、跳ねろ、そうすれば心は
   Wenn der Ton zu muhsam klingt     はずむ、もし音が疲れ気味に響いたり、
   Und der Mund gebunden singt,     口を閉じたまま歌ったりしたら、
   So erweckt es keinen Scherz.    ちっとも愉快なことはない」
                                           
8.Rezitativ(Alt,Tenor1)      8.レチタティフ(アルト,テノール1)
  A:Nunmehro Richter her!     メルクリウス「さあ審判者たち、どうぞ」
 T1:Das Urteil fa11t mir gar nicht schwer; トモルス「判定は実に簡単なこと、
   Die Wahrheit wird es selber sagen,    真理はおのずと明らかです。
   Dass Phoebus hier den Preis     フェブスこそ
  davongetragen.        賞の受けてです。
   Pan singet vor dem Wald,      パンは森のために歌い、
   Die Nymphen kann er wohl ergotzen;    ニンフたちを喜ばせるでしょう。
   Jedoch,so schon als Phoebus' Klang    しかし、パンの笛を
      erschallt,          フェブスの響きより美しいとは、
   Ist seine F1ote nicht zu schatzen.    私には評価できません」
                                           
9.Arie(Tenor1)        9.アリア(テノール1)
  Phoebus,deine Melodei     トモルス「フェブスよ、あなたの旋律は
  Hat die Anmut selbst geboren.    優美そのものを生みだしました。
   Aber wer die Kunst versteht,    芸術を解する者はだれでも、
   Wie dein Ton verwundernd geht,    あなたの歌が不思議に鳴り渡るとき、
   Wird dabei aus sich verloren.     われを忘れることでしょう」
                                           
10.Rezitativ(Bass2,Tenor2)     10.レチタティフ(バス2,テノール2)
  B2:Komm,Midas,Sage du nun an,   パン「さあ、ミダスよ、来て、
   Was ich getan!        私のしたことを告げておくれ」
 T2:Ach,Pan! wie hast du mich gestarkt, ミダス「ああ、パンよ、君は私に勇気を
  Dein Lied hat mir so wohl geklungen,   くれた。君の歌は私にはとても快く響き、
   Dass ich es mir auf einmal gleich gemerkt.  一度ですぐに覚えてしまったほどだ。
   Nun geh ich hier im Grunen auf und nieder  今、私は緑の森を行ったり来たりして、
   Und lern es denen Baumen wieder.    木々にそれを教えよう。
   Der Phoebus macht es gar zubunt,   フェブスは少し技巧にすぎたが、
   Allein,dein allerliebster Mund      君の何ともすばらしい口は、軽やかに
   Sang leicht und ungezwungen.     凝りすぎたところもなく歌った」
                                           
11.Arie(Tenor2)       11.アリア(テノール2)
   Pan ist Meister,1asst ihn gehn!   ミダス「パンは名手だ、彼の勝ちだ。
    Phoebus hat das Spiel verloren,    フェブスは敗れた。
    Denn nach meinen beiden Ohren    私のこの二つの耳には
    Singt er unvergleichlich schon.     パンがくらべものなく美しく歌った」
                                           
12.Rezitativ(Sopran,Alt,Tenor1,Bass1,  12.レチタティフ(ソプラノ,アルト,
  Tenor2,Bass2)        テノール1.バス1,テノール2,バス2)
  S:Wie,Midas,bist du toll?      モムス「何とミダス、気はたしかか」
 A:Wer hat dir den Verstand verruckt?  メルクリウス「だれがお前の理性を狂わ
 T1:Das dacht ich wohl,dass du so     せたのか」
     ungeschickt!        トモルス「思った通り、お前は愚かだ」
 B1:Sprich,was ich mit dir machen soll?   フェブス「さて、お前をどうしてやろうか。
  Verkehr ich dich in Raben,       カラスに変えてしまおうか、皮を
   Soll ich dich schinden oder schaben?     剥いでやろうか、むしってやろうか」
 T2:Ach! plaget mich doch nicht so sehre,  ミダス「ああ、そんなに私を非難しない
   Es fiel mir ja          で下さい。
   AIso in mein Gehore.        まったく、耳に響きます」
 B1:Sieh da,        フェブス「見ろ、
  So sollst du Eselsohren haben!      お前にロバの耳をくれてやる」
 A:Das ist der Lohn      メルクリウス「これが
  Der tollen Ehrbegierigkeit.        愚かな自負心のむくいだ」
 B2:Ei! warum hast du diesen Streit  パン「ああ、どうして私はこんな争いを
   Auf leichte Schultern ubernommen?    軽薄に引き受けてしまったのか」
 T2:Wie ist mir die Kommission     ミダス「どうしてこの取引は、私に
   So schlecht bekommen!      こんなに不都合なのか」
                                           
13.Arie(Alt)        13.アリア(アルト)
  Aufgeblasne Hitze,       メルクリウス「やる気はいっぱいでも、
   Aber wenig Grutze        知恵が足りなければ、
  Kriegt die Schellenmutze       とどのつまりは道化の帽子を
   Endlich aufgesetzt.        頭にかぶせられるだけ。
    Wer das Schiffen nicht versteht    航海を理解しない者が
    Und doch an das Ruder geht,     舵をにぎれば、
    Ertrinket mit Schaden und Schanden   しまいには失敗して恥じをかいて
      zuletzt.          溺れるだけ」
                                           
14.Rezitativ(Sopran)       14.レチタティフ(ソプラノ)
  Du guter Midas,geh nun hin     モムス「お人好しのミダスよ、もう行き
  Und lege dich in deinem Walde nieder,     なさい。お前の森で寝てるがよい。
  Doch troste dich in deinem Sinn,     でも、心の中で自分を慰めるがよい、
  Du hast noch mehr dergleichen Bruder.    お前の仲間はたくさんいるのだから。
  Der Unverstand und Unvernunft     無知と非常識が
   Will jetzt der Weisheit Nachbar sein,     知恵の隣人になろうとしている、
  Man urteilt in denTag hinein.,       いい加減に判断する人がたくさんいて、
  Und die so tun,         そういう人たちが
  Gehoren all in deine Zunft.       お前の仲間なのだ。
  Ergreife,Phoebus,nun        フェブスよ、
  Die Leier wieder,         あなたの竪琴をとりなさい、
  Es ist nichts lieblicher als deine Lieder.    あなたの歌ほど心地よいものはない」
                                           
15.Chor         15.合唱
  Labt das Herz,ihr holden Saiten,    「やさしい弦よ、心を楽しませ、
  Stimmet Kunst und Anmut an!     芸術と優美を奏でなさい。
    Lasst euch meistern,1asst euch hohnen,  たとえ悪口を言われようと非難されようと、
    Sind doch euren sussen Tonen     お前の甘い調べは
    Selbst die Gotter zugetan.      神々さえも喜ばせる」
         


カンタータ第204番 "Ich bin vergnuegt" BWV204

  「私は自分に満足している」(BWV204)

  1.Rezitativ(Sopran)            1.レチタティフ(ソプラノ)
  Ich bin in mir vergnuegt,         私は自分に満足している、
  Ein andrer mache Grillen,        心配性の人もいるだろう、
  Er wird doch nicht damit         しかし心配したからといって
  Den Sack noch Magen fuellen.      財布も胃袋も満たされるわけではない。
  Bin ich nicht reich und gross,       私は金持ちでも偉くもないし、
  Nur klein von Herrlichkeit,         名誉もとぼしいが、
  Macht doch Zufriedensein        それでも満ち足りた時が
  In mir erwuenschte Zeit.          私に心の平安を与えてくれる。
  Ich ruhme nichts von mir:          私は自分を誇らない、
  Ein Narr ruehrt seine Schellen;       愚か者は鐘を打ち鳴らすが
  Ich bleibe still vor mich:           私は静かに自分を守る。
  Verzagte Hunde bellen,           臆病な犬は吠えたてるが、
  Ich warte meines Tuns           私は自分の行動に気を配り、
  Und lass auf Rosen gehn,          怠けて暮らしながら
  Die muessig und darbei           それでも大きな幸運に恵まれる者がいても、
  In grossem Gluecke stehn.          気にせず、その人の幸運にまかせよう。
  Was meine Wollust ist,            私の楽しみは、
  Ist,meine Lust zu zwingen;          自分の欲望に打ち勝つこと、
  Ich fuerchte keine Not,            困窮を恐れず、
  Frag nichts nach eitlen Dingen.       空しいものに心を向けない。
  Der gehet nach dem Fall           このような人は堕罪の後で
  In Eden wieder ein               再びエデンの園に入り、
  Und kann in allem Glueck           地上においても幸福のうちに
  Auch irdisch selig sein.             救いにあずかるのだ。
                                             
  2.Arie(Sopran)                 2.アリア(ソプラノ)
  Ruhig und in sich zufrieden          穏やかに自分に満ち足りていることは、
  Ist der groesste Schatz der Welt.       この世で一番の宝。
  Nichts geniesset,der geniesset,        世界のあらゆるものを手にしても、
  Was der Erden Kreis umschliesset,      心がからっぽなら、
  Der ein armes Herz behaelt.         何も持っていないのと同じことだ。
                                             
  3.Rezitativ(Sopran)            3.レチタティフ(ソプラノ)
  Ihr Seelen,die ihr ausser euch        お前たち、自分の外に
  Stets in der Irre laeuft             いつも迷い出て、
  Und vor ein Gut,das schattenreich,     消えゆく影のような財宝と引き替えに
  Den Reichtum des Gemuets verkauft;   心の富みを売り渡す者たちよ、
  Die der Befierden Macht gefangen haelt:  欲望の力に捕らわれている者たちよ、
  Durchsuchet nur die ganze Welt!      地の果てまで探し求めるがよい。お前
  Ihr suchet,was ihr nicht konnt kriegen,   たちは、手にいれることの出来ないものを求め
  Und kriegt ihr's,kann's euch nicht vergnuegen; 手に入れたものはお前たちを
  Vergnuegt es,wird es euch betruegen    満たしてはくれないのだ。
  Und muss zuletzt wie Staub zerfliegen.   満たされたと思っても、それは欺きにすぎず、
  Wer seinen Schatz bei andern hat,      ついには塵のように消え去る。
  Ist einem Kaufmann gleich,           宝を自分の外に持つ者は、
  Aus andrer Gluecke reich.           他人の好運で金持ちになる商人と同じだ。
  Bei dem hat Reichtum wenig statt:      そのような人には豊かさは生まれない、
  Der,wenn er nicht oft Bankerott erlebt,   たとえ破産はしなくても、
  Doch solchen zu erleben in steten Sorgen  いつも破産の心配で
   schwebt.                    心が一杯なのだから。
  Geld,Wollust,Ehr                 金銭、快楽、名誉、
  Sind nicht sehr                  このような物は、
  In dem Besitztum zu betrachten,       財産などといえる物ではない。
  Als tugendhaft sie zu verachten,        それらを無視して徳高く生きることこそ、
  Ist unvergleichlich mehr.            はるかに豊かな財産なのだ。
                                             
  4.Arie(Sopran)                  4.アリア(ソプラノ)
  Die Schatzbarkeit der weiten Erden    広い世界の無数の宝よ、
  Lass meine Seele ruhig sein.         私の魂の平安を乱さないでおくれ。
  Bei dem kehrt stets der Himmel ein,    貧しさの中で豊かであり得る者に、
  Der in der Armut reich kann werden.    天の宝は常に宿るのだ。
                                             
  5.Rezitativ(Sopran)                5.レチタティフ(ソプラノ)
  Schwer ist es zwar,viel Eitles zu besitzen   多くの虚しい宝を持ち、
  Und nicht aus Liebe drauf,die strafbar,zu   しかも間違った愛によって執着しないことは
   erhitzen;                     難しい。
  Doch schwerer ist es noch,            しかし、もっと難しいのは、
  Dass nicht Verdruss und Sorgen Zentnern  憂いや煩いを
   gleicht,                       重荷としないことだ。
  Eh ein Vergnuegen,welches leicht        もしかすると満足は
  Ist zu erlangen.                  手に入れやすいかも知れない、
  Und hoert es auf,                 しかしこの世の美しさと同じく、
  So wie der Welt und ihrer Schoenheit Lauf, それがはかなく過ぎ去った時、
  So folgen Zentner Grillen drauf.        煩いの重荷がやってくるのだ。
  In sich gegangen,                  自分の中に戻り、
  In sich gesucht,                   自分の内に求め、
  Und sonder des Gewissens Brand       良心の呵責もなく、
  Gen Himmel sein Gesicht gewandt,       天に顔を向ける、
  Da ist mein ganz Vergnuegen,           これこそ私のすべての満足。
  Der Himmel wird es fuegen.            天もそれを助けて下さるだろう。
  Die Muscheln oeffnen sich,wenn Strahlen   貝は光に照らされると
   darauf schiessen,                  開き、
  Und zeigen dann in sich die Perlenfrucht:   その中の真珠の結実を示す。
  So suche nur dein Herz dem Himmel      そのようにお前の心を
   aufzuschliessen.                 天に向かって開け、
  So wirst du durch sein goettlich Licht     そうすれば、神の光によって
  Ein Kleinod such empfangen,           お前も宝を受けるだろう。
  Das aller Erden Schaetze nicht         それは全世界の宝も
  Vermoegen zu erlangen.              およぶことのない宝なのだ。
                                             
  6.Arie(Sopran)                  6.アリア(ソプラノ)
  Meine Seele sei vergnuegt,           私の魂よ、満足していなさい、
  Wie es Gott auch immer fuegt.        神のお計らいがどのようなものであっても。
  Dieses Weltmeer zu ergruenden,        世界の大海を究めることは、
  Ist Gefahr und Eitelkeit,             危険で虚しいことだ。
  In sich selber muss man finden         自分の中にこそ
  Perlen der Zufriedenheit.            満足の真珠を見出すべきなのだ。
                                             
  7.Rezitativ(Sopran)                7.レチタティフ
  Ein edler Mensch ist Perlenmuscheln gleich,  高貴な人は真珠貝にも似て、
  In sich am meisten reich,             自分の内面に豊かさを持つ。

  Der nichts fragt nach hohem Stande      高い身分も求めず、
  Und der Welt Ehr mannigfallt;           さまざまなこの世の栄誉も求めない。
  Hab ich gleich kein Gut im Lande,        たとえ地上に私の領地はなくとも、
  Ist doch Gott mein Aufenthalt.          神こそ私の住みか。

  Was hilft's doch,viel Gueter suchen        多くの財産を求め、金銭という
  Und den teuren Kot,das Geld;           汚物を求めても、何の助けになろうか。
  Was ist's,auf sein' Reichtum pochen:       財産を誇ってみても何になろうか。
  Bleibt doch alles in der Welt!           すべてはこの世のものにすぎない。

  Wer will hoch in Luefte fliehen?          虚空にさまよう者はだれか。
  Mein Sinn strebet nicht dahin;          私はそんなことは目指さない。
  Ich will 'nauf im Himmel ziehen,          私は天を目指す、
  Das ist mein Teil und Gewinn.           これこそ私の受くべき賜物。

  Nichtes ist,auf Freunde bauen,         友に頼ることは虚しい、
  Ihrer viel gehn auf ein Lot.           友が多くてもあてにはならない。
  Eh wollt ich den Winden trauen         困窮の時に友に頼るよりは、
  Als auf Freunde in der Not.           まだしも風の方が頼りになるぐらいだ。

  Sollte ich in Wolust leben            もし私が快楽の中に生きて
  Nur zum Dienst der Eitelkeit,          虚栄にのみ仕えるとすれば、
  Musst ich stets in Aengsten schweben    私は常に不安の中にただよい、
  Und mir machen selbsten Leid.        自分を苦しめるだけだ。

  Alles Zeitliche verdirbet,             時間の中にあるものはすべて滅び行き、
  Der Anfang das Ende zeigt;           始まりは終わりを告げ、
  Eines lebt,das andre stirbet,           一人が生まれれば、一人が死ぬ、
  Bald den Untergang erreicht.          やがて滅亡が来るのだ。
                                             
  8.Arie(Sopran)                   8.アリア(ソプラノ)
  Himmlische Vergnuegsamkeit,          天から与えられる満足よ、
  Welches Herz sich dir ergibet,          その満足に自分を委ねる心は
  Lebet allzeit unbetruebet             思い煩いを知らず、
  Und geniesst der gueldnen Zeit,         黄金の時を味わって生きるのだ、
  Himmlische Vergnuegsamkeit.          天から与えられる満足よ。
                                             
  Goettliche Vergnuegsamkeit,          神から与えられる満足よ、
  Du,du machst die Armen reich          お前は貧しい者を豊かにし、
  Und dieselben Fuersten gleich,          王侯に等しいものとする、
  Meine Brust bleibt dir geweiht,          私の胸は永遠にお前の神殿だ、
  Goettliche Vergnuegsakkeit.           神から与えられる満足よ。

                                  バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第207番"Vereinigte Zwietracht der wechselnden Saiten"(BWV207)

  「鳴り交わす弦の調和する競いよ」(BWV207)
                                                   
Gluck (S), Dankbarkeit (A), Fleiss (T), Ehre (B) 幸運(S)、感謝(A)、勤勉(T)、栄誉(B)
                                                   
Marsch 行進曲
                                                   
1. Coro 1.合唱
Vereinigte Zwietracht der wechselnden Saiten, 
  「鳴り交わす弦の調和する競いよ、
Der rollenden Pauken durchdringender Knall!
  轟く太鼓の鳴りわたる響きよ。
  Locket den luesteren Hoerer herbei,
   期待に満たされた聴衆を誘って、
  Saget mit euren frohlockenden Toenen
   お前たちの楽しげな音色と
  Und doppelt vermehretem Schall 
   大いに盛り上がった響きで告げよ、
  Denen mir emsig ergebenen Soehnen,
   私に従順な息子たちに、
  Was hier der Lohn der Tugend sei.
   徳の報いとは何であるのかを」。
                                                   
2. Recitativo T 2.レチタティフ(勤勉)
Wen treibt ein edler Trieb zu dem,was Ehre heiset
  「高貴な衝動によって、栄誉と呼ばれるものを追求する人、
Und wessen lobbegierger Geist
  またその人の栄誉を求める精神が、
Sehnt sich, mit dem zu prangen,
  芸術と悟性と徳によって達成されるものでもって
Was man durch Kunst, Verstand und Tugend kann erlangen,
  自分を飾ることに憧れる人、
Der trete meine Bahn
  そのような人は私の道に、常に新しくされる力で
Beherzt mit stets verneuten Kraeften an!
  勇気づけられて足を踏み入れるがよい。
Was jetzt die junge Hand, der muntre Fues erwirbt,
  今、若い手と元気な足で手に入れるものが、
Macht, dass das alte Haupt in keiner Schmach und banger Not verdirbt.
  やがて老いた時に恥じと不安な困窮で滅びることのないようにしてくれる。
Der Jugend angewandte Safte
  青年期の発揮された生気が
Erhalten denn des Alters matte Kraefte,
  老年期の衰えた力を保持してくれる。
Und die in ihrer besten Zeit,
  そして最盛期に、怠け者の目には
Wie es den Faulen scheint,
  ただひたすら労苦と労働のあいだを
In nichts als lauter Mueh und steter Arbeit schweben,
  さまよっているとしか見えない者こそが、
Die koennen nach erlangtem Ziel, an Ehren satt,
  目的を達成した時には、栄誉を満喫し、誇らしげに
In stolzer Ruhe leben;
  安息の中で生きることができるのだ。
Denn sie erfahren in der Tat,
  なぜなら実際に、彼らは体験しているのだ、
Dass der die Ruhe recht genieeset,
  安息を真に楽しむことができるのは、
Dem sie ein saurer Schweis versueeset.
  その人にとって、辛苦の汗が安息を甘くしてくれるような人だけだということを」。
                                                   
3. Aria T 3.アリア(勤勉)
Zieht euren Fuss nur nicht zuruecke,
  「お前たちの足どりを鈍らせてはならない、
Ihr, die ihr meinen Weg erwaehlt!
  私の道を選ぶ者たちよ。
  Das Gluecke merket eure Schritte,
  幸運はお前たちの歩みに目をとめ、
  Die Ehre zaehlt die sauren Tritte,
  栄誉は辛苦の足取りを数え、
  Damit, dass nach vollbrachter Strasse
  道を歩き通した後には、
  Euch werd in gleichem Uebermasse
  お前たちには、辛苦と同じだけの
  Der Lohn von ihnen zugezahlt.
  あふれるような報いが支払われるのだ」。
                                                   
4. Recitativo B S 4.レチタティフ(B,S=栄誉、幸運)
(Bass) (栄誉)
Dem nur allein
  「この人にだけ
Soll meine Wohnung offen sein,
  私の住まいは開かれている、
Der sich zu deinen Soehnen zaehlet
  それは、あなたの息子に数えられる人、
Und statt der Rosenbahn, die ihm die Wollust zeigt,
  悦楽を指し示すバラの道ではなく、
Sich deinen Dornenweg erwaehlet.
  あなたの茨の小道を選ぶ人。
Mein Lorbeer soll hinfort nur solche Scheitel zieren,
  私の月桂冠が飾られるのは、このような人の頭だけ、
In denen sich ein immerregend Blut,
  それは、たぎる血気と、
Ein unerschrocknes Herz und unverdrossner Mut
  くじけない心とたゆまない勇気が、
Zu aller Arbeit laesst verspueren.
  あらゆる仕事に見て取れる人」。
(Sopran) (幸運)
Auch ich will mich mit meinen Schaetzen
  「私もまた私の宝を携えて、
Bei dem, den du erwaehlst, stets lassen finden.
  あなたが選んだ人のもとにいつも居ることにしよう。
Den will ich mir zu einem angenehmen Ziel
  そのような人を、私の愛の
Von meiner Liebe setzen, 
  望ましい標的にしよう、
Der stets vor sich genung, vor andre nie zu viel
  それは、労苦と勤勉によって手に入れた賜物を、
Von denen sich durch Mueh und Fleiss erworbnen Gaben
  自分には十分だと思い、
Vermeint zu haben.
  他人には多すぎないと思うような人。
Ziert denn die unermuedte Hand
  倦むことのない手を、
Nach meiner Freundin ihr Versprechen
  私の友の約束通り、
Ein ihrer Taten wuerdger Stand,
  その行いにふさわしい身分が飾るとしたら、
So soll sie auch die Frucht des Ueberflusses brechen.
  その手は、また溢れる果実をもつみ取ることになる。
So kann man die, die sich befleissen,
  こうして、勤勉に励む者は、
Des Lorbeers Wuerdige zu heissen,
  月桂冠にふさわしい者と呼ばれ、
Zugleich glueckselig preisen.
  同時に幸福な者とたたえられる」。
                                                   
5. Aria (Duetto) B S 5.アリア(二重唱、B,S=栄誉、幸運)
(Bass) (栄誉)
Den soll mein Lorbeer schuetzend decken,
   「私の月桂冠が守り飾る人は、」
(Sopran)   (幸運)
Der soll die Frucht des Segens schmecken,
   「その人は祝福の果実を味わう定め、」
(beide)  (両者)
Der durch den Fleiss zum Sternen steigt.
  「その人は勤勉によって幸運の星に昇る人」。
(Bass) (栄誉)
Benetzt des Schweisses Tau die Glieder,
  「汗の露がからだを覆うなら、
So faellt er in die Muscheln nieder,
  その汗は貝の中にしたたり落ちて、
Wo er der Ehre Perlen zeugt.
  栄誉の真珠を生み出す」。
(Sopran) (幸運)
Wo die erhitzten Tropfen fliessen,
  「熱いしずくが流れる時、
Da wird ein Strom daraus entspriessen,
  そこからひとすじの川が流れ出し、
Der denen Segensbachen gleicht.
  それは祝福の小川と等しくなる」。
                                                   
Ritornello 間奏
                                                   
6. Recitativo A 6.レチタティフ(A=感謝)
Es ist kein leeres Wort, kein ohne Grund erregtes Hoffen,
  それはむなしい言葉でも根拠のない希望でもない、
Was euch der Fleiss als euren Lohn gezeigt;
  勤勉が君たちに報いとして示したものは。
Obgleich der harte Sinn der Unvergnuegten schweigt,
  たとえ満足することを知らない頑固な心といえども、
Wenn sie nach ihrem Tun ein gleiches Glueck betroffen. 
  彼らの行いによって同じ幸運を手にするなら沈黙するでしょう。
Ja,
  そうです、
Zeiget nur in der Astraea
  勤勉によって開示されるアストレア(正義の女神)の神殿で、
Durch den Fleiss geoeffneten und aufgeschlossnen Tempel,
  君たちは示しなさい、
An einem so beliebt als teuren Lehrer,
  これほど愛される尊い教師に、
Ihr, ihm so sehr getreu als wie verpflicht'ten Hoerer,
  君たち、忠実で恩義を受けた聴衆よ、
Der Welt zufolge ein Exempel, 
  世の習いに従って実例を示しなさい。
An dem der Neid
  その実例を見れば、嫉妬は、
Der Ehre, Glueck und Fleiss vereinten Schluss
  栄誉と幸運と勤勉が一つにされた結末を
Verwundern muss.
  驚嘆するに違いないのです。
Es muesse diese Zeit
  この時を、
Nicht so voruebergehn!
  ただ過ぎ去らせてはなりません、
Lasst durch die Glut der angezuendten Kerzen
  ともされたローソクの熱によって、
Die Flammen eurer ihm ergebnen Herzen
  教師にささげる君たちの心の炎を、
Den Goennern so als wie den Neidern sehn!
  支持者にも羨望者にも、ひろく示しなさい」。
                                                   
7. Aria A 7.アリア(A=感謝)
Aetzet dieses Angedenken
  この記念すべき日を
In den hartsten Marmor ein!
  もっとも堅い大理石に刻め・
  Doch die Zeit verdirbt den Stein.
   しかし時は石をも損なう。
  Lasst vielmehr aus euren Taten
   むしろ君たちの行いによって、
  Eures Lehrers Tun erraten!
   恩師の行いが推測できるようにしなさい。
  Kann man aus den Fruechten lesen,
   もし果実から
  Wie die Wurzel sei gewesen,
   根の様子が読み取れるなら、
  Muss sie unvergaenglich sein.
   その根は不滅に違いないのです」。
                                                   
8. Recitativo T B S A 8.レチタティフ(S,A,T,B=幸運、感謝、勤勉、栄誉)
(Tenor) (勤勉)
Ihr Schlaefrigen, herbei!
  「眠たげな者よ、来なさい。
Erblickt an meinem mir beliebten Kortten, 
  私の愛するコルテを見れば、
                                                   
Wie dass in meinen Worten
  私の言葉に
Kein eitler Wahn verborgen sei
. むなしい妄想など含まれていないことは明らかだ。
Sein annoch zarter Fuss fing kaum zu gehen an,
  彼のまだ柔らかい足がやっと歩みを始めるやいなや、
Sogleich betrat er meine Bahn,
  もうすでに彼は私の道に入り込んだ。
Und, da er nun so zeitig angefangen,
  そんなに早く始めたのだから、
Was Wunder, dass er kann sein Ziel so frueh erlangen!
  何も不思議ではない、こんなに早く目標に到達したことは。
Wie sehr er mich geliebt,
  どんなに彼は私を愛したことか、
Wie eifrig er in meinem Dienst gewesen,
  どんなに彼は私に奉仕したことか、
Laesst die gelehrte Schrift auch andern Laendern lesen.
  学識豊かな彼の書物は他国でも読まれている。
Allein, was such ich ihn zu loben?
  しかし、彼を誉めるために何を私は探しているのか、
Ist der nicht schon genung erhoben,
  すでに十分に彼は高くされているのではないか、
Den der grosmaechtige Monarch, der als August Gelehrte kennet,
  強大な君主、尊厳者として学識者を認めるお方が、
Zu seinen Lehrer nennet.
  彼をその教師と呼んでおられるのだから」。
    (尊厳者=アウグストはザクセン領主の名前)

(Bass) (栄誉)
Ja, ja, ihr edlen Freunde, seht! wie ich mit Kortten bin verbunden.
  「その通り、高貴な友よ、ご覧なさい、どんなに私がコルテと結ばれているか。
Es hat ihm die gewogne Hand
  すでに好意を持った手が、
Schon manchen Kranz gewunden.
  多くの葉冠を彼の頭上に巻いた。
Jetzt soll sein hoehrer Stand
  今や、彼のより高貴な身分は、
Ihm zu dem Lorbeer dienen,
  月桂冠で飾られるのにふさわしい、
Der unter einem maechtgen Schutz wird immerwaehrend gruene
  力強い保護の下で、いつまでも緑を保つ月桂冠で」。

(Sopran) (幸運)
So kann er sich an meinen Schaetzen,
  「こうして彼は私の宝物に加えられるだろう、
Da er durch eure Gunst sich mir in Schoss gebracht,
  あなたたちの愛顧によって私のもとへと導かれたのだから、
Wenn er in stolzer Ruhe lacht,
  引退して誇り高く笑い、
Nach eigner Lust ergoetzen.
  自分の楽しみを味わう時には」。

(Alt) (感謝)
So ist, was ich gehofft, erfuellt,
  「こうして私の望みは満たされた。
Da ein so unverhofftes Glueck,
  思いがけない幸運が、
Mein nie genung gepriesner Kortte,
  どれだけ賞賛しても足らない私のコルテよ、
Der Freunde Wuenschen stillt.
  友人たちの(勤勉等の徳)願いを静めてくれる。
Drum denkt ein jeder auch an seine Pflicht zurueck
  だから、各自は、自分の義務に立ち返り、
Und sucht dir jetzt durch sein Bezeigen
  そのふるまいによってあなたに
Die Fruechte seiner Gunst zu reichen.
  受けた恩顧の果実をさしだそうとしている。
Es stimmt, wer nur ein wahrer Freund will sein,
  真の友でありたいと願う者は皆、
Jetzt mit uns ein.
  さあ、私たちの歌に声を合わせなさい」。
                                                   
9. Coro 9. 合唱
Kortte lebe, Kortte bluehe!
  コルテ万歳、コルテに栄えあれ、
  Den mein Lorbeer unterstuetzt,
   私の月桂冠を授かる人よ(栄誉)、
  Der mir selbst im Schosse sitzt,
  私のふところに座する人よ(幸運)、
  Der durch mich stets hoeher steigt,
   私を通して常により高く昇る人よ(勤勉)
  Der die Herzen zu sich neigt,
   人々の心が彼によせられる人よ(感謝)、
  Muss in ungezaehlten Jahren
   その人は数え切れない年月のあいだ、
  Stets geehrt in Segen stehn 
   いつも祝福の中で尊敬されるに違いない、
  Und zwar wohl der Neider Scharen,
   うらやむ人は大勢いても、
  Aber nicht der Feinde sehn.
   敵になる人はいないだろう」。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



カンタータ第211番 "Schweigt stille,plaudert nicht"(BWV211)

「お静かに、おしゃべりなさらないで」

1.Rezitativ 
レチタティフ

Schweigt stille, plaudert nicht 
お静かに、おしゃべりなさらずに。
Und horet, was itzund geschicht: 
お聞き下さい、何が始まるのか。
Da kommt Herr Schlendrian 
やってきましたのはシュレンドリアン(旧弊
Mit seiner Tochter Liesgen her, 
居士)氏と娘のリースヒェン、
Er brummt ja wie ein Zeidelbar; 
父親は、まるで熊のようにうなっています。
Hort selber, was sie ihm getan! 
何があったのか、どうぞお聞き下さい

 2. Aria B 
アリア(バス)

Hat man nicht mit seinen Kindern 
まったく子どもというものは、
Hunderttausend Hudelei!  
厄介千万なもの。
Was ich immer alle Tage 
毎日、私が、何を
Meiner Tochter Liesgen sage, 
娘のリースヒェンに言って聞かせても、
Gehet ohne Frucht vorbei.
何の実も結びはしない。

3. Recitativo B S 
レチタティフ(バス、ソプラノ)

(B)Du boses Kind, du loses Madchen, 
(父)悪い子、しょうのない娘、
Ach! wenn erlang ich meinen Zweck: 
ああ、いつになったら言うことを聞くのか、
Tu mir den Coffee weg! 
コーヒーをやめなさい。
(S)Herr Vater, seid doch nicht so scharf! 
(娘)お父さん、そんなにカリカリしないで、
Wenn ich des Tages nicht dreimal 
一日に三度、
Mein Schalchen Coffee trinken darf, 
小さなカップでコーヒーを飲まなかったら、
So werd ich ja zu meiner Qual 
私は苦しさのあまり、
Wie ein verdorrtes Ziegenbratchen. 
干からびた山羊の肉のようになってしまうわ。

4. Aria S                                
アリア(ソプラノ)

Ei! wie schmeckt der Coffee suse, 
アイ、何とコーヒーの美味しいこと、
Lieblicher als tausend Kusse,  
千のキスよりうれしく、
Milder als Muskatenwein. 
マスカットワインよりまろやか。
Coffee, Coffee muss ich haben, 
コーヒー、コーヒーはやめられない、
Und wenn jemand mich will laben, 
私の機嫌を取りたい人は、
Ach, so schenkt mir Coffee ein! 
そう、コーヒーをプレゼントして。

5. Recitativo B S 
レチタティフ(バス、ソプラノ)

(B)Wenn du mir nicht den Coffee lasst, 
(父)もしお前がコーヒーをやめないなら、
So sollst du auf kein Hochzeitfest, 
結婚パーティーにも行かせないし、
Auch nicht spazierengehn. 
外の散歩も許さないぞ。
(S)Ach ja! 
(娘)結構よ、
Nur lasset mir den Coffee da! 
コーヒーさえあれば。
(B)Da hab ich nun den kleinen Affen! 
(父)まったく、この子猿娘め、
Ich will dir keinen Fischbeinrock nach itzger Weite schaffen. 
それなら流行の鯨骨でふくらませたスカートも買ってやらないぞ。
(S)Ich kann mich leicht darzu verstehn. 
(娘)はい、はい、よく分かりました。
(B)Du sollst nicht an das Fenster treten 
(父)窓辺に立って、
Und keinen sehn vorubergehn! 
道行く人を眺めるのもだめだ。
(S)Auch dieses; doch seid nur gebeten  
(娘)どうぞお好きなように。
Und lasset mir den Coffee stehn! 
ただ、コーヒーだけは残してね。
(B)Du sollst auch nicht von meiner Hand  
(父)私の手から、
Ein silbern oder goldnes Band 
金や銀のリボンを、お前の帽子の飾りに
Auf deine Haube kriegen! 
買ってもらえるなどと思うなよ。
(S)Ja, ja! nur lasst mir mein Vergnugen! 
(娘)ええ、ええ、私の楽しみさえあれば。
(B)Du loses Liesgen du, 
(父)何としょうのないリースヒェン、
So gibst du mir denn alles zu? 
全部我慢すると言うのだな。

6. Aria B 
アリア(バス)

Madchen, die von harten Sinnen, 
娘、強情な娘、
Sind nicht leichte zu gewinnen. 
これに勝つのは難しい。
Doch trifft man den rechten Ort, 
しかし、つぼをおさえれば、
O! so kommt man glucklich fort. 
そうだ、うまく行くかも知れないぞ。

7. Recitativo B S                          
レチタティフ(バス、ソプラノ)

(B)Nun folge, was dein Vater spricht! 
(父)さあ、父親の言うことを聞きなさい。
(S)In allem, nur den Coffee nicht. 
(娘)はい何でも。コーヒーのこと以外ならね。
(B)Wohlan! so musst du dich bequemen, 
(父)よろしい、それなら、
Auch niemals einen Mann zu nehmen. 
夫が手に入らなくてもかまわないのだね。
(S)Ach ja! Herr Vater, einen Mann! 
(娘)何ですって。夫ですって。
(B)Ich schwore, dass es nicht geschicht. 
(父)私は誓う、絶対にだめだ・
(S)Bis ich den Coffee lassen kann? 
(娘)私がコーヒーをやめない限り?
Nun! Coffee, bleib nur immer liegen! 
それなら決まり、コーヒーはおしまい。
Herr Vater, hort, ich trinke keinen nicht. 
お父さん、聞いて、決して飲まないわ。
(B)So sollst du endlich einen kriegen! 
(父)それでこそ、良い人が手に入るというもの。

8. Aria S                                
アリア(ソプラノ)

Heute noch, 
今日にも、すぐ、
Lieber Vater, tut es doch! 
大好きなお父さん、見つけて来て。
Ach, ein Mann! 
ああ、良い人を。
Wahrlich, dieser steht mir an! 
本当に私にぴったりの人を。
Wenn es sich doch balde fugte, 
すぐにでも、そうなりますように!
Dass ich endlich vor Coffee, 
私がついにコーヒーのかわりに、
Eh ich noch zu Bette geh, 
今晩、ベッドに入る前にでも、
Einen wackern Liebsten kriegte! 
すてきな恋人を手に入れられますように!
                                        
9. Recitativo T                           
レチタティフ(テノール)

Nun geht und sucht der alte Schlendrian, 
そこで老シュレンドリアン氏は出かけて、
Wie er vor seine Tochter Liesgen 
娘のリースヒェンのために、
Bald einen Mann verschaffen kann; 
すぐにも夫を見つけてやろうと探しました。
Doch, Liesgen streuet heimlich aus: 
ところがリースヒェン、
Kein Freier komm mir in das Haus, 
ひそかに言いふらすには、
Er hab es mir denn selbst versprochen 
どんな求婚者も、事前に約束して、
Und ruck es auch der Ehestiftung ein, 
好きな時にいつでもコーヒーを入れることを認めると、
Dass mir erlaubet moge sein, 
結婚誓約書に書かない限り、
Den Coffee, wenn ich will, zu kochen.
私の家にはいれません、とね。

10. Coro (Terzetto) S T B                 
合唱(三重唱、ソプラノ、テノール、バス)

Die Katze lasst das Mausen nicht, 
猫は、ねずみがやめられない、
Die Jungfern bleiben Coffeeschwestern. 
娘たちは、いつでもコーヒー党、
Die Mutter liebt den Coffeebrauch, 
母さんもコーヒー大好きで、
Die Grosmama trank solchen auch, 
おばあちゃんも、やっぱり飲んでいた。
Wer will nun auf die Tochter lastern! 
それなら、だれが娘を叱れよう。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る




カンタータ第212番(農民カンタータ)

Mer hahan en neue Oberkeet(Bquernkantate)   
「私たちに新しい領主さまがおいでだ」
                                        
1.Ouvertuere                             
1.序曲
                                        
2.Arie(Duett:S u. B)                       
2.アリア(二重唱・ソプラノ、テノール)

Mer hahn en neue Oberkeet                 
「私たちに新しい領主さまがおいでだ。
An unsern Kammerherrn.                  
宮廷のお偉い方でいらっしゃる。
Ha giebt uns Bier,das steigt ins Heet,          
ビールのお振る舞だ、頭に効くぞ、
Das ist der klare Kern.                     
それがもちろん肝心のところさ。
Der Pfarr' mag immer buese tun;             
牧師さんはどうせいつでも仏頂面。
Ihr Speelleut,halt euch flink!                 
楽師のみなさん、早いとこお願いだ。
Der Kittel wackelt Mieken schun,             
ミーケのスカートはもう揺れてるぞ、
Das klene luse Ding.                       
これはちょっとしたお楽しみ」。
                                        
3.Rezitativ(B,S)                          
3.レチタティフ(バス、ソプラノ)

B:Nu,Mieke,gib dein Guschel immer her;       
バス「さあミーケ、お前のキスをお呉れ」。
S:Wenn's das alleine waer,                  
ソプラノ「それだけならいいけどね、
 Ich kenn dich schon,du Baerenhaeuter,        
お前のことは分かっているよ、のらくら者、
 Du willst hernach nur immer weiter.          
お前は、いつだってその先がしたいのさ。
 Der neue Herr hat ein sehr scharf Gesicht.     
新しい領主さまは厳しそうなお人だよ」。
B:Ach! unser Herr schilt nicht;               
バス「ああ、ご主人さまは叱ったりしないさ。
 Er weiss so gut als wir,und auch wohl besser,  
私たちと同じか、あるいはもっとよくご存じだ。
 wie schoen ein bisschen Dahlen schmeckt.     
ちょっとしたおふざけの楽しみを」。
                                        
4.Arie(S)                               
4.アリア(ソプラノ)

Ach,es schmeckt doch gar zu gut,             
「ああ、なんて楽しみでしょう、
Wenn ein Paar recht freundlich tut;            
二人で仲良くするなんて。
Ei,da braust es indem Ranzen,               
ほら、もう、お腹の中で騒いでいるわ、
Als wenn eitel Floeh und Wanzen            
まるで蚤と南京虫、
Und ein tolles Wespenheer                  
それに狂ったようなすずめ蜂の群れが、
Miteinander zaenkisch waer.                 
取っ組み合いをしているみたい」。
                                        
5.Rezitativ(B)                            
5.レチタティフ(B)

Der Herr ist gut:Allein der Schoesser,          
「ご主人様は結構。税金取りだけはごめんだ。
Das ist ein Schwefelsmann,                  
あいつは地獄の番人だ。
Der wie ein Blitz ein Neu-Schock strafen kann,  
まるで稲妻のように、すぐに罰金をとりたてる、
Wenn man den Finger kaum ins kalte Wasser steckt.   
俺たちが指先をちょっと川につけただけでさ」。
                                        
6.Arie(B)                               
6.アリア(バス)

Ach,Herr Schoesser,geht nicht gar zu schlimm   
「ああ、税金取りのお役人、あまりあこぎに、
Mit uns armen Bauersleuten um!             
俺たち農民にあたりなさんな。
Schon nur unsrer Haut;                     
俺たちの皮まで剥がさないでおくれ。
Fresst ihr gleich das Kraut                  
葉っぱを食べてしまっても、
Wie die Raupen bis zum kahlen Strunk,        
毛虫が茎だけは残すように、
Habt nur genung!                          
お前もどこかで満足するがいい」。
                                        
7.Rezitativ(S)                            
7.レチタティフ(ソプラノ)

Es bleibt dabei,                           
「何と言っても、
Dass unser Herr der beste sei.                
うちの領主さまは最高だわ、
Er ist nicht besser abzumalen                
絵にも描けない立派さよ、
Und auch mit keinem Hopfensack voll         
袋にいっぱいの銀貨でも
Batzen zu bezahlen.                        
とても買えないぐらいさ」。
                                        
8.Arie(S)                               
8.アリア(ソプラノ)

Unser trefflicher,                          
「うちらのすばらしい
Lieber Kammerherr                        
愛するお殿様は
Ist ein kumpabler Mann,                    
人好きのするお方、
Den niemand tadeln kann.                   
だれも悪口など言う人はいない」。
                                        
9.Rezitativ(B,S)                          
9.レチタティフ(バス、ソプラノ)

B:Er hilft uns allen,alt und jung.              
バス「お殿様は老いも若きも助けてくださる。
 Und dir ins Ohr gesprochen:                
お前に内緒で教えてやるが、
 Ist unser Dorf nicht gut genung             
俺たちの村はうまくやったんだぞ、
 Letzt bei der Werbung durchgekrochen?       
この前の徴兵の時にはな。
S:Ich weiss wohl noch ein besser Spiel,        
ソプラノ「私はもっとすごい賭けを知ってるわ。
 Der Herr gilt bei der Steuer viel.             
税金だって殿様しだいなのよ」。
                                        
10.Arie(S)                               
10.アリア(ソプラノ)

Das ist galant,                            
「こいつはすてきだ、
Es spricht niemand                        
だれも口にはしない、
Von den caducken Schocken.                
払い残した税金のことなど、
Niemand recht ein stummes Wort,            
一言だって言う人がいるものか。
Knauthain und Cospuden dort                
あのクナウトハインとコスプーデン村は
Hat selber Werg am Rocken.                
自業自得というものさ」。
                                        
11.Rezitativ(B)                           
11.レチタティフ(バス)

Und unsre gnaedge Frau                    
「ところで俺たちの奥方様は
Ist nicht ein prinkel stolz.                   
ちっとも威張ったところがないし、
Und ist gleich unsereins ein arm und grobes Holz,           
俺たちみたいな貧乏なでくの坊にも
so redt sie doch mit uns daher,               
声をかけてくださる、
Als wenn sie unsersgleichen waer.            
まるで仲間みたいに。
Sie ist recht fromm,recht wirtlich und genau    
信心深くて、家計もしっかり、つつましく、
Und machte unserm gnaedgen Herrn          
俺たちのお殿様を
Aus einer Fledermaus viel Taler gern.         
文無しから金持ちにさせたものだ」。
                                        
12.Arie(B)                              
13.アリア(バス)

Fuenfzig Taler bares Geld                   
「五十ターレルの現金を
Trockner Weise zu verschmausen,            
酒も飲まずに使い果たすとは、
Ist ein Ding,das harte faellt,                 
とんでもない大事だ。
Wenn sie uns die Haare zausen,              
みんなに髪をむしられても、
Doch was fort ist,bleibt wohl / das ist / fort,    
終わったことは終わったこと、
Kann man doch am andern Ort               
いつかどこかで
Alles doppelt wieder sparen;                 
倍にして貯めるから、
Lasst die fuenfzigTaler fahren!               
この五十ターレルはほっといてくれ」。
                                        
13.Rezitativ(S)                           
13.レチタティフ(ソプラノ)

Im Ernst ein Wort!                        
「ちょっとまじめに聞いておくれ。
Noch eh ich dort                          
飲み屋と
An unsre Schenke                         
ダンスが
Und an den Tanz gedenke,                  
気になる前に、
So sollst du erst der Obrigkeit zu Ehren        
まずは。お殿様の栄誉をたたえて、
Ein neues Liedchen von mir hoeren.           
新曲ひとつ歌うから聞いておくれ」。
                                        
14.Arie(S)                               
14.アリア(ソプラノ)

Klein-Zschocher muesse                    
「クライン・チョッハーの村は、
So zart und suesse                         
やさしく、甘く、
Wie lauter Mandelkerne sein.                
まさにアーモンドの実のよう、
In unsere Gemeine                         
私どもの村に、
Zieh heute ganz alleine                     
今日はただ、
Der Ueberfluss des Segens ein.               
あふれるばかりの祝福がありますように」。
                                        
15.Rezitativ(B)                           
15.レチタティフ(バス)

Das ist zu klug vor dich                    
「これはお前には出来すぎだ、
Und nach der Staedter Weise;                
それも都会風の歌と来た。
Wir Bauern singen nicht so leise.             
俺たち百姓は、そんな上品には歌わない。
Das Stueckchen,hoere nur,                  
まず一つ聞いてみな、
Das schicket sich vor mich!                 
俺にぴったりの歌を」。
                                        
16.Arie(B)                              
16.アリア(バス)

Es nehme zehntausend Dukaten              
「どうぞ一万ドゥカーテン、
Der Kammerherr alle Tag ein!               
毎日稼いでください、お殿様。
Es trink ein gutes Glaeschen Wein,            
なみなみとついだ杯のワイン、
Und lass es ihm bekommen sein!             
グイッとお召しになるがいい」。
                                        
17.Rezitativ(S)                           
17.レチタティフ(ソプラノ)

Das klingt zu liederlich.                    
「これはまた野暮ったい。
Es sind so huebsche Leute da,                
粋なお方たちがおられるのだよ、
Die wuerden ja                           
お前の歌を聞いて、きっと腹を抱えて
Von Herzen drueber lachen;                 
お笑いになるよ。
Nicht anders,als wenn ich                   
まあ、私が昔風の歌を歌っても、
Die alte Weise wollte machen:               
同じことだろうけどね」。
                                        
18.Arie(S)                               
18.アリア(ソプラノ)

Gib,Schoene,                             
「お美しい奥方様、
Viel Soehne                              
たくさんのお子さまに恵まれますように。
Von artger Gestalt,                        
お上品な姿のお子たちを、
Und zieh sie fein alt;                       
立派にお育てなされませ。
Das wuenschet sich Zschocher und            
これこそチョッハー村とクナウトハイン村の
  Knauthain fein bald!   
願いでございます」。
                                        
19.Rezitativ(B)                           
19.レチタティフ(B)

Du hast wohl recht.                        
「お前の言うとおり、
Das Stueckchen klingt zu schlecht;            
あの歌はできが悪すぎた、
Ich muss mich also zwingen,                
ひとつ俺も歌わずばなるまい、
Was Staedtisches zu singnen.                
都会風という歌のやつをな」。
                                        
20.Arie(B)                              
20.アリア(バス)

Dein Wachstum sei feste                    
「あなた様の繁栄が続きますように、
   und lache vor Lust!                   
そして楽しみに満ちて笑ってお過ごしになりますように。
Deines Herzens Trefflichkeit                 
あなた様のお心の立派さが、
Hat dir selbst das Feld bereit',                
あなた様にとっての畑となって、
Auf dem du bluehen musst.                  
そこにみごとな花が咲くことでしょう」。
                                        
21.Rezitativ(S,B)                         
21.レチタティフ(ソテ゜ラノ、バス)

S:Und damit sei es auch genung.             
ソプラノ「これでもう十分よ」。
B:Nun muessen wir wohl einen Sprung        
バス「さて、それではひとっ走り、
 In unsrer Schenke wagen.                  
俺たちの酒場にしけこまずばなるまい」。
S:Das heisst,                             
ソプラノ「そういうこと。
   du willst nur das noch sagen:           
お前の言いたいことはいつもこの通り」。
                                        
22.Arie(S)                               
22.アリア(ソプラノ)

Und dass ihr's alle wisst,                    
「皆さんもご存じの通り、
Es ist nunmehr die Frist                    
今が潮時、
Zu trinken.                               
呑み時よ、
Wer durstig ist,mag winken                  
のどの渇いた人、合図して、
Versagt's die rechte Hand,                   
右手がダメという人は、
So dreht euch unverwandt                   
しっかり取り変えて、
Zur linken!                               
はい、左手で」。
                                        
23.Rezitativ(B,S)                         
23.レチタティフ(ソプラノ、バス)

B:Mein Schatz,erraten!                     
バス「すてきなお前、まさにその通り」。
S:Und weil wir nun                        
ソプラノ「それでは、ここでは、
 Dahier nichts mehr zu tun,                 
もう何もすることはないときた。
 So wollen wir auch Schritt vor Schritt        
そろりそろりと
 In unsre alte Schenke waten.                
皆でなじみの酒場へお出かけとしよう」。
B:Ei! hol mich der und dieser,               
バス「ほいきた、だれでも俺と一緒に来い、
Herr Ludwig und der Steur-Reviser          
 収税官のルトヴィヒの旦那も
Muss heute mit.                           
今日はぜひともご一緒ですぜ」。
                                        
24.Chor(Duett:S u. B)                     
24.合唱(ソプラノ、バス)

Wir gehn nun,wo der Tudelsack              
「さあ行こうよ、トウーデルザックが
In unsrer Schenke Brummt;                  
ブンブン唸る俺たちの酒場へ。
Und rufen dabei froehlich aus:               
喜びの叫びをあげるとしよう、
Es lebe Dieskau und sein Haus,              
ディースカウの旦那とそのご一族万歳、
Ihm sei beschert,                          
神さまが叶えてくださいますように、
Was er begehrt,                           
殿の求めと、
Und was er sich selbst wuenschen mag!        
何でも願いをすべて」。

  *「農民カンタータ」の歌詞はご存じのよ
うに上ザクセンの方言で書かれていて、意味
の分からないところがいくつもあります。英
語訳や他の日本語訳を参照して推測をしてみ
ました。間違いにお気づきの方はご教示下さ
れば幸いです。

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



「マニフィカト」(BWV243a) (ルカ1;47-55) 

"Magnificat" in Es(BWV243a)

l . Chor                         1. 合唱
Magnificat anima mea Dominum.          私の魂は主をあがめます。
                                             
2.Arie (Sopran U)                   2.アリア(S)
Et exsultavit spiritus meus              私の霊は私の救い主なる神を
in Deo salutari meo.                  喜びたたえます。
                                             
A . Choral                      A.コラール
Vom Hirnmel hoch, da komm ich her,      「天のかなたから私は来ました、
lch bring' euch gute neue Maer;          新しい良いしらせを持ってきました。
Der guten Maer bring' ich so viel,         良いしらせはたくさんあります、
Davon ich sing'n und sagen will.          歌と言葉でそれをお伝えしましょう。」
                 (M.Luther作のコラール1535の第1節)
                                             
3.Arie (Sopran I )                  3.アリア(S)
Quia respexit humilitatem ancillae suae;     それは主の下女の低さに目をとめて下さった
ecce enim ex hoc beatam me dicent       からです。ごらんなさい、今から後、私を幸
                              いな女と讃えるでしょう。
                                             
4.Chor                         4.合唱
Omnes generationes.                 すべての人の子たちは。
                                             
5.Arie (Bass)                     5.アリア(B)
Quia fecit mihi magna qui potens est,      主が私に大いなることをなさったからです。
et sanctum nomen eius.              主は力強く、そのみ名は聖です。
                                             
B.Chor                        B.合唱
Freut euch und jubiliert;              喜べ、歓呼せよ、
Zu Bethlehem gefunden wird           ベツレヘムで見つかったのは
Das herzeliebe Jesulein              かわいらしいイェスさま、この方は
Das soll euer Freud und Wonne sein.      あなたたちの喜びと歓喜となる定めです。
                                             
6.Arie (Duett : Alt und Tenor)           6.アリア(二重唱、A,T)
Et misericordia a progenie in progenies     その憐れみは代々に限りなく
timentibus eum.                    主を畏れる人々と共にあります。
                                             
7.Chor                         7. 合唱
Fecit potentiam in brachio suo,          主はみ腕によって力を振るい、
dispersit superbos mente cordis sui.       その心の思いの高ぶる者を打ち散らします。
                                             
C.Chor                        C.合唱
Gloria in excelsis Deo!               「いと高きところには栄光、神にあれ、
et in terra pax hominibus, bona voluntatis!   地には平和、人々には主の喜びがあるように」
                                                    (ルカ2;14)
                                              
8.Arie (Tenor)                    8. アリア(T)
Deposuit potentes de sede            主は権力ある者をその座から引き下ろし、
et exaltavit humiles.                 低い者を高く上げられます。
                                             
9.Arie (Alt)                      9. アリア(A)
Esurientes implevit bonis              飢えた人を良いもので満たし、
et divites dimisit inanes.               富める者を空腹のまま去らせます。
                                             
D.Arie (Duett : Sopran I und Bass)        D.アリア(二重唱、S,B)
Virga Jesse floruit,                 エッサイの株に花が咲き(イザヤ11;1)
Emanuel noster apparuit;             私たちのインマヌエルが現れた。(イザヤ;14)
Induit carnem hominis,               彼は人間の姿となり
Fit puer delectabilis;                 愛らしいみどり子となられた。
Alleluja.                         アレルヤ
   
10.Terzett (Sopran I /Il und Alt)        10.三重唱(S,S,A)
Suscepit Israel puerum suurn          主はその憐れみを忘れず、
recordatus misericordiae suae.         しもべイスラエルを助け起こされる。
                                             
11.Chor                       11.合唱
Sicut locutus est ad Patres nostros,      私たちの先祖に語られた通りに、
Abraham et semini eius in saecula.       アブラハムとその子孫にたいして永遠に。
                                             
12.Chor                       12.合唱
Gloria Patri,                     栄光、父に
gloria Filio,                      栄光、み子に
gloria et Spiritui Sancto!             栄光、聖霊に!
Sicut erat in principio et nunc et semper   初めにあったように、今も、いつも
et in saecula saeculorum.             代々限りなく。
Amen.                         アーメン
                             (翻訳はルターのドイツ語訳に従いました)

バッハのページ目次へ戻る  全体目次へ戻る



<マタイ受難曲>"Matthaeuspassion" BWV244

      (2002.7.7.グリーンウッド・ハーモニー第50回定期演奏会プログラム)

  *聖書は「」に入っています。
  *コラールはゴシック体です。
  *聖書の訳文は日本聖書協会訳ではなくルターのドイツ語訳からの直訳テです。



  "Passion unseres Herrn Jesu Christi        福音書記者マタイによる
  nach dem Evangelisten                  私たちの主イエス・キリストの
  Matthaeus"                    ご受難

  (BWV244)                     (BWV244)

                                             

  Erster Teil 第一部
                                             
  1.Chor                      1.合唱
                            (Sリピエーノ[コラール],合唱と
                            オーケストラT群=以下Tと略:四声合唱,
                           フルートT,U,オボエT,U,弦、通奏低音。
                            合唱とオーケストラU群=以下Uと略:四声
                            合唱,フルートT,U,オボエT,U,弦、通奏低音)
                                             
  Kommt,ihr Tochter,helft mir klagen,    来たれ、娘たちよ、来て私と共に嘆け、
  Sehet - Wen? - den Braeutigam,     見よ、 - 誰を? - あの花婿を、
  Seht ihn - Wie? - als wie ein Lamm!   見よ、彼を - どのような人を - 子羊のような人を。
  O Lamm Gottes,unschuldig           おお、神の子羊、罪なくして
  Am Stamm des Kreuzes geschlachtet,     十字架の上にほふられ、
  Sehet, - Was? - seht die Geduld,       見よ、- 何を? - あの忍耐を、
  Allzeit erfunden geduldig,             どんなに嘲られても、
  Wiewohl du warest verachtet.           ひたすら忍び、
  Seht - Wohin? - auf unsre Schuld;      見よ、 - どこを? - 私たちの罪を。
  All Suend hast du getragen,        すべての罪を担われた。
  Sonst muessten wir verzagen.       さもなくば私たちは望みを失ったであろう
  Sehet ihn aus Lieb und Huld          見よ、愛と恵みのゆえに
  Holz zum Kreuze selber tragen!      みずから十字架を担われた方を。
  Erbarm dich unser,o Jesu!         私たちを憐れんで下さい、おお、イエスよ
  (N.デチウス作詞コラール"O Lamm Gottes,unschuldig"1529,第一節)
                                             
                            <イエスを殺す計略>(マタイ26;1-4)
  2.Rezitativ T,B,                    2.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                       (福音書記者)
  Da Jesus diese Rede                 「そこでイエスはこれらの言葉を
  vollendet hatte,                    すべて語り終えて から、
  sprach er zu seinen Jungern:            弟子たちに言われた」。
  (Jesus)                          (イエス)
  Ihr wisset,dass nach zwien Tagen Ostern wird,   「あなたがたも知ってるとおり、
  und des Menschen Sohn wird ueberantwortet   二日後は過越祭である。人の子は、
  werden ,dass er gekreuziget werde.       引き渡されて十字架につけられるだろう」。
                                             
  3.Chor                 3.合唱(T+U,四声合唱,通奏低音[+器楽コラ・バルテ])
  Herzliebster Jesu,                心から愛しまつるイエスよ、
     was hast du verbrochen,         あなたはどんな罪を犯して、
  Dass man ein solch scharf Urteil       このようなむごい裁きを
     hat gesprochen?              お受けになったのか。
  Was ist die Schuld,in was fuer Missetaten 何の罪をきせられ、どんな悪行を
  Bist du geraten?                 負わせられたのか。
  (J.ヘールマン作詞コラール"Herzliebster Jesu,was hast du verbrochen"1630の第一節)

  4a Rezitativ T.                    4a.レチタティフ(T,通奏低音)
  (Evangelist)                       (福音書記者)
  Da versammleten sich die Hohenpriester und   「そのころ、祭司長、律法学者そして
  Schriftgelehrten und die Aeltesten im Volk in    民の長老たちは、カイファという
  den Palast des Hohenpriesters,der da hiess    大祭司の屋敷に集まり、計略を用いて
  Kaiphas,und hielten Rat,wie sie Jesum mit    イエスを捕らえ、殺そうと相談した。
  Listen griffen und toeteten. Sie sprachen aber:  しかし彼らは言った」。
                                             
  4b Chor                   4b.合唱(T:四声合唱,フルートT,U,オボエT,U,
                               弦,通奏低音=以下「全奏」と略、U:全奏)
  Ja nicht auf das Fest,auf dass nicht ein    「祭になってからはだめだ。
  Aufruhr werde im Volk.                民衆の中に騒ぎが起こる」。            

                                             

                         <ベタニヤで香油を注がれる>(マタイ26;6-13)
  4c Rezitativ T.                 4c.レチタティフ(T,通奏低音)
  (Evangelist)                   (福音書記者)
  Da nun Jesus war zu Bethanien,im Hause   「さて、イエスがベタニアでハンセン病の人
  Simonis des Aussaetzigen,trat zu ihm ein Weib,シモンの家におられたとき、一人の女が、
  die hatte ein Glas mit koestlichem Wasser und  極めて高価な香油の入った石膏の壺を
  goss es auf sein Haupt,da er zu Tische sass.    持って近寄り、食事の席に着いておら
  Da das seine Juenger sahen,wurden sie unwillig   れるイエスの頭に香油を注ぎかけた。
  und sprachen:                   弟子たちはこれを見て、憤慨して言った」。
                                             
  4d Chor                      4d.合唱(T,通奏低音)
  Wozu dienet dieser Unrat? Dieses Wasser haette  「なぜ、こんな無駄使いをするのか。
  moegen teuer verkauft und den Armen gegeben   高く売って、貧しい人々に
  werden.                           施すことができたのに」。
                                             
  4e Rezitativ T.B.                 4e.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                    (福音書記者)
  Da das Jesus merkete,sprach er zu ihnen:   「イエスはこれを知って彼らに言われた」。
  (Jesus)                       (イエス)
  Was bekuemmert ihr das Weib?        「なぜ、この人を困らせるのか。
  Sie hat ein gut Werk an mir getan.       私に良いことをしてくれたのだ。
  Ihr habet allezeit Armen bei euch,    貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、
  mich aber habt ihr nicht allezeit.     私はいつも一緒にいるわけではない。
  Dass sie dies Wasser hat auf meinen   この人は私の体に
  Leib gegossen, hat sie getan,        香油を注いで、
  dass man mich begraben wird.       私を葬る準備をしてくれた。
  Wahrlich,ich sage euch:            まことにあなたたちに告げる。
  Wo dies Evangelium geprediget wird     世界中どこでも、この福音が
  in der ganzen Welt,da wird man auch sagen   宣べ伝えられる所では、
  zu ihrem Gedaechtnis,               この人のしたことも、この人の記念として
  was sie getan hat.                  語り伝えられるだろう」。
                                             
  5.Rezitativ A.                    5.レチタティフ(A,フルートT,U,通奏低音)
  Du lieber Heiland du,               愛しまつる救い主よ、
  Wenn deine Juenger toericht streiten,     あなたの弟子たちは愚かにも言い争って、
  Dass dieses fromme Weib             この敬虔な女性が
  Mit Salben deinen Leib               香油でみからだを
  Zum Grabe will bereiten,              葬りのために準備するのを責めています。
  So lasse mir inzwischen zu,             そのあいだに私にさせて下さい、
  Von meiner Augen Traenenflussen        私の目にあふれる涙の一滴を
  Ein Wasser auf dein Haupt zu giessen!      あなたのみかしらに注ぐことを。
                                             
  6.Arie A.                       6.アリア(A,フルートT,U,通奏低音)
  Buss und Reu                     ざんげと悔いが
  Knirscht das Suendenherz entzwei,        罪の心を引き裂きます。
  Dass die Troepfen meiner Zaehren        私の涙のしずくが、
  Angenehme Spezerei,                心地よい香料となって
  Treuer Jesu,dir gebaren.             あなたに注がれますように、尊いイエスよ。

                                       

                   <ユダ、裏切りを企てる>(マタイ26;14-16)

  7.Rezitativ T.B.                  7.レチタティフ(T,B,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Da ging hin der Zwoelfen einer,         「そのとき、十二人の一人で、
  mit Namen Judas                  イスカリオテのユダという者が、
  Ischarioth,zu den Hohenpriestern         祭司長たちのところへ
  und sprach:                      来て言った」。
  (Judas)                       (ユダ)
  Was sollt ihr mir geben? Ich will ihn euch    「あなたたちは幾ら支払いますか。
  verraten.                       私はあの人を売り渡すつもりです」。
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Und sie boten ihm dreissig Silberlinge.     「そこで、彼らは銀貨三十枚と見積もった。
  Und von dem an suchte er Gelegenheit,   そのときから、ユダはイエスを引き渡そうと、
  dass er ihn verriete.                機会をねらっていた」。
                                             
  8.Arie S.                      8.アリア(S,フルートT,U,弦,通奏低音)
  Blute nur,du liebes Herz!             血を流せ、愛する心よ。
  Ach!ein Kind,das du erzogen,           ああ、お前の育てた子、
  Das an deiner Brust gesogen,          お前の乳房をふくませた子が、
  Droht den Pfleger zu ermorden,         育てた親を殺そうとしている、
  Denn es ist zur Schlange worden.        その子は蛇となってしまった。
                                             
                             <最後の晩餐>(マタイ26;17-29)
  9a Rezitativ T.                   9a.レチタティフ(T,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Aber am ersten Tage der suessen Brot    「さて徐酵祭の第一日に、弟子たちが来て
  traten die Juenger und sprachen zu ihm:    イエスに言った」。
                                             
9b.Chor                       9b.合唱(T:全奏)
  Wo willst du,dass wir dir bereiten,des       「どこに、過越の子羊を食べる用意を
  Osterlamm zu essen?                 いたしましょうか」。
                                             
  9c. Rezitativ,T.B.                  9c.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Er sprach:                      「イエスは言われた」。
  (Jesus)                        (イエス)
  Gehet hin in die Stadt zu einem und    「都のある人のところに行ってこう言いなさい。
  sprecht zu ihm:Der Meister laesst dir    先生が言っています。
  sagen:Meine Zeit ist hier,ich will bei dir   『私の時が近づいた。お宅で弟子たちと一緒に
  die Ostern halten mit meinen Juengern.   過越を守りたい』と」。
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Und die Juenger taten,wie ihnen Jesus  「弟子たちは、イエスに命じられたとおりにして、
  befohlen hatte,und bereiteten das       過越の子羊を準備した。
  Osterlamm. Und am Abend satzte er sich   夕方になると、イエスは十二人と一緒に
  zu Tische mit den Zwoelfen.           食事の席につかれた。一同が食事を
  Und da sie assen,sprach er:           しているとき、イエスは言われた」。
  (Jesus)                       (イエス)
  Wahrlich,ich sage euch:Einer unter      「まことにあなたたちに告げる。あなたがたの
  euch wird mich verraten.             うちの一人が 私を裏切るだろう」。
                                             
  9d Rezitativ T.                   9d.レチタティフ(T,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Und sie wurden sehr betruebt und huben an, 「弟子たちは非常に心を痛めて、
  ein jeglicher unter ihnen,und sagten zu ihm:   代わる代わる言い始めた」。
                                             
  9e Chor                      9e.合唱(T:四声合唱,弦,通奏低音)
  Herr,bin ich's?          タ          「主よ、私のことですか」。
                                             
  10.Chor                      10.合唱(T+U:四声合唱,通奏低音+
                                  弦,オボエT,U)
  Ich bin's,ich sollte buessen,           それは私です、私こそ
  An Haenden und an Fuessen          手足を縛られて
  Gebunden in der Hoell.               地獄で罰せらるべき者です。
  Die Geisseln und die Banden           鞭と縄目、そのほか
  Und was du ausgestande,            あなたが耐え忍ばれたものは、
  Das hat verdienet meine Seel.         みな、私の魂の受くべきものです。
       (P.ゲルハルト作詞コラール"O Welt,sieh hier dein Leben"1647の第5節)

  11. Rezitativ T.BT,U               11.レチタティフ(T,BT,U,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Er antwortete und sprach:             「イエスは答えて言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Der mit der Hand mit mir in die Schussel     「わたしと一緒に手を鉢に浸す者が、
  tauchet,der wird mich verraten. Des        私を裏切る。
  Menschen Sohn gehet zwar dahin,wie von    人の子は、聖書に書いてあるとおりに、
  ihm geschrieben stehet;doch wehe dem      去っていく。だが、
  Menschen,durch welchen des Menschen Sohn  人の子を裏切るその者は不幸だ。
  verraten wird! Es waere ihm besser, dass     生まれなかった方が、
  derselbige Mensch noch nie geboren waere.    その者のためによかった」。
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Da antwortete Judas,der ihn verriet,        「イエスを裏切ったユダが
  und sprach:                        答えて言った」。
   (Judas)                          (ユダ)
  Bin ich's,Rabbi?                     「先生、私のことですか」。
  (Evangelist)                       (福音書記者)
  Er sprach zu ihm:                   「イエスは彼に言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Du sagest's.                      「そう言ったのはあなたです」。
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Da sie aber assen,                  「一同が食事をしているとき、
  nahm Jesus das Brot,                 イエスはパンを取り、
  dankete und brach's und gab's            感謝して、それを裂き、
  den Juengern und sprach:              弟子たちに与えて言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Nehmet,esset,das ist mein Leib.         「取って食べなさい。これは私の体である」。
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Und er nahm den Kelch und dankete,       「また、杯を取り、感謝して、
  gab ihnen den und sprach:              彼らに渡して言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Trinket alle daraus;das ist mein Blut des     「皆、この杯から飲みなさい。
  neuen Testaments,welches vergossen wird     これは、多くの人の罪の赦しのために
  fuer viele zur Vergebung der Suenden.        流される私の契約の血である。
  Ich sage euch: Ich werde von nun an nicht     言っておくが、私の父の国で
  mehr von diesem Gewachs des Weinstocks  あなたがたと共に新たに飲むその日まで、
  trinken bis an den Tag,da ich's neu trinken    今後ぶどうの実から作ったものを
  werde mit euch in meines Vaters Reich.      飲むことは決してあるまい」。
                                             
  12. Rezitativ S.             12.レチタティフ(S,オボエ・ダ・モーレT,U,通奏低音)
  Wiewohl mein Herz in Traenen schwimmt,  たとえ私の心は、イエスが私に別れをお告げ
  Dass Jesus von mir Abschied nimmt,    になるために、涙の中にただようとしても、それ
  So macht mich doch sein Testament erfreut: でも主の契約の言葉は私を喜ばせる。
  Sein Fleisch und Blut,o Kostbarkeit,       主の肉と血を、おお尊い贈り物よ、
  Vermacht er mir in meine Haende.        主は私の手に遺産として残された。
  Wie er es auf der Welt mit denen Seinen    主はこの世でご自分に属する者たちを
  Nicht boese koennen meinen,          憐れんで下さったように、
  so liebt er sie bis an das Ende.        また世の終わりまで彼らを愛して下さるのだ。
                                             

  13.Arie S.                    13.アリア(S,オボエT,U,通奏低音)
  Ich will dir mein Herze schenken,         私の心をあなたに捧げます。
  Senke dich,mein Heil,hinein!           お入り下さい、私の救いよ、心のうちに。
  Ich will mich in dir versenken;          私はあなたのうちにこの身を沈めます。
  Ist dir gleich die Welt zu klein,        この世があなたを宿すには小さすぎるとすれば、
  Ei,so sollst du mir allein             ああ、どうぞ私を、天よりも地よりも、
  Mehr als Welt und Himmel sein.        もっと大きなあなたの宿として下さい。
                                             
                          <ペトロの離反の予告>(マタイ26;30-35)

  14. Rezitativ T.B.                14.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                    (福音書記者)
  Und da sie den Lobgesang gesprochen    「一同は賛美の歌をうたってから、
  hatten,gingen sie hinaus an den Oelberg.    オリーヴ山へ出かけた。そのとき、
  Da sprach Jesus zu ihnen:            イエスは弟子たちに言われた」。
  (Jesus)                      (イエス)
  In dieser Nacht werdet ihr euch alle aergern 「今夜、あなたがたは皆私につまずく。
  an mir. Denn es stehet geschrieben: Ich    『私は羊飼いを打つ。
  werde den Hirten schlagen,und die Schafe   すると、羊の群れは散ってしまう』
  der Herde werden sich zerstreuen. Wenn    と書いてあるからだ。
  ich aber auferstehe,will ich vor euch       しかし、わたしは復活した後、
  hingehen in Galilaeam.               あなたがたより先にガリラヤへ行く}。
                                             
  15.Chor                      15.合唱(T+U:四声合唱,通奏低音
                                   [+器楽コラ・バルテ])
  Erkenne mich,mein Hueter,         私に目をとめて下さい、私の守り主よ、
  Mein Hirte,nimm mich an!          私の牧い主よ、私を受け入れて下さい。
  Von dir,Quell aller Gueter,         すべての良いものの源よ、あなたから
  Ist mir viel Guts getan.           私に多くの賜物が与えられました。
  Dein Mund hat mich gelabet        あなたの口の言葉は
  Mit Milch und suesser Kost,          乳と蜜で私を力づけ、
  Dein Geist hat mich begabet        あなたの霊は私に
  Mit mancher Himmelslust.          天の楽しみを与えて下さいました。
         (P.ゲルハルト作詞コラール"O Haupt voll Blut und Wunden"1656の第5節)

  16. Rezitativ T.BT,U              16.レチタティフ(T,BT,U,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Petrus aber antwortete und sprach zu ihm:  「ペトロは答えて言った」。
  (Petrus)                        (ペトロ)
  Wenn sie auch alle sich an dir aergerten,    「たとえ、みんながあなたにつまずいても、
  so will ich doch mich nimmermehr aergern.    私は決してつまずきません」。
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Jesus sprach zu ihm:               「イエスは言われた」。
  (Jesus)                        (イエス)
  Wahrlich,ich sage dir: In dieser Nacht,      「まことにあなたに告げる。あなたは今夜、
  ehe der Hahn kraehet,wirst du mich       鶏が鳴く前に、三度、
  dreimal verleugnen.                 私のことを知らないと言うだろう」。
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Petrus sprach zu ihm:               「ペトロは言った」。
  (Petrus)                       (ペトロ)
  Und wenn ich mit dir              「たとえ、ご一緒に死なねばならなくなっても、
  sterben muesste,                   あなたのことを知らないなどとは
  so will Ich dich nicht verleugnen.         決して申しません」。  
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Desgleichen sagten auch alle Juenger.     「弟子たちも皆、同じように言った」。
                                             
  17.Chor                        17.合唱(T+U:四声合唱,通奏低音
                                    [+器楽コラ・パルテ])
  Ich will hier bei dir stehen;          私は、ここに、あなたのそばにいます。
  Verachte mich doch nicht!          私をお見捨てにならないで下さい。
  Von dir will ich nicht gehen,          あなたのもとを私は離れません、
  Wenn dir dein Herze bricht.          あなたの心臓が破れる時にも。
  Wenn dein Herz wird erblassen        あなたの心臓が、死の最後の一突きで
  Im letzten Todesstoss,             血を失って青ざめる時、
  Alsdenn will ich dich fassen          私はあなたを抱きしめます、
  In meinen Arm und Schoss.          私の腕の中に、私のふところに。
         (P.ゲルハルト作詞コラール"O Haupt voll Blut und Wunden"1656の第6節)

<ゲッセマネの祈り>(マタイ26;36-46)

  18. Rezitativ T.B.                  18.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Da kam Jesus mit ihnen zu einem Hofe,    「それから、イエスは弟子たちと一緒に
  der hiess Gethsemane,und sprach        ゲッセマネという園に来て
  zu seinen Juengern:                 彼らに言われた」。
  (Jesus)                        (イエス)
  Setzet euch hie,bis dass ich dort hingehe    「私が向こうへ行って祈っている間、
  und bete.                       ここに座っていなさい」。
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Und nahm zu sich Petrum und die zween    「そしてペトロおよびゼベダイの子
  Sohne Zebedai und fing an zu trauern und zu  二人を伴われたが、そのとき、悲しみ、
  zagen.Da sprach Jesus zu ihnen:        気弱になられて、そして、彼らに言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Meine Seele ist betruebt bis an den      「私は死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、
  Tod,bleibet hie und wachet mit mir.        私と共に目を覚ましていなさい」。
                                             
  19. Rezitativ T. und Chor             19.レチタティフ(T:T,縦フルートT,U,
                              オボエ・ダカッチャT,U,通奏低音;
                             U:四声合唱,通奏低音[+器楽コラ・パルテ])
  O Schmerz!                      おお、苦しみよ、
  Hier zittert das gequaelte Herz;          打ちひしがれた主の心がふるえている、
  Wie sinkt es hin,wie bleicht sein Angesicht!    主はくずれ落ち、み顔は青ざめている。
  Was ist die Ursach aller solcher Plagen? このような苦しみはどこから来たのか、
  Der Richter fuehrt ihn vor Gericht.        裁き人は主を法廷につれて行く、
  Da ist kein Trost,kein Helfer nicht.        そこには慰めもなく、助ける者もいない。
  Ach!meine Suenden haben dich geschlagen;ああ、私の罪があなたを打ったのです。
  Er leidet alle Hoellenqualen,            主は地獄の苦しみをすべて身に受け、
  Er soll vor fremden Raub bezahlen.        他人の盗みをつぐなわせられる。
  Ich,ach Herr Jesu,                  私こそ、ああ主イエスよ、
  habe dies verschuldet,               あなたが忍ばれている苦しみは、
  Was du erduldet.                  私こそ負うべきものなのです。           
  Ach,koennte meine Liebe dir,            ああ、私の救い主よ、私の愛が、
  Mein Heil,dein Zittern und dein Zagen       あなたのおののきと嘆きを和らげ、
  Vermindern oder helfen tragen,           お助けできるのだったら、
  Wie gerne blieb ich hier!              喜んで私はその場所にいたことでしょう。
                    (第3曲と同じコラールの第3節)

  20.Arie T.und Chor                 20.アリア(T:T,オボエTソロ,通奏低音;U:
                                 四声合唱,フルートT,U,弦,通奏低音)
  Ich will bei meinem Jesu wachen,         私のイエスのもとで目覚めていよう、
   So schlafen                      (合唱)そうすれば、
    unsre Suenden ein.                   私たちの罪は眠り込むだろう。
  Meinen Tod                      私の死を
  Buesset seine Seelennot;              主の魂の苦しみがあがなって下さり、
  Sein Trauren machet mich voll Freuden.    主の悲しみが私に喜びを満たして下さる。
   Drum muss uns sein verdienstlich Leiden     (合唱)だから、私を救う主の苦しみは
  Recht bitter und doch                  私たちには、まことに苦く、
     suesse sein.                      しかもなお甘いのだ。
                                             
  21. Rezitativ T.B.                   21.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                       (福音書記者)
  Und ging hin ein wenig,fiel nieder auf sein     「少し進んで行って、
  Angesicht und betete und sprach:          うつ伏せになり、祈って言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Mein Vater,ist's moeglich,so gehe dieser   「わが父よ、できることなら、この杯を私から
  Kelch von mir;doch nicht wie ich will,sondern   過ぎ去らせてください。しかし、
  wie du willt.                     私の願いどおりではなく、御心のままに」。
                                             
  22. Rezitativ B.                    22.レチタティフ(B,弦,通奏低音)
  Der Heiland faellt vor seinem Vater nieder;    救い主はみ父の前にひれ伏し、
  Dadurch erhebt er mich und alle        それによって私たちすべての人を高くあげ、
  Von unserm Falle                    私たちの堕落の底から
  Hinauf zu Gottes Gnade wieder.          神の恵みのもとへと引き上げて下さる。
  Er ist bereit,                       主はかたく覚悟して、
  Den Kelch,des Todes Bitterkeit           死の苦い杯を
  Zu trinken,                        飲み干される。
  In welchen Sunden dieser Welt           この世の罪が注ぎこまれ、
  Gegossen sind und haesslich stinken,        悪臭をはなつ、その杯を。
  Weil es dem lieben Gott gefaellt.          それが愛なる神のみ心なのだから。
                                             
  23.Arie B.                       23.アリア(B,ヴァイオリンT+U,通奏低音)
  Gerne will ich mich bequemen,            喜んで私は受け入れよう、
  Kreuz und Becher anzunehmen,          十字架と杯を引き受けることを、
  Trink ich doch dem Heiland nach.          救い主にならって飲み干すことを。
  Denn sein Mund,                     主の口には、
  Der mit Milch und Honig fliesset,           乳と蜜が流れ、
  Hat den Grund                     苦難の根と
  Und des Leidens herbe Schmach          その苦い恥を
  Durch den ersten Trunk versuesset.        最初の一口で甘くして下さった。
                                             
  24. Rezitativ T.B.                  24.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Und er kam zu seinen Jungern und        「それから、弟子たちのところへ戻って
  fand sie schlafend und                ご覧になると、彼らは眠っていたので、
  sprach zu ihnen:                    ペトロに言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Koennet ihr denn nicht eine Stunde mit mir  「あなたがたはこのように、わずか一時も
  wachen? Wachet und betet,dass ihr nicht in   私と共に目を覚ましていられないのか。
  Anfechtung fallet! Der Geist ist willig,aber     誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈って
  das Fleisch ist schwach.               いなさい。心は燃えても、肉体は弱い」。
  (Evangelist)                      (福音書記者)
  Zum andrnmal ging er hin,betete          「更に、二度目に向こうへ行って
  und sprach:                       祈って言われた」。
  (Jesus)                         (イエス)
  Mein Vater,ist's nicht moeglich,dass dieser    「わが父よ、私が飲まないかぎり
  Kelch von mir gehe,ich trinke ihn denn,so      この杯が過ぎ去らないのでしたら、
  geschehe dein Wille.                   あなたの御心が行われますように」。
                                             
  25.Chor               25.合唱(T+U: 四声合唱,通奏低音[+器楽コラ・パルテ])
  Was mein Gott will,das G'scheh allzeit,   わが神のみ心が常に実現しますように。
  Sein Will,der ist der beste,           み心は常に最善で、
  Zu helfen den'n er ist bereit,          助ける用意をしておられます、
  Die an ihn glauben feste.            堅く神を信じる者たちを。
  Er hilft aus Not,der fromme Gott,       正しい神は苦難から助け、
  Und zuechtiget mit Massen.          配慮をもってこらしめられます。
  Wer Gott vertraut,fest auf ihn baut,    神に信頼し、堅く神に土台をすえる者を、
  Den will er nicht verlassen.           神はお見捨てになりません。
               (ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト作詞コラール 
              "Was mein Gott will,das g'scheh allzeit"1547の第1節)

  26. Rezitativ T.BT,BU               26.レチタティフ(T,BT,U,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                        (福音書記者)
  Und er kam und fand sie aber schlafend,und    「再び戻ってご覧になると、弟子たちは
  ihre Augen waren voll Schlafs.Und er liess sie   眠っていた。ひどく眠かったのである。
  und ging abermal hin und betete zum      そこで、彼らを離れ、また向こうへ行って、
  drittenmal und redete dieselbigen Worte.       三度目も同じ言葉で祈られた。
  Da kam er zu seinen Juengern und          それから、弟子たちのところに
  sprach zu ihnen:                     戻って来て言われた」。
  (Jesus)                          (イエス)
  Ach! wollt ihr nun schlafen und ruhen?   「ああ、まだ眠っていたいのか、
  Siehe, die Stunde ist hie,           休んでいたいのか。見よ、時が近づいた。
  dass des Menschen Sohn in         人の子は罪人たちの手に
  der Suender Haende ueberantwortet wird.   引き渡される。  、
  Stehet auf,lasset uns gehen;            立て、行こう、
  siehe, er ist da,der mich verraet.  見よ、私を裏切る者が来た」。

                               <裏切りと逮捕>(マタイ26;47-56)
  (Evangelist)                        (福音書記者)
  Und als er noch redete,siehe,da kam Judas,   「イエスがまだ話しておられると、
  der Zwoelfen einer,und mit ihm eine grosse   見よ、十二人の一人であるユダがきた。
  Schar mit Schwerten und mit Stangen von   祭司長たちや民の長老たちの遣わした
  den Hohenpristern und Aeltesten des Volks.   大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に
  Und der Verraeter hatte ihnen ein Zeichen    きた。裏切者は、前もって合図を決めて
  gegeben und gesagt:"Welchen ich kuessen   『わたしが接吻するのが、その人だ。その
  werde,der ist's,den greifet!." Und alsbald     人を逮捕しろ』と言っていた。そこでユダ
  trat er zu Jesu und sprach:             は、すぐにイエスに近寄って言った」。
  (Judas)                           (ユダ)
  Gegruesset seist du,Rabbi!               「ごきげんよう、先生」
  (Evangelist)                        (福音書記者)
  Und kuessete ihn.                    「そしてイエスに接吻した。
  Jesus aber sprach zu ihm:               イエスは彼に言われた」。
  (Jesus)                          (イエス)
  Mein Freund,warum bist du kommen?        「友よ、あなたはなぜ来たのか」。
  (Evangelist)                        (福音書記者)
  Da traten sie hinzu und legten die Haende an    「すると人々は進みより、
  Jesum und griffen ihn.                  イエスに手をかけて捕らえた」。 
                                             
  27a.Arie(Duett) S.A.und Chor           27a.アリア(二重唱)(T:S,A,フルートT,U,
                                 オボエT,U,弦+チェロ;U: 全奏)
  So ist mein Jesus nun gefangen.            こうして私のイエスは捕らえられた。
  Lasst ihn,haltet,bindet nicht!               (合唱)「放せ、待て、縛るな!」
  Mond und Licht                       月も光も
  Ist vor Schmerzen untergangen,             苦悩のあまり沈んでしまった、
  Weil mein Jesus ist gefangen.              私のイエスが捕らわれたからだ。
  Lasst ihn,haltet,bindet nicht!               (合唱)「放せ、待て、縛るな!」
  Sie fuehren ihn,                       人々はイエスを引いて行く、
  er ist gebunden.                       あの方は縛られている」。
                                             
  27b.Chor                          27b.合唱(T,U:全奏)
  Sind Blitze,sind Donner in Wolken            稲妻よ、雷鳴よ、
  verschwunden?                       雲間に消えてしまったのか?
  Eroeffne den feurigen Abgrund,o Hoelle,        業火の奈落よ、開け、おお、地獄よ、
  Zertrummre,verderbe,verschlinge,zerschelle       打ち砕け、滅ぼせ、飲み込め、
  Mit ploetzlicher Wut                     粉砕せよ、激しい怒りをもって、
  Den falschen Verraeter,das moerdrische Blut!     偽りの裏切り者、あの人殺しを! 
   
  28. Rezitativ T.B.                     28.レチタティフ(T,B,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                         (福音書記者)
  Und siehe,einer                       「すると見よ、
  die mit Jesu waren,                     イエスと一緒にいた者の一人が、
  reckete die Hand aus und schlug des          手を伸ばして、大祭司の手下に
  Hohenpriesters Knecht und hieb ihm ein Ohr ab   斬りつけ、片方の耳を切り落とした。
  Da sprach Jesus zu ihm:                  その時イエスは言われた」。
  (Jesus)                           (イエス)
  Stecke dein Schwert an seinen Ort;denn wer    「お前の剣をもとに戻しなさい。
  das Schwert nimmt,der soll durchs Schwert     剣を取る者は、剣で滅びる。
  umkommen. Oder meinest du,dass ich nicht   それとも、父に願って、十二軍団以上の
  konnte meinen Vater bitten,dass er mir       天使を送って頂くことが、
  zuschickte mehr denn zwo lf Legion Engel?     私にできないとでも思うのか?
  Wie wu rde aber die Schrift erfu llet?       しかしそれでは、聖書はどうして
  Es muss also gehen.                 成就するのか。こうなるほかないのだ」。
  (Evangelist)                        (福音書記者)
  Zu der Stund sprach Jesus zu den Scharen:   「同じ時に、イエスは群衆に言われた」。
  (Jesus)                           (イエス)
  Ihr seid ausgegangen als zu einem           「あなたたちは、まるで人殺しにでも
  Moerder, mit Schwerten und mit Stangen,       向かうように、剣や棒を持って私を
  mich zu fahen;bin ich doch taeglich           捕らえに来たのか。私は毎日、
  bei euch gesessen und habe               神殿であなたたちの中に座って
  gelehret im Tempel,und ihr habt             教えていたのに、
  mich nicht gegriffen.                    あなたたちは私を捕らえなかった。
  Aber das ist alles                      しかし、このすべてのことが
  geschehen,dass erfuellet wurden             起こったのは、預言者たちの
  die Schriften der Propheten.               書が成就するためである」。
  (Evangelist)                         (福音書記者)
  Da verliessen ihn alle Juenger              「すると弟子たちは皆、
  und flohen.                          イエスを見捨てて逃げ去った」。
                                             
  29.Chor                 29.合唱(T+U[+Sリピエーノ]:四声合唱,フルートT,U,
                                オボエ・ダ・モーレT,U,弦,通奏低音)
  O Mensch,bewein dein Suende gross,  おお、人よ、お前の罪が大きいことを泣け。
  Darum Christus seins Vaters Schoss そのためにキリストは父のふところから出て
  Aeussert und kam auf Erden;       地上へと下られたのだ。
  Von einer Jungfrau rein und zart     清くやさしい乙女から
  Fuer uns er hie geboren ward,     われらのためにこの世にお生まれになった。
  Er wollt der Mittler werden.       あの方は仲介者となることを望まれたのだ。
  Den Toten er das Leben gab        死者に命を与え、
  Und legt darbei all Krankheit ab,     すべての病を取り除かれた。
  Bis sich die Zeit herdrange,        われらのために
  Dass er fuer uns geopfert wuerd,     犠牲となられる時が来て、
  Trug unsrer Suenden schwere Buerd  われらの罪の重荷を、十字架に
  Wohl an dem Kreuze lange.        ついていつまでも背負われたのだ。
  (S.ハイデン作詞コラール"O Mensch,bewein' dein' Suende gross"1525の第1節) 
                                             

  Zweiter Teil                             第二部

                                             

                           <最高法院で裁判を受ける>

  30.Arie A.und Chor      30.アリア(T:S,弦,フルートT,オボエ・ダ・モーレT,通奏低音;
                         U:四声合唱,通奏低音[+弦])
  Ach!nun ist mein Jesus hin!           ああ、私のイエスは行ってしまった。
  Wo ist denn dein Freund hingegangen,   (合唱)お前の愛する人はどこへ行ったのか、
  O du Schoenste unter den Weibern?       女たちの中で最も美しい人よ。
  Ist es moeglich,kann ich schauen?       私が見つけることはできるのだろうか
  Wo hat sich dein Freund hingewandt?  (合唱)お前の愛する人はどこに向かったのか。
  Ach!mein Lamm in Tigerklauen,          ああ、虎の爪にかかった私の子羊、
  Ach!wo ist mein Jesus hin?            ああ、私のイエスはどこに行ったのか。
  So wollen wir mit dir ihn suchen.      (合唱)では私たちが、お前と一緒に探そう。
  Ach!was soll ich der Seele sagen,        ああ、私は何と答えたらよいのだろう。
  Wenn sie mich wird aengstlich fragen?     魂が不安げに問うとき、
  Ach!wo ist mein Jesus hin?           「私のイエスはどこに行ってしまったのか」と。
                                             
  31. Rezitativ T.                  31.レチタティフ(T,通奏低音)
  (Evangelist)                     (福音書記者)
  Die aber Jesum gegriffen hatten,fuehrete   「人々はイエスを捕らえると、
  ihn zu dem Hohenpriester Kaiphas,dahin    大祭司カイファのところへつれていった。
  die Schriftgelehrten und Aeltesten sich     そこには、律法学者たちや長老たちが
  versammlet hatten. Petrus aber folgete     集まっていた。ペトロは遠く離れて
  ihm nach von ferne bis in den Palast des    イエスに従い、大祭司の官邸まで行き、
  Hohenpriesters und ging hinein und satzte   中に入って、下役たちと一緒に座って、
  sich bei die Knechte,auf dass er sahe,      事の成り行きを見とどけようとした。
  wo es hinaus wollte. Die Hohenpriester      さて、祭司長、長老たちと最高法員の
  aber und Aeltesten und der ganze Rat     全員は、イエスを死刑にするために、
  suchten falsche Zeugnis wider Jesum,auf   イエスに対する偽の証言を探したが、
  dass sie ihn toeteten,und funden keines.    何も見つからなかった」。
          
  32.Chor               32.合唱(T+U:四声合唱,通奏低音[+器楽コラ・パルテ])
  Mir hat die Welt trueglich gericht'     この世はわたしを欺き、
  Mit Luegen und mit falschem G'dicht,   虚偽と偽りの飾り言葉によって
  Viel Netz und heimlich Stricke.       多くの網とひそかな罠を仕掛けた。主よ、
  Herr,nimm mein wahr in dieser G'fahr,   この危機にあって、わたしに目をとめ、
  B'huet mich fuer falschen Tuecken!     いつわりの策謀から私をお守り下さい。
           (A.ロイスナー作詞コラール"In dich hab ich gehoffet"1533の第5節)

  33. Rezitativ TT,A.TU,B        33.レチタティフ(T:T,B,通奏低音;U:A,T,通奏低音)
  (Evangelist)                    (福音書記者)
  Und wiewohl viel falsche Zeugen       「偽証人は何人も現れたが、
  herzutraten,funden sie doch keins.      証拠は得られなかった。
  Zuletzt traten herzu zween falsche      最後に二人の偽証人が
  Zeugen und sprachen:              出てきて言った」。
  (Zeugen)                     (証人)
  Er hat gesagt: Ich kann den          「この男は言った。
  Tempel Gottes abbrechen und        『私は神の神殿をうち壊し、
  in dreien Tagen denselben bauen.      三日で建て直すことができる』と」。
  (Evangelist)                   (福音書記者)
  Und der Hohepriester stund auf       「そこで大祭司は立ち上がって
  und sprach zu ihm:                イエスに言った」。
  (Hohepriester)                  (大祭司)
  Antwortest du nichts zu dem,        「何も答えないのか。この者たちがお前に
  das diese wider dich zeugen?         不利な証言をしているのに」。
  (Evangelist)                   (福音書記者)
  Aber Jesus schwieg stille.           「しかしイエスは黙っておられた」。
                                             
  34. Rezitativ T.         34.レチタティフ(T,オボエT,U,ヴィオラ・ダ・ガンバ,通奏低音)
  Mein Jesus schweigt              私のイエスはうそ偽りに対して
  Zu falschen Luegen stille,           黙しておられる。
  Um uns damit zu zeigen,            それによって私たちに示しておられるのだ、
  Dass sein Erbarmens voller Wille       ご自分が心からの憐れみのゆえに、
  Vor uns zum Leiden sei geneigt,       私たちに代わって苦難を受けようと
  Und dass wir in dergleichen Pein       しておられることを、そして私たちも
  Ihm sollen aehnlich sein            同じ苦しみの中で主に見倣い、
  Und in Verfolgung stille schweigen.      迫害の中で沈黙すべきであることを」。
                                             
  35.Arie T.                     35.アリア(T,ヴィオラ・ダ・ガンバ,通奏低音)
  Geduld!                       「耐えよ、
  Wenn mich falsche Zungen stechen.      偽りの舌が私を刺すとしても、
  Leid ich wider meine Schuld           たとえ私が無実なのに
  Schimpf und Spott,                 侮辱と嘲笑に苦しむとしても。
  Ei,so mag der liebe Gott              ああ、きっと愛なる神が
  Meines Herzens Unschuld rachen.        私の心の無実をはらして下さるだろう」。
                                             
  36a. Rezitativ T.BT,BU            36a.レチタティフ(T,BT,U,弦,通奏低音)
  (Evangelist)                    (福音書記者)
  Un der Hohepriester antwortete und     「そこで大祭司は
  sprach zu ihm:                    答えて言った」。
  (Hohepriester)                   (大祭司)
  Ich beschwoere dich bei dem lebendigen   「生ける神に誓って我々に答えよ。
  Gott,dass du uns sagest,ob du seiest      お前は神の子、
  Christus,der Sohn Gottes?            キリストなのか」。