第2次世界大戦

○大戦の勃発
 1938 ドイツがオーストリアを併合
    →イギリス首相チェンバレンはナチスに対して宥和政策
    →英・独・仏・伊の首脳でミュンヘン会談を開き、ドイツの領有を認める
 1939 ドイツがチェコスロバキアを解体
    イギリスは宥和政策を捨てて、ソ連に近づくが条件があわない。
    →スターリンヒトラー独ソ不可侵条約
    →ドイツがポーランドに進撃…第二次世界大戦のはじまり

    →フランスはすぐに降伏→北部をドイツが占領、南部にヴィシー政府
    →ド=ゴールがロンドンに亡命政府をつくり、フランス国内にもレジスタンス運動

     イギリスではチャーチルに変わりチェンバレンが首相になる
    →ドイツ軍の上陸をはばみ戦争は長期化

      イタリアがドイツ側に参戦
    →バルカン半島の利害関係でソ連とドイツの関係が悪化
    →独ソ戦争
    →ソ連は英米と近づくためにコミンテルンを解散

○太平洋戦争
    日中戦争の長期化
    →危機打開のために日本は南方進出
1940 日独伊三国軍事協定
1941 日ソ中立条約
    →アメリカ・イギリス・中国・オランダがA・B・C・Dラインを形成して対抗
    日米の話し合いも行き詰まり、日本が真珠湾を奇襲太平洋戦争
    →日本は「大東亜共栄圏」をとなえ、占領下のフィリピン・インドネシア・ビルマに親日政権
    →現地の歴史・文化を無視し、残虐行為をくりかえす→住民の反感

1942 ミッドウェー海戦で日本が大敗

○連合国の勝利
1943 アメリカがソロモン諸島を占領
    ソ連はスターリングラードでドイツ軍を撃破
    連合軍がシチリア島を占領
    →イタリア国王は首相ムッソリーニを解任しファシスト党を解散
    →イタリア新政府が無条件降伏
  
    カイロ宣言ルーズベルト・チャーチル・蒋介石が対日処理方針)
    テヘラン会談(ルーズベルト・チャーチル・スターリンが連合国のフランス上陸作戦や
             ソ連の対日参戦について協議)
1944 アイゼンハウアー指揮下の連合軍が北フランスのノルマンディーに上陸
    →以降はドイツ軍の総崩れでベルリンも陥落し、7月にドイツは無条件降伏

1945 ヤルタ協定(ルーズベルト・チャーチル・スターリンが対独処理、ソ連の対日参戦を協議)
    アメリカ軍が沖縄に上陸)
    →ポツダム宣言(トルーマン、チャーチル、スターリンがドイツ処理と日本の降伏について))
    →広島・長崎に原爆
    →ソ連は日ソ中立条約を無視し日本に宣戦
    →日本はポツダム宣言を受諾