通常の植物オイルとは異なり、「時間経っても、酸化・劣化がおきにくい」というメリットが。

弊社のエステル油は、通常の植物オイルと比べ、「酸化・劣化がおきにくく、酸敗臭も出にくい」という特性があることから、50年もの間、多くの皆様にご支持頂いております。


安心

【時間の掛かる、無触媒製法を採用している理由】:

オイルは、植物から脂肪酸を取り出し反応させたエステル油の方が安定性が高まるため、化粧品に多く使用されております。

通常エステル油を製造する際は、金属触媒を使用し短時間で製造しますが、この製法ですとオイル中に微量の金属触媒、有機溶媒、あるいは水等が残留しこれらを完全に除去する事が困難です。

この「微量に残留したもの」が、安定性を悪くし、加水分解を促進し皮膚刺激の原因につながるおそれがあります。


以上を踏まえ、弊社では消費者様のことを第一に考え、植物の素原料からこだわると共に、皮膚に良くない触媒類は一切使用しない独自の無触媒製法を用いることで、製品の製造にあたっております。

【当社の「無触媒製法エステル」を用いることで、得られるメリット】:

・経時安定が良好な為、乳化物やマッサージオイル等に使用頂いても、酸化・劣化が起きにくい。

・酸化・劣化が起きにくいため、匂いの発生も起こりにくい。

・使用感の異なる、様々なエステル油が用意されているので、目的、用途に合わせ選びやすい。

・50年の実績があり、安心してご使用頂けます。


 各製品の詳細は、こちらよりご覧いただけます。 :【個別資料もダウンロード頂けます。】



弊社は、市場のニーズにあった原料を各化粧品メーカー様に迅速にご提案させて頂いております。今後も市場のトレンドになる素材開発を目標に展開していきます。

また、海外の輸入原料も数多く取り揃えておりますので、まずは、お気軽にご相談くださいませ。

このページのトップへ