本文へスキップ

労基旬報は労務管理の専門紙です。

L. rouki@yahoo.co.jp

東京都新宿区下落合

労務管理の専門紙です。

労務管理に特化したテーマに合わせて読者のみなさまの質問、記者による最新の労働行政の取材、メンタルヘルス、労働行政、労務管理、賃金管理等の専門家に執筆いただき、実務に役立つ紙面を心がけておりす。優良企業事例、コラム、第一線で働く人を取材するとともに、法改正に対応した就業規則例を掲載。読めて、役立つ労務管理の専門紙です。

1月15日号

  • 1面 最新ニュース

  • 6・7面 福利厚生の現状 経団連の調査から 

  • 4面 心と体の心理学  深沢孝之先生

      「生涯発達論」の観点からは、人の心は身体と同様変化し続け、取り組むべき課題が次々に現れ、その結果成長していく。今回はその最後の段階、成人期後期、いわゆる老年期の約20年間を考える。

     

相談室 労災で入院したことのある労働者が復帰して数年が経過したが、入院前の業務が遂行できない/ 妊娠した女性が労基法に規定する軽易な業務を求めたが、妊娠の期間はいつまでか。

バナースペース

労基旬報

〒161−0033
東京都新宿区下落合

MALE rouki@yahoo.co.jp
FAX 03-3954-6315