ホームへ戻る
イベント情報
古民家関係のページをひとまとめにしたサブメニューです
WWW展示室へ
くらしの民具@
くらしの民具A
くらしの民具B
民具C(民家編)
新暮らしの民具
三富新田/歴史探訪
三芳の文化財
車人形 / 里神楽
お祭り / 郷土芸能
池原昭治氏作品集
民家歳時記
古民家のある風景
土曜体験教室
蕎麦打ち体験教室
利用案内
交通案内
三芳町マップ
出版物のご案内
三芳町について
博物館・資料館や県内市町村・子ども向けホームページなどの紹介
著作権に ついて
広報7/1号「三芳の文化財」B
 祭りを盛り上げるお囃子

  三芳町の4地区(竹間沢・藤久保・北永井・上富の旧4村)には、それぞれお囃子が伝承されています。お囃子は地元の神社の祭礼に奉納されますが、「お囃子がないと祭りは間が抜けたものになってしまう」と言われるほど、祭礼には欠かせない存在となっています。
 このお囃子ですが、同じ三芳町内でも地区によって伝承された由来や系統が異なります。竹間沢と藤久保のお囃子は江戸囃子のうちの「神田囃子」の流れをくみ、北永井には所沢から「重松流(じゅうまりゅう)」が伝わっています。上富のお囃子は「王子囃子」と呼ばれ、東京の王子から師匠を招いて習ったのが始まりとされます。
 4地区のお囃子は、それぞれの保存団体が保存・継承しています(竹間沢共楽会・藤久保芸能会・北永井囃子保存会・上富囃子保存会)。各団体とも伝統芸能を受け継ぐという思いから稽古に余念がなく、また後継者の育成を視野に入れた活動にも力を入れています。また、平成15年にはそれぞれのお囃子が三芳町無形民俗文化財に指定され、保存団体や地域に限らず、全町民共有の伝統芸能としてその価値はますます高まっています。
 7月には、各地区で八坂神社や八雲神社の祭礼である「天王祭(天王様)」が行われ、お囃子が奉納されます。賑やかなお囃子の音色に誘われて、お出かけになってみてはいかがでしょうか。
 
祭りを盛り上げるお囃子
祭りを盛り上げるお囃子
− 2006年10月以前の撮影 −

三芳町のお祭りへリンク

2007年度「広報みよし」連載
目    次
5月号 端午の節句 10月号 須恵器
6月号 麦刈り/年中行事 11月号 秣場争論裁許状
7月号 お囃子 12月号 昔の正月準備
8月号 里神楽神楽面 1月 小正月のまゆ玉
9月号 板石塔婆
三芳町役場公式HPにリンクリンク用のバナーです「さいたまの海」埼玉県内ミュージアムの総合案内へ
解像度「1024×768」でご覧いただければ幸いです
埼玉県入間郡三芳町立歴史民俗資料館の公式ホ−ムページです
Copyright(C)1998-2007.Miyoshichouritu rekishiminzoku shiryoukan.All Rights rserved.