カウントテキスト77

ホームへ戻る
イベント情報
古民家関係のページをひとまとめにしたサブメニューです
WWW展示室へ
くらしの民具@
くらしの民具A
くらしの民具B
民具C(民家編)
新暮らしの民具
三富新田/歴史探訪
三芳の文化財
車人形 / 里神楽
お祭り / 郷土芸能
池原昭治氏作品集
民家歳時記
古民家のある風景
土曜体験教室
利用案内
交通案内
三芳町マップ
出版物のご案内
歴史と緑の散歩道
三芳町について
博物館・資料館や県内市町村・子ども向けホームページなどの紹介
著作権に ついて

三芳町指定文化財 有形文化財 石像物     平成6年3月30日指定

所在地 上富936番地 見学可能     ■旧島田家住宅(伴完寺子屋)へリンク■ 
 伴完師匠こと島田伴左衛門(1800年〜1884年)は、天保元年(1830年)頃から上富の自宅で寺子屋を開設しました。 門人や筆子と呼ばれた生徒たちは、師匠から与えられたお手本をもとに、「読み」と「書き」を中心に教わりました。
 「伴完翁寿蔵之碑」はお世話になった275人の門人たちが師匠の80歳の長寿を祝って明治12年(1879年)に建てた碑で、碑文は明治政府議官従四位秋月種樹の篆額、同水元成美の撰文による立派なつくりで伴完師匠の略歴や学問に対する信条が刻み込まれています。
( 「三芳町教育史」1985年/三芳町教育委員会刊より )