三富巡回文化財展
三富の絵本
〜池原昭治氏の作品から〜


旧島田家住宅  (三芳町)



旧島田家住宅

 江戸時代の文政年間 (1818から1829年) の建築と推定され、三芳町内に現存する最古の古民家です。茅葺き寄棟造で、建坪は五二坪。間取りは喰い違い型四間取りです。
 江戸時代の天保年間 (1830から1844年) から明治7年  (1874年) に上富小学校が開校するまで、島田伴完により寺子屋「玉泉堂」が開かれていた建物です。
 この寺子屋には、近郷40ヶ村から延べ300人に及ぶ子弟が学びました。
平成6年に町指定文化財となり、平成八年に現在地に移築復元され、公開されています。
島田家住宅の解説・案内へ

お断り この作品のすべでの著作権は池原昭治氏個人に帰属しますので、無断使用・転載は固くお断りいたします。
ホームへ戻る 三富の絵本Menu 三富の絵本Topへ