三 芳 の 天 王 祭

 天王祭とは祇園祭のことで、京都八坂神社の夏祭りは、御輿に乗った祭神午頭天王が京都の町の夏の病を祓ってまわる祭り。ちなみに京都の町で、この御輿は華やかに迎えるため発展したのが祇園祭の山鉾です。夏の流行病を退散させるため、この祇園祭が全国に普及し、各地で盛んになったようです。場所によっては祇園祭というところもありますが、三芳付近では祭神午頭天王に名ぞらえて「天王様」と呼ばれています。
 また天王様までに麦の脱穀をすませるといわれ、農作業の目安にもなっています。


竹間沢の天王祭 真夏のお祭りは体力勝負 天王祭の天狗様 興味深そうに見つめる子どもたち


「三芳のお祭り」はこちらをご覧ください。

「三芳の郷土芸能」はこちらをご覧ください。

バックナンバーはこちら
こぶしの里 さつまいも苗 むかしの遊び
天王祭 まこもの馬・七夕 十五夜
ホームへ戻る
ホームへ戻る
  「資料館だより」(最新)へ戻る
「資料館だより」(最新)
へ戻る