蒲田薬剤師会の歴史

蒲田薬剤師会と医薬分業

 医薬分業とは、病院や医院、診療所で医師が直接お薬を出さないで処方せんを患者さんに渡し、患者さんはその処方せんを街の保険薬局へ持って行きます。
 薬局では薬剤師がその処方せんに基づいて正確な調剤をして患者にお薬をお渡しする方式をいいます。
 これは、医師と薬剤師が各々の専門の職能を発揮して、より質の高い、安全で有効な医療を患者さんに提供するためのものです。
 ですから、「患者さんを主体とした医療の形」と言うことが出来ますし、医薬分業は患者さんのために行われなければならないものです。
 今までは、病院や医院などでお薬をもらう時、そのお薬がどのような作用を持ち、どうして必要なのかの説明に十分な時間がとれないため、お薬を飲む必要性が理解できないまま服用する結果、つい飲み忘れなどすることも多かったと思います。
 蒲田薬剤師会では1974年頃から蒲田医師会、蒲田歯科医師会の先生方のご理解を得て、 この医薬分業に取り組んで来ました。
 今では、区民のほとんどの方が分業の経験を持っていらっしゃいますし、診療については インフォームドコンセント(病院・医院では医師が診療に ついて詳しく説明し、患者さんの同意を得て治療を行う)、薬局では薬剤師が 医薬品情報提供(調剤したお薬の名前、色・形から薬の効果・効能、お薬の副作用 や保管方法などまで文書でお渡しする)や服薬指導(お薬を 飲む時や、飲んだ後の注意、食事から日常生活の注意、そして患者さんからの質問などにも適正な お答えをする)も行われるようになってきています。
 高齢社会となり、慢性疾患(高血圧症、糖尿病、心臓病、骨粗鬆症、白内障など)や合併症 などによって、多種類のお薬を長い期間服用する機会が増えています。
 そして、ひとつの科だけでなく、内科、整形外科、歯科、眼科など複数の科にかかることも まれではなくなっています。
 蒲田薬剤師会の薬局では、こうした複数の科から出された処方せんでも、ひとつの薬局で調剤できるシステムを持ち、患者さんから選ばれる「かかりつけ薬局」となれるよう、頑張っています。
 どこの病院・医院でもらった処方せんでも、こうしたお家の近くの「かかりつけ薬局」を利用されれば、病院の前の薬局で長い時間待つこともありませんし、調剤してあるお薬を都合の良い時間に受け取りに行くことも出来ます。
 また、そうしたことによって薬剤師の確かめる作用が働き、複数の科から出された処方せんの間にある、同じ作用のお薬を二重に服用するとか、飲み合わせによる危険を避けることも出来ます。

薬局は自由に選びましょう。

 処方せんをもらったら、あなたの家の近くや、お勤め先の近くの保険薬局へ持っていき、調剤してもらいましょう。処方せんをもらった患者さんには自由に選んだ「かかりつけ薬局」で調剤してもらう権利があります。
 医療機関(病院や医院・診療所)が調剤する薬局を指定することは健康保険法に違反している、 ということも知っておきましょう。
 さて、ここで蒲田薬剤師会の今日までの分業のプロセスを振り返って見ることにします。

地理と環境

 蒲田は東京都大田区の南に位置し、東には羽田空港があり、南は多摩川を隔てて神奈川県 川崎市に接しています。
 地区を南北に縦断するJR線と、これとほぼ平行する京浜急行電鉄本線と、京急蒲田駅から分れて羽田空港駅へ向かう空港線があります。さらにJR蒲田駅から五反田駅を結ぶ東京急行電鉄池上線と、多摩川駅を結ぶ東京急行電鉄多摩川線があります。
 人口は約27万人、会員保険薬局は約60軒、医師会会員である医院・診療所・病院は約200軒、 歯科医師会は約160軒です。

当会の分業の始まり

 1974年 春、当時の蒲田薬剤師会の鈴木輝一会長を核とする執行部は、 病める人達の医療に薬剤師として何が出来るか、何をなすべきかを考え、模索・検討を続けていま した。同年10月、かねてから会同士で話し合いをしていた蒲田歯科医師会との「医薬分業の在り 方」に合意が成立し、実施に向け第一歩を踏み出しました。

分業の理念

 これに先立って、当会は医薬分業の理念を次のように定義し、実施に向けシュミレーションを 繰り返していました。

1)処方せん調剤について、患者(地域住民)が自由に薬局を選ぶ権利を 保障できる受け入れ体制(いわゆる面分業体制)を薬剤師会として作り上げる。
 そのためには、会員薬局全員が分業に参加し、調剤設備、医薬品の備蓄、調剤業務に関する 薬剤師の資質の向上など、保険薬局として機能できる態勢を作り上げることが必要になります。
 (医薬品の備蓄に関しては、会員薬局が平等に出資して 備蓄センターを設立して、少量・多品種の備蓄を可能にしました。現在では約3000品目の 医薬品を備蓄し、錠剤類はシート単位、散剤類はg単位、軟膏類はチューブ単位で午前、午後2回 配送をしています。)

2)地域医療に役に立つ保険薬局になること。地域住民の処方せん調剤に即応し、服薬時における 安全性と有効性を確保することを年頭において、どこの医療機関の処方せん調剤でも、また休日・ 夜間でも処方せん応需が可能な体制作りも重要な課題としました。
 また、備蓄センターには、医薬品情報センターを併設して、@医薬品の識別、A医薬品の相互 作用検索、B各薬局の備蓄薬品検索、C複数医療機関受診患者検索、D休日当番薬局表作成、 E服薬指導マニュアルの作成などの仕事をしております。

3)医療機関が処方せんを発行し易い環境作りをし、これを近隣の医師に知ってもらう。そのため に、初めの10年間位、当会は分業についての多くのデータを集め、これらを整理して分業の メリット、デメリットを表示し、当会の処方せん応需体制に関する情報などを加えて、各薬局の 薬剤師がそれぞれの近隣の医療機関へ提供してきました。

歯科処方せん応需に始まり広域病院処方せん受入が可能になるまでの道程(グループ分業からコミュニティ分業へ)

 先に触れました蒲田歯科医師会と蒲田薬剤師会の分業は、合意から実施まで機敏にスムースに進行しました。
 その後、この受け入れ体制を知って小児科、眼科、耳鼻咽喉科の医院の先生が処方せんの発行に踏み切られました。それぞれのグループ(次に述べます)も医師を含めた月例勉強会などを持ち、グループの資質の向上にも努めました。

1)グループ分業
 A医療機関から処方せん発行の意志表示があると、分業対策委員と至近保険薬局の薬剤師は 同医院を訪問して、繁用医薬品リストと患者分布表、処方例などを頂き、A医院の処方せん 応需希望薬局を募集します。
 今までの経験では、患者分布によりA医院を取り囲む形で、普通10数件から30数件の応募があります。(これを仮にA医院グループと呼びます。)
 処方せん発行までの期間、A医師とA医院グループとのカンファレンスが度々おこなわれ、医師 の治療方針、投薬の意図などが示され、窓口では患者への分業告知書の配布などがおこなわれます。 薬局側は繁用医薬品の備蓄と平行して、患者様への薬品情報提供、服薬指導の方法、範囲など、医師 との打ち合わせが綿密におこなわれます。

2)広域病院の処方せん応需
 一方、隣の地区にある大学病院で処方せんを発行する話が出てきました。当時はまだ全国的には 勿論、東京都でも分業論がちらほら囁きはじめられた頃で、蒲田地区で分業が始められたとはいえ必ずしも将来の展望は明るいと言い切れないもがありました。
 この広域病院の処方せん応需を果たすためには、病院から提示された約800品目の医薬品の備蓄が必要になります。当時の予測では、蒲田地区に月に10枚程度の処方せんが見込まれました。 しかも、薬品を備蓄しただけで処方せん応需が出来る訳ではありません。学術部による処方せん 応需のための勉強会が開かれ、処方せんの文字の読み方(当時の手書きの処方せんは医師の名前を 含め、処方薬名も読み難いものが多くありました)から、個々の医薬品について、健康保険の点数 計算などが教えられました。
 このような状況下での約800品目にわたる医薬品の備蓄は、備蓄センターを利用しても大きなリスクを抱えていました。
 事実、その後3年経っても5年経っても、その病院の処方せんが1枚も来ない薬局も相当数あり ました。それぞれの薬局は、これら約800品目を含む自分の薬局の備蓄薬品リストを近隣の医院・ 診療所・歯科医院へ持っていって、「先生がご利用出来るものがありましたら、ご利用(処方せん 発行など)下さい」とお話ししたりしました。

3)グループの増加とその融合、そして広域病院の受け入れを加えたコミュニティ分業への展開
 このようにして地区の医師・歯科医師の先生方のご理解とご指導によって、蒲田薬剤師会が 目指す「面分業」は地域住民の支持をも得て、発展しつつあります。

  私達 蒲田薬剤師会の会員薬局が「分業に携わる」ことは、薬剤師が患者さんのためにどう役に立つかです。
 患者様は処方せん調剤、大衆薬の購入を含めて、薬剤師を利用(活用)して下さい。
 きっと薬の服用について良きパートナーになってくれるはずです。

Copyright 1999(c) by Kamata Pharmaceutical Assosiation all right reserved