「OTAふれあいフェスタ2011」開催日記
〜笑顔のために〜
持って得する「お薬手帳」 受けて安心「健康診断」

大田区薬剤師会は平成23年11月13(日)平和の森公園で開催された「OTAふれあいフェスタ」にて「薬と健康の週間」の催しを兼ねた健康関連イベントを開催しました。
「薬と健康の週間」とは、薬や薬剤師の役割を正しく理解していただき、国民の健康増進を目的とした全国的キャンペーンです。

平和の森公園会場の大田区薬剤師会ブースでは、@体脂肪測定・骨密度測定 A薬の無料相談 B薬に関するアンケートを実施しました。当日は好天に恵まれ、測定コーナーには開始前から多くの方が長い列を作り、イベント終了までその列が絶えることはありませんでした。
薬に関するアンケートでは、「お薬手帳」の認知度と活用状況、「ジェネリック医薬品」の服用状況などについてお尋ねいたしました。また、子供さんには、薬の味に関する質問の答えていただき嗜好を探りました。皆様から寄せられました貴重なご意見は、より一層のサービス向上に役立ててまいります。ご協力誠にありがとうございました。

今年は、平和の森公園会場に隣接する「大森老人ホーム」をお借りして、健康関連パネルの展示、測定コーナーにおける脳年齢、血圧、体組成、骨密度の各測定、お薬何でも相談コーナーの設置、さらに、老人ホーム内のイベントホールにて講演会も行いました。演題は@「AEDの基礎知識と実践」(大森消防署) A「健診の重要性と受診について」(蒲田医師会会長・南雲晃彦先生) B「脱メタボのための漢方と養生法」(漢方平和堂薬局・根本幸夫先生)。各講演とも当初用意した席数では足りず、急遽席を追加するほどの盛況で、改めて区民の皆様の健康に対する関心の高さをうかがい知ることができました。

最後に私どもにPRの機会をご提供いただきました主催の大田区および「OTAふれあいフェスタ」実行委員の皆様、共に医療ブースに参加した蒲田医師会、大森医師会、田園調布医師会、蒲田歯科医師会の先生方、大森老人ホームの皆様、そして大田区薬剤師会のイベントブースに足を運んでくださいましたすべての方々に感謝申し上げます。

大田区薬剤師会
「薬と健康の週間」及び「OTAふれあいフェスタ2011」実行委員 一同


                                      

Copyright 1999(c) by Kamata Pharmaceutical Assosiation all right reserved