お薬手帳について

あなたの「お薬の記録」は、あなたの「財産」です!

  服用した薬の記録を残すことは、あなたがこれから治療を受けるときの大切な資料になります。また、複数の病院、診療所や歯科医院で薬を処方してもらうとき、医師に知らせたり、薬局で処方せんと一緒にその記録を見せると、同じ薬が重複していないかや、相互作用をチェックしてもらうことができます。
 このお薬の記録のために、携帯に便利な手帳があります。是非ご利用ください。

「健康手帳」
大田区役所より無償で配布しています。
※ただし40才以上の方。

健康手帳
「お薬手帳」
(106mm×148mm, 42ページ)
お薬手帳のポスターの貼ってある薬局にあります。


お薬手帳の利用方法

1.病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出して下さい。
2.薬局で市販のお薬を買った場合にも、記録して下さい。
3.病院や薬局でお薬の名前等を書いた説明書を渡された場合は、そのまま貼って下さい。
4.お薬について、わからないこと、困ったこと等があるときには、右下の空欄に記録しておきましょう。
5.あなたがもらったお薬の記録(薬歴)になりますので、大切に保管して下さい。

Copyright 1999(c) by Kamata Pharmaceutical Assosiation all right reserved