HIV/AIDSデスク

Catholic Bishops' Conference of Japan

トップページ

概要

活動

メッセージ

冊子・グッズ

リンク

●目標
 HIV陽性者が増えている先進国の中のひとつである日本において、特にカトリック学校や青年層を対象にHIV/AIDSに関する正しい知識を広く伝えることを目指して活動しています。


●組織
担当司教1名、デスク委員8名で構成され、原則隔月に会議を開催しています。


●経緯  

 HIV/AIDSの問題は看過することができない重要な課題であると判断した日本カトリック司教協議会は1995年からHIV/AIDSに関する啓発活動に取り組んできました。

  • 1995年6月常任司教委員会にて研究グループ「エイズ問題を検討する会(仮称)」が発足しました。
  • 1996年12月 司教協議会・HIV諸問題検討特別委員会(委員長・押川司教)主催「第1回HIV/AIDS問題講演会」開催しました。
  • 1999年6月定例司教総会に「新しい苦しみに主導的役割をーHIV/AIDS問題で司教団に提言」という文書を出しました。
  • 2001年 HIV諸問題検討特別委員会より小冊子「HIV/AIDSと私たち」を発行しました。
  • この特別委員会はアドホック委員会(時限委員会)でしたので、2002年6月の司教総会で検討した結果、2002年度で、この特別委員会としての使命を終えることになりました。
  • しかし同時に、HIV/AIDSの問題を見過ごすことのできない重要課題であり継続的に活動する必要があると考え、司教総会は2003年4月から「HIV/AIDSデスク」として社会福音化推進部内の「社会福祉委員会・カリタスジャパン委員会」(現:社会福音化推進部内カリタスジャパン)の中で活動を継続することを決定し、主に、日本国内における啓発活動に取り組んできました。
  • 2010年2月の臨時司教総会で、カリタスジャパンの組織変更が承認されたため、2010年9月1日より、当デスクはカリタスジャパンから独立し、同じく社会福音化推進部内で独自に活動を展開することになりました。