HIV/AIDSデスク

Catholic Bishops' Conference of Japan

トップページ

概要

活動

メッセージ

冊子・グッズ

リンク

メッセージ

世界エイズデー メッセージ
若者へのメッセージ みんなに考えてもらいたい3つのことがあります。
2005年 だれもが エイズとの取り組みに参加するように 呼ばれています

教皇庁メッセージ

2006年12月1日 教皇庁 保健従事者評議会 議長
2005年12月1日  教皇庁 保健従事者評議会 議長

back to top


back to top


back to top


back to top

2005年メッセージ
 
- だれもが エイズとの取り組みに参加するように 呼ばれています -
       カリタスジャパンHIV/AIDSデスクは日本の社会とカトリック教会のすべての皆さんと、
      HIV/AIDS(エイズ)についてともに考え、HIV/AIDSとの取り組みの道をともに歩みたいと思います。

呼びかける理由は3つあります。
  第1には、年に300万人以上のいのちを奪っているHIV/AIDSは、早急に対策が求められる世界的問題の一つですが、日本でもHIV感染者・AIDS患者(以下、陽性者)が急増しているからです。2005年末時点でHIV感染者は全世界では約4,000万人ですが、新たな陽性者は、欧米では微増にとどまっているのに対して、日本では10年間に倍増し、2004年には新たな陽性者が年間1,000人を超えました。
  第2には、陽性者、そしてその家族や友人は、無関心と無理解、冷たいまなざしの中で苦しんでいるからです。
  第3には、この病気で苦しむ人がこれ以上増えないよう、とくに子どもたちや若い世代の人たちと性のあり方について話し合うことが、早急に求められているからです。


病気の人の苦しみを心にとめて
 HIV感染症は病気の一つです。病気には原因がありますが、普通は病気にかかった人を責めたりはしません。ところが陽性者は、偏見と差別にさらされています。そうしたことをなくしたいと私たちは考えます。悲しみ苦しんでいる病める人に寄り添い、いやしとゆるしをもたらされたイエスこそが、私たちの模範だからです。
私たちは不特定の異性や同性との性的接触が道徳的に問題だと受けとめ、一方的に裁いてはいないでしょうか。自分自身が道を踏み外すことのある人間であるのに、自分の弱さを棚に上げていないでしょうか。
 性について、私たちは新たな受け止め方を求められています。性を男性と女性の二つに単純に分けてとらえることに無理があることが明らかになってきました。男性にもいわゆる女性らしさが、女性にも男性らしさが兼ね備わっており、その度合いには、生来的に、また生育環境や体験によっても違いが生まれます。これまで十分に語られなかった同性愛や性同一性障害の問題についても、よりふさわしく向き合うことが求められています。
性について話し合う場を
 いのちと性、そしてHIV/AIDSについて、子どもたちや若い世代の人たちと話し合う場を持ちましょう。性を語ることには、子どもたちや若い世代の人たちの教育に携わっている方でも、ためらいや戸惑いを感じていると思います。しかし、もしも私たちの周囲で新たな陽性者が出るなら、私たちの責任も問われるのではないでしょうか。それは、私たちがこうした話し合いの努力を十分にしてこなかったから、とも言えるからです。
さまざまな性情報が氾濫する中で、自分で考え、責任をもってよりよい道を選べる力を養うことが求められています。いのちと性の尊さについて語り合う中で、コンドームについても自分で正しく判断する力をつける必要があると考えます。


世界のHIV/AIDSに目を向けて
 世界には、HIV/AIDSに苦しむ多くの人がいます。感染する人、亡くなる人のほとんどは、高価な治療薬だけでなく、予防の情報すら手に入れることができない途上国に集中しています。アフリカには人口の20%以上が感染し、働き手と親が失われ孤児だけが残ると心配されている国がいくつもあります。さらに、新たな感染者の伸び率が世界最大のアジアの中で、とくに東アジアではこの2年間に40%増え、感染が急速に広がることが懸念されています。世界の隣人にも目を向けることが求められています。

 HIV/AIDSデスクは、この病気への取り組みを、まずできることから始めるよう呼びかけます。それは、病気の人の苦しみを心にとめ、いのちと性について若い人たちと話し合い、そして世界の問題に目を向けることです。私たちには、力を合わせて、危機にさらされているいのちを守り、助け、輝かせる使命があるのですから。


2005年12月1日発行
カリタスジャパンHIV/AIDSデスク 日本カトリック司教協議会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10  Eメール hivaids@cbcj.catholic.jp


back to top

世界エイズデー 若者へのメッセージ

みんなに考えてもらいたい3つのことがあります。

(1)エイズってどういう病気なの?
エイズウイルス(HIV)という病原体が血液や体液を介して体の中に入って感染してしまう病気です。ですから、一緒に遊んだり、話をしたりすることで感染することはありません。気を付けていれば、誰でも防ぐことができる病気です。

(2)どうして世界エイズデーが作られたのかな?
世界中でたくさんの人がエイズで亡くなっており、日本でもエイズに感染する人が年々増えてきています。10代の若者も含めて、だれでもこの病気に感染する可能性があるのに、自分とは関係ないと思っている人が多く、感染者やその家族・友人は、偏見や差別に苦しんでいます。少しでも多くの人にこの病気のことを知ってもらい、理解してもらうために、この日がつくられました。レッドリボンはそのシンボルマークです。

(3)自分のこと、わからないことを何でも相談できる大人はいますか?
いのちについて、体や性について、不安なことがあったとき、どうしていますか?友達に相談しても答えが出ないかもしれません。雑誌やまんが、インターネットなどに流れている情報がかならずしも正しいとは限りません。信頼できる大人に相談することは大切なことです。自分にとってそういう人がいるか、考えてみましょう。

・HIV/AIDSの検査は http://www.hivkensa.com/
・エイズに関する情報はAIDS予防情報ネット  http://api-net.jfap.or.jp/
・2005年エイズメッセージはカリタスジャパンのホームページhttp://www.caritas.jpの「エイズ啓発活動」でご覧いただけます

カリタスジャパンHIV/AIDSデスクは、日本社会とカトリック教会のすべての皆さんとHIV/AIDS(エイズ)について考え ともに取り組んでいきます。

カリタスジャパン HIV/AIDSデスク


back to top

教皇庁 保健従事者評議会 議長

世界エイズデー、2006年12月1日 メッセージ


 教皇庁保健従事者評議会は、病気で苦しむ人々、とくに十分な保護を受けること なく、見捨てられていると感じている人々に対して、カトリック教会として懸念を表明します。きょうは、エイズにかかった人々に国際的なレベルで関心をもつ 日とされていますが、保健従事者評議会も伝統にのっとり、以下のことを表明します。このひどい疫病で苦しむ人々、この病気のために深く傷ついている人々、親を亡くした子、夫を亡くした女性、両親を失った孫の面倒をみなければならない祖父母などを助けるために、保健従事者評議会は、つねにそのような人々とつながりをもち、祈りたいと願っています。また、あらゆる健康といのちの源である主に祈るように、すべての人々を招きたいと思います。
 周知のことですが、この病気と闘う上で最も重要なことは予防です。エイズにかかった人々に捧げられたこの日、世界エイズデーにあたって、わたしたちは何よりも予防の重要性について語らなければなりません。予防において最も重要な位置を占めるのは教育です。この教育は、エイズという病気の単なる知識や予防 手段の情報を含むだけでなく、誰もがもつことになる何か、すなわち生きるための指針であるべきです。適切な情報を受け取ることは言うまでもなく大切なことですが、わたしたちはさらに、この情報をよく理解して自分のものにし、ニーズに合ったものにしていかなければなりません。そして、それにより、進むべき新たな地平線を見出し、この病についてより詳しく知り、この病の根絶に到達するべきです。わたしたちは、エイズの感染経路が3つしか無いことを熟知しています。3つの経路、それはすなわち、血液・母子感染・性的行為です。したがって、予防をするためには、これらの感染経路に注目し、血液感染にことさら注意を 払わねばなりません。輸血は多くの命を救いますが、また命を滅ぼすおそれもあります。血液バンクで働いている人々や病院で輸血に携わる人々は、患者が感染 することのないよう細心の注意が払われることを確実なものにしなければなりません。輸血を通して人々を救う代わりに、この致命的な病によって命が滅ぼされることもあり得るからです。針による感染もまた防ぐべきです。その実例としては、薬物注射に用いられる注射器を通しての感染が挙げられます。また、不幸にも、エイズとは無縁のように思われるピアスや刺青をする際、汚染された針を通してこの疫病が広がることがあります。
 神の恩恵による科学の進歩により、今や、母子感染はかなり防げるようになりました。わたしたちは、感染した母親に十分な薬が与えられ、それによってその子どもが護られるよう、指導者や有力者に必要なキャンペーンを行うように訴えかけます。
 性教育に関しては、これが、単なる生殖についての情報の問題ではないことにまず気付くでしょう。わたしたちはむしろ、性の真の尊さを教えるべきです。その真の尊さとは、男と女が一体となって「人間」であり、それが神の愛の特別な表現であることにあります。こうして性は、完全ですばらしい実り豊かな愛を通して、神を思い起こさせるのです。この愛は、第一に、家庭の中で繰り返し教え込まなければなりません。それは性の尊さに根差したもので、学齢期においては、両親の同意のもとに、すでに受けたしつけを土台として強調されるべきです。カトリック教会の信仰教育においても同様に、生きることの根本的な意義に重点が置かれるべきであり、性の意味が、福音のメッセージと合致したものとしてまとめられるべきです。性は、生の源です。したがって、生ではなく死に向けられた性の使用はすべて、まさに性の本質において最もひどい矛盾であると言えます。
 予防という重要な段階の次に、「ケア」と「共に歩む」という第2段階が来ます。今のところ、この病は治癒できません。けれども、抗レトロウイルス薬と適した栄養を同時に採ることで、ウイルスによって激しく低下してしまった免疫システムを増強し、エイズ患者の命を顕著に延ばすことができます。
 エイズ患者のための司牧活動のこの段階において、最も難しい局面は、彼らに何がおこったかを自覚させ、感染の事実を認識させることです。何よりも、実施される抗体検査は正確でなければならず、陰性か陽性かという結果に誤りがあってはなりません。そして、エイズに襲われた人のいのちの意味を理解するためには深い信仰が必要です。医療従事者には、患者を理解し、その人生を共に歩むために、相当な思慮深さと思いやりがなければなりません。患者の人生は、まったく特異ではありますが、信仰に照らしてみれば素晴らしいものとなり得るのです。
 3つ目の段階は、エイズ患者の末期におけるケアを含みます。ここでは、キリスト教信仰のうちに、存在の完全な意義が理解され、受け入れられなければなりません。復活の喜びは、十字架の受難を通してのみ得ることができます。この信仰を受け入れ、そしてそれを生きるとき、それは、病者に幸福をもたらす輝く光となるでしょう。それは来たるべきいのちのあかしとなります。キリスト教信仰によると、この世のいのちはほんの始まりに過ぎず、実際は決して滅びることのない新たないのちへ導くのです。キリスト教を信じていない人々にとって、確かにこのことは何の意味も持ちません。しかし、信仰なしには、いのちそのものもまた、祝福に満ちた決定的な意義を持つものとはなりません。医療従事者、家族、そして患者の側にいるあらゆる人々は、第3段階において、優しさ、愛情、信 仰、そして何よりも希望を伴わなければなりません。揺るぎない希望が必要です。それは、いのちの最終段階において支えとなる力だからです。
 教皇庁保健従事者評議会のメッセージは、中立的なメッセージではあり得ません。キリスト者に向けたキリスト教的メッセージです。しかし、教会以外の社会においても、自身の存在意義を求めるすべての善良な男性および女性、とくに、避けることのできない分岐点に直面している人々にも向けられています。

バチカン、2006年12月1日
教皇庁保健従事者評議会 議長 ハビエル・ロザノ・バラガン枢機卿



back to top

教皇庁 保健従事者評議会 議長

世界エイズデー、2005年12月1日 メッセージ


司教協議会、国内外の機関・組織、
予防と支援にかかわるNGO・団体、信徒の皆様へ

1. UNAIDS(国連合同エイズ計画)の今年の世界エイズデーでは、「ス トップ・エイズ。約束を果たそう」というスローガンであらゆる人々への呼びかけを行いました。特にHIV/AIDSに関する分野で責任ある立場として従事 している人々に対しては、この世界的流行の蔓延を今後も永続的に防止し、また特に貧しい国々ですでにこの病気で苦しんでいる人々の看護をし、 HIV/AIDS感染の増大をくい止め、減少させるための新たな意識的取り組みを求めました。

2. 教皇庁保健従事者評議会は、他の国内外組織、特にUNAIDSのように毎年エイズと闘うために世界的キャンペーンを繰り広げている組織と共に活動を 行っています。それにより、世界的危機をもたらしたこの地球規模の悪に対して、人類全体が同様に力を合わせて立ち向かうことができるのです。2001年、各国政府の代表らがHIV/AIDSとの闘いで、この問題に関する認識を深め、共に立ち向かう決意を宣言したのはとても重要な出来事でした。国際社会からの、この問題に対する堅固で、グローバルで、断固とした反応や反響に応えるために、世界規模でこの問題に対する意識を確認し、政治的参加を促したのです。
3. HIV/AIDSの疫学的状況は、引き続き重要な課題となっています。2005年現在、エイズ感染者の数は4030万人にのぼると推測され、そのう ち230万人は15歳未満です。毎年この病気に感染する人の数は増え続けています。2005年だけで490万人が新たにHIVウィルスの感染が認められ、 そのうち70万人が15歳未満でした。また、2005年のエイズによる死亡者は310万人で、そのうち57万人が15歳未満でした。HIV/AIDSは世 界のあらゆる国々で死をもたらす原因であり続けているのです。
4. その最も効果的な治療法は、HIV/AIDSの感染を避けるための予防をすること、つまり、血液、母から子への感染、そして性的接触という三つの感 染経路を認識しておくことです。輸血やその他、感染者の血液に接触することで感染する経路に関しては、現今、明らかに減少傾向にあります。とは言うもの の、最も注意が必要なのはこの感染経路、特に輸血に対処する施設や外科手術中の感染なのです。
 母から子供への感染が薬によって強く抑制できるようになったことは神に感謝すべきでしょう。このような感染経路には血清反応が陽性の母体に適した薬物を与えるといった予防策を用いて、特に世界中の国々の公的機関によって対処されるべきです。
 三番目の感染経路−性的接触による感染−は未だに最も重大な問題として残っています。これは性的行為の価値を下げるような、つまり単なる性的快楽を求める以外何の意味も持たないような、一種の汎性欲的な文化によって助長されているのです。このような感染経路に対する抜本的な予防策は、性的行為に対する正しい概念、つまり 完全で絶対的な豊かな愛情表現としての深い意味を知らしめることにあります。このすべてが結婚における排他性にもつながっており、他に類の無い不変的なものなのです。この経路による感染の防止策は家族の絆を強めることにあります。
 これこそが神の掟の第六戒の持つ深い意味であり、性行為によるAIDS感染に対する確実な予防策の支柱となるものです。
5. 多くの国々が直面している社会的、文化的、そして経済的な難題の中には、間違いなく健康面における予防策とその促進が必須とされています。それはすべての人から、特に最も貧しく弱い人々への無条件の愛のしるしであり、それはすべての個人と共同社会からの必要に応じて与えられなければなりません。その 結果として、健康面に関する平等な配慮が誰に対しても十分に考慮されないような法律は、改革されなければなりません。健康は本来価値あるものであり、「社会はその責任を負わなければならない」のです。それゆえ、健康は地球に住むすべての人々に対して保証され、研究され続けなければならなりません。それによ り、未だに基本的な看護や治療を受けられていない世界の多くの人々が、それらを確実に受けられるようになることで、すべての人の健康状態が一定の標準に達することができるのです。しかしながら、健康を守る権利というものは、それ相応の振る舞い、すなわち健康を守るライフスタイルに従い、それを害するような 行動は差し控えるという義務感との調和のもとにあってしかるべきなのです。
6. カトリック教会は、HIV/AIDSの予防および、それに苦しむ患者の看護の両面で貢献し続けています。患者と家族に対し医療と援助の手を差し伸べるばか りでなく、社会的、精神的、また霊的指導レベルでのお手伝いをしています。世界のHIV/AIDSに関するケアを供給している施設のうち26.7パーセン トがカトリック関連の施設です。各地の教会、宗教施設や信徒団体は非常にたくさんの事業やプログラムを主催しています。それらはHIV/AIDSに対する訓練や教育、予防や支援、病者に対する介護や精神面で患者を支えるための付き添いなどであり、それらは愛と責任感と慈愛の精神をもって行われています。
7. エイズに関する実務面での活動を、世界各地の教会やカトリック施設から届く情報によって分類すると次のようになります。:エイズ啓発キャンペーンの促進、予防と健康教育のプログラム、親を亡くした子どもたちの支援、医薬品と食料の配布、在宅看護、病院や施設の建設、HIV/AIDSの患者たちが治療 と援助を受けながら自らの仕事に集中できる治療コミュニティー作り、政府との協力体制、刑務所内でのケア、要理コース、インターネットを通じた援助のシス テムの作成、病者のための支援グループの設立などです。このように非常に貴重で賞賛に値する努力と並行して、教皇ヨハネ・パウロ2世は2004年9月12日に「よきサマリア人」基金を作られました。それは教皇庁保健従事者評議会に委託され、後に教皇ベネディクト16世によって承認されています。この基金に寄せられた多くの寄付金は世界で最も困っている病者、特にHIV/AIDSの犠牲者たちへの経済的支援となっています。基金の初年度の活動で最も意義深い 財政援助として購入された医薬品は、アメリカ、アジア、アフリカ、ヨーロッパの各地の教会に送られました。
8. 様々な分野でHIV/AIDSとの闘いに取り組んでいらっしゃる方々に対して、今後の取り組みに関する提言をさせていただきたいと思います:
 キリスト教共同体に対して−これからも、性的な行為は神から与えられた優しさに満ちた子孫繁栄のための献身的行為であるという正しい理解のもとに子供たちを教育し、安定した家庭を築くように勤めていただきたい。
 政府に対して−国民全体の健康管理とエイズ患者のための里親ケアを、責任感、連帯感、正義感、そして公正さをもって促進していただきたい。
 製薬業界に対して−HIV/AIDS治療用の抗ウィルス剤や、日和見感染症を治療する薬が安価に入手できるようにしていただきたい。
 科学者と医療従事者に対して−この現象を止めることのできる新しい効果的な医薬品を見つけるためにお互いの結束をさらに深め、HIV/AIDSの生物医学的な研究を進めるためのあらゆる努力をしていただきたい。
 マス・メディアに対して−大衆に対して宣伝や売込みといった方法ではなく、この現象とその予防法に関する、透明で、正しい、事実に基づいた情報を提供していただきたい。
9. 最後に、教皇ベネディクト16世が2005年6月10日のアド・リミナ訪問の際に南アフリカの司教に対して述べられたお言葉で結びたいと思います。 『敬愛なる司教の皆様、私はエイズとそれに関連する病気に起因するこの惨状に対して心からの懸念を表します。特にこの悲惨な伝染病によって人生を損なわれてしまった、夫を亡くした人、親を亡くした子、若い母親たちのために祈りを捧げます。人々の命を奪うだけでなく、アフリカ大陸の経済的、社会的な安定をも脅かすこのウィルスと、これから先も闘う努力をし続けるように強く望みます。』
ハビエル・ロザーノ・バラガン枢機卿
教皇庁 保健従事者評議会 議長
(カリタスジャパン試訳)