冷た雨 カタクリ垂れし 花こうべ
(4/5/'97、雨)

柏市・藤心のカタクリを散策しました。

カタクリは1年の間に、僅か数ケ月のみ地上に顔を出す植物で、
残りの多くは地中で暮らし、根からカタクリが採れた多年草のためか、
昔は何処にでもあったとの話が、俄かには信じられぬ現状です。

カタクリの葉も、地方では葉物として利用していると聞きましたが、
花が咲くまでには、6、7年もの期間が必要とされており、
その繁殖に蟻も協力している、守ってあげたい愛らしい花です。

柏市の、東武野田線・逆井駅近くには、
有名な藤心のカタクリがあります。

僅か50m程の北側の斜面に、ギッシリと薄紫のカタクリが
咲いており、今朝は昨夜来の雨のため、花は開くことなく頭
を垂れて時を待っていました。
今年の藤心のカタクリは花付きが良く、この1週間が見頃でしょう。

筑波山のカタクリも、
間違いなく晴れ間を待ち望んでいるでしょう。