21世紀の森と広場.トレック(冬)’2015#1!


植物図鑑公開を記念して、21世紀の森と広場を散策しました!

トレック日:2015年12月1日(火)、晴れ
トレック・コース:21世紀の森と広場.トレック(冬)’2015#1!
トレック時間:自宅より公園一周、2時間13分
トレック・ルート: 自宅→21世紀の森の広場(西口)→野草園→
    光と風の広場→つどいの森→公園西口→自宅(出発点)

ビワ

自宅より5分程の距離 週に数回は公園を散歩しているのですが、今回の植物図鑑公開
記念して、21世紀の森と広場散策に出掛けました。

今から45年以上前に、この公園から100m程の距離に新婚家庭を
持ち、夫婦揃って自然溢れた、当時は水田があったこの周辺を散歩
することが日課でした。当時は出入りが自由であったこともあり、彼
方此方を気侭に散策していました。

当時は、ヤマユリ、エビネ、キショウブ、などが所狭しと咲いていまし
た。自宅から常盤平へ買い物に出掛ける時は、裏道のこの公園部
分を抜けて行くのが常識でした。本当に、信じられません。

その頃は山野草に興味が薄く、今思えば素晴らしいチャンスを逃し
たもので、今はヤマユリは勿論、エビネの姿形も全くありません。

最初に管理事務所に立ち寄り、植物図鑑公開をお伝えしました。
毎日、早朝3時に起床して、植物図鑑作成に全力投入した結果は、
1ケ月前倒しして公開可能となりましたが、課題はこれからで、約
1年を掛け公園内の植物探索を続け、内容の正確化を図る予定
です。早くも2016年の、楽しい目標が設定出来ました。

年の瀬や 紙飛行機で 紅葉刈り
(21世紀の森と広場、トレック、2015/12/1(火)、晴れ)

今年の紅葉は今ひとつでしたが、同年輩の人達が飛ばした紙飛行
機が、空から紅葉刈りを楽しんでいました。


冬の、代表の花
ヤツデ
今年は、地味だった
紅葉
奇妙な、形の花
ヒイラギ
赤色も、咲いていた
サザンカ
実が、ばかに目立つ
ナンテンの実
この時期、珍しい
コウゾリナ
僅かに、この一輪
ノハラアザミ
野鳥も、休憩中
千駄堀池

この時期では咲く花が限られ、21世紀の森と広場公園で観察できた花は僅かに14種で、

 オニノゲシ、
 キバナコスモス、コウゾリナ、コスモス、
 サザンカ、
 ツバキ、
 ニホンスイセン、ノハラアザミ、
 ヒイラギ、ヒメツルソバ、ビワ、ホトケノザ、ヒメジョオン、
 ヤツデ、

などでした。