21世紀の森と広場.トレック(春)’2012#1!


連休中の最終日が晴れ間となり、逆周りに巡り花探しをしました!

トレック日:2012年5月6日(日)、晴れ
トレック・コース:21世紀の森と広場.トレック(春)’2012#1!
トレック時間:自宅より公園一周、2時間13分
トレック・ルート: 自宅→21世紀の森の広場(西口)→野草園→
    光と風の広場→つどいの森→公園西口→自宅(出発点)

ヒオウギアヤメ

自宅より5分程の距離 午後から雨の予報がありましたが、晴れ間に誘われて自宅の直ぐ側
21世紀の森と広場へ散策に出掛けます。主な目的は金蘭の撮
影ですが、咲いているかどうかは不安です。

自宅の花からは、鈴蘭、花水木、木香茨を撮影し代表としました。

西口受付の方に、金蘭につきお聞きしましたがご存知無い様子なの
で、自分の足で確認するにします。西口付近には銀蘭の群生地があ
り、今年も花数は減っていましたが無事に撮影出来ました。

池の周囲を綿密に探索しましたが紫蘭の後が続かず、野草園付近の
水辺の花を撮影します。放射能の除洗作業のために、光と風の広場
が閉鎖されており、数株の金蘭と銀蘭を遠目に確認し撮影しました。
最も期待したつどいの広場の山側散策路には、遠目ですが、数多く
の金蘭、銀蘭が出迎えてくれました。

みどりの里の森側には数多くの木の花が初夏を飾っており、様々な
木や下草のお花を撮影し楽しい時間を過ごします。過去に何度も公園
の探索を行っていますが、従来見られたお花の多くが未だ咲いておら
ず、季節の遅れは山ばかりではなく街中でも起きているようです。

暇疲れ 初夏の晴れ間の 花探し
(21世紀の森と広場、トレック、2012/5/6(日)、晴れ)

現役の息子達とは異なり、毎日が連休のリタイア組はむしろ暇に疲れ
ており、今日は現役組にとって9連休の最終日ですが、午前中は晴れ
との予報に、リタイア組は近隣の公園で花探しの単純労働です。


スズラン
我が家の鈴蘭
コバンソウ
道端の小判草

ギンラン
群落で咲く銀蘭
シラン
一番目立つ紫蘭

ナガバオモダカ
水辺に咲く長葉面高
ムラサキサギゴケ
意外に元気な紫鷺苔

シャガ
初夏を感じる著莪
キンラン
色鮮やかな金蘭

コバノガマズミ
初夏を飾る小葉莢迷
スイレン
子供達が遊ぶ池の睡蓮

自宅近隣と、21世紀の森と広場公園で観察できた花は56種で(☆:園芸種)、

 アカカタバミ、アカツメグサ、アカバナユウゲショウ、アメリカフウロ、イヌガラシ、イモカタバミ、オオイヌノフグリ、オオジシバリ、
  オオデマリ、オニタラピコ、オニノゲシ、オヘビイチゴ、オランダガラシ、
 カタバミ、カラスノエンドウ、カラスビシャク、キショウブ、キツネノボタン、キュウリグサ、キンラン、ギンラン、コナラ、
  コバノガマズミ、コメツブツメクサ、コバンソウ、
 ジシバリ、シバザクラ、シャガ、シャク、シロツメグサ、シラン、スイレン、スズラン、セントウソウ、
 タイリンオオアマナ、タガラシ、チチコグサモドキ、ツツジ類、ツボスミレ、ツメクサ、トウバナ、トキワハゼ、
 ナガバオモダカ、ニワセキショウ、ノニガナ、ノハナショウブ、
 ハコベ、ハナミズキ、ハハコグサ、ハルノゲシ、ヒナゲシ☆、ホウチャクソウ、
 ムラサキケマン、ムラサキサギゴケ、モッコウバラ☆、
 (ヤマ)フジ、

などでした。