お花の名前を覚えよう(その22:ピンポイントのお花)!
「その23」「先頭」

1.絶滅種扱いとなったお花

  高山で極く普通に見れるお花でも、こと筑波山系では今や絶滅種扱いになったお花が数多くあります。
  何故絶滅種になったかは明らかで、昔しは、筑波山系の保護活動が緩く違法な植物採取を見逃してきた結果です。
  残念なことに現在もその保護活動は緩やかで、茨城県全体で鳥獣植物の保護活動の監視員は僅かに2名しか居ない
  現実があります。違法な鳥の捕獲や植物採取は50万円の罰金となっていますが、筑波山系では誰も罰金を科せら
  れた人は居ません。事実、違法な植物採取をする業者や鳥の捕獲を行っている人達とは、極く普通に出会います。

  筑波山が、国定公園の一部であることが全く信じられない状態で、環境庁や茨城県の担当部門には強く改善を求め
  ましたが、具体的活動強化の動きはなく、さらに最近の猪急増による掘り起こしが環境悪化に拍車を掛けています。

  絶滅種扱いとなった主なお花を、写真で見てみましょう。(写真には無い、ラン系の殆どのお花が絶滅種です)

縮小写真
イカリソウ
(メギ科イカリソウ属)
観測日( )
縮小写真
イワカガミ
(イワウメ科イワカガミ属)
観測日()
縮小写真
ウメバチソウ
(ユキノシタ科ウメバチソウ属)
観測日()
縮小写真
エビネ
(ラン科エビネ属)
観測日( )
縮小写真
オキナグサ
(キンポウゲ科オキナグサ属)
観測日( )
縮小写真
キキョウ
(キキョウ科キキョウ属)
観測日()
縮小写真
クマガイソウ
(ラン科アツモリソウ属)
観測日( )
縮小写真
サギソウ
(ラン科ミズトンボ属)
観測日( )
縮小写真
シラン
(ラン科シラン属)
観測日()
縮小写真
ハルリンドウ
(リンドウ科リンドウ属)
観測日()
縮小写真
マツムシソウ
(マツムシソウ科マツムシソウ属)
観測日()
縮小写真
ミツガシワ
(リンドウ科ミツガシワ属)
観測日()
2.絶滅種に近いお花   絶滅種に近いお花となるとその花数がとても多く、殆ど全てが絶滅に近いラン系の数種も含め、写真で見てみま   しょう。その花数が多いので厳選20種としましたが、保護活動強化が進まぬ限り歯止めは無理でしょう。
click->縮小写真
イチリンソウ
(キンポウゲ科イチリンソウ属)
観測日( )
click->縮小写真
ウチョウラン
(ラン科ハクサンチドリ属)
観測日( )
縮小写真
オニノヤガラ
(ラン科オニノヤガラ属)
観測日()
縮小写真
カワラナデシコ
(ナデシコ科ナデシコ属)
観測日( )
縮小写真
クモキリソウ
(ラン科クモキリソウ属)
観測日( )
縮小写真
コセリバオウレン
(キンポウゲ科オウレン属)
観測日( )
縮小写真
コオニユリ
(ユリ科ユリ属)
観測日(7/30-8/14)
click->縮小写真
コシオガマ
(ゴマノハグサ科コシオガマ属)
観測日( )
click->縮小写真
コチャメルソウ
(ユキノシタ科 チャルメルソウ属)
観測日( )
縮小写真
サイハイラン
(ラン科サイハイラン属)
観測日( )
縮小写真
シュウメイギク(赤)
(キンポウゲ科イチリンソウ属)
観測日()
click->縮小写真
シュンラン
(ラン科シュンラン属)
観測日( )
縮小写真
ジガバチソウ
(ラン科クモキリソウ属)
観測日( )
縮小写真
シロテンマ
(ラン科オニノヤガラ属)
観測日( )
縮小写真
タマガワホトトギス
(ユリ科ホトトギス属)
観測日( )
縮小写真
ヒメハギ
(ヒメハギ科ヒメハギ属)
観測日( )
縮小写真
フシグロセンノウ
(ナデシコ科センノウ属)
観測日( )
縮小写真

ヤマシャクヤク
(ボタン科ボタン属)
観測日( )
縮小写真

ヤマトグサ
(ヤマトグサ科ヤマトグサ属)
観測日( )
縮小写真

リンドウ
(リンドウ科リンドウ属)
観測日( )
3.ピンポイントで見れるお花   絶滅種に近いお花でも、中には現実に見れるお花もありますが、恐らく植栽されたものと思われます。   しかし、自然の状態でピンポイントで見れるお花もあります。残念ながらそのピンポイントを公開する訳にはい   きません。あの自然保護活動が熱心な高尾山では、積極的にお花の咲く場所を公開することで、市民の監視の目   を相互に強化し保護する方針をとっていますが、こと筑波山ではその理屈は通りません。   筑波山の男体山下の自然研究路に、富士見岩とよばれる展望岩があります。   此処には、丁度お昼頃に筑波山のお花の保護に熱心な人々が毎日集まり、情報交換を行っていますので興味のあ   る人は是非出掛けて下さい。仲良くなればあるいは、そのピンポイントを教えて貰えるかもしれません。

  →「その23」