お花の名前を覚えよう(その14:ナデシコ科ハコベに似た花を探そう)!
(Last updated 2012/3/11)
「その15」「先頭」


1.「ハコベ」の仲間とは、どんなお花でしょうか!

  我々の最も身近なお花のひとつが「ハコベ」で、緑色の葉と白い小さな花弁を持ち、何処にでも咲いています。

  しかしこと筑波山系となると、ハコベに似たの全てを「ハコベ」で済ませる訳にはいきません。筑波山系では
  現在18種の「ハコベに似た花」を収録していますが、植物学の中に少し入り込んで、調査してみましょう。

  (1)ナデシコ科に所属→ハコベに似た花は、なんと88属もあるナデシコ科に属していました。
  (2)複数の属に分類→詳細に調べてみると、ハコベに似た花は8属に所属し、分類されていました。
  (3)名はハコベでも異なる花→ルリハコベ、ミゾハコベ、スズメノハコベ、ミズハコベは、別の科に属していました。
  (4)地域名が付いた花→ハコベも地域ごとに進化を遂げ、地域名を持つものもが多数ありますが、対象外としました。
  (5)お花が咲かないハコベ→イヌハコベなる花もあるようですが、この図鑑では対象外としました。

2.「ナデシコ科」の中で、「どんな属」に所属しているか!

  身近な「ハコベに似た花」は、「ナデシコ科」の以下の属に所属していました。

  (1)ウシハコベ属→ウシハコベ
  (2)オオヤマフスマ属→オオヤマフスマ、
  (3)ツメクサ属→ツメクサ、
  (4)ナンバンハコベ属→ナンバンハコベ、
  (5)ノミノツヅリ属→ノミノツヅリ、
  (6)ハコベ属→(コ)ハコベ、サワハコベ、ナガバツメクサ、ノミノフスマ、ミドリハコベ、ミヤマハコベ、
  (7)ミミナグサ属→オランダミミナグサ、タガソデソウ、ミミナグサ、
  (8)ワチガイソウ属→ヒゲネワチガイソウ、ヒナワチガイソウ、ワダソウ、ワチガイソウ、

縮小写真
ウシハコベ
(ナデシコ科ウシハコベ属)
観測日( )

オオヤマフスマ
(ナデシコ科オオヤマフスマ属)
観測日()

ツメクサ
(ナデシコ科ツメクサ属)
観測日()
縮小写真
ナンバンハコベ
(ナデシコ科/ナンバンハコベ属)
観測日( )

ノミノツヅリ
(ナデシコ科ノミノツヅリ属)
観測日()
縮小写真
(コ)ハコベ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日()

サワハコベ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日()
縮小写真
ナガバツメクサ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日()
縮小写真
ノミノフスマ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日( )

ミドリハコベ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日()
縮小写真
ミヤマハコベ
(ナデシコ科ハコベ属)
観測日( )

オランダミミナグサ
(ナデシコ科ミミナグサ属)
観測日()
縮小写真
タガソデソウ
(ナデシコ科ミミナグサ属)
観測日(4/30)
縮小写真
ミミナグサ
(ナデシコ科ミミナグサ属)
観測日()

ヒゲネワチガイソウ
(ナデシコ科ワチガイソウ属)
>観測日(5/9)
縮小写真
ヒナワチガイソウ
(ナデシコ科ワチガイソウ属)
観測日()
縮小写真
ワダソウ
(ナデシコ科ワチガイソウ属)
観測日()
縮小写真
ワチガイソウ
(ナデシコ科ワチガイソウ属)
観測日(4/28-5/3)

3.ハコベの分類は、何をもとに見極めるのでしょうか!   「ハコベ」に限りませんが、以下の項目に注意してお花を観察してみましょう。   (1)花の特色→ハコベの仲間の花は概ね白色5枚の花弁を持ち、雌しべは緑色、雄しべは緑か濃い茶色。   (2)花弁の形状→花弁の形状に特色があり、2中裂、2深裂する花弁や、上部形状・窪みなどを見極める。   (3)雌しべと雄しべ→花の中央に雌しべがあり花柱となり分裂し、周辺には複数の雄しべが取り囲みます。   (4)葉の形状→葉はハコベの仲間を特定する重要な要素で、円形、楕円、細い楕円、へら型、など異なる。   (5)葉の出方→他の花と異なり対生のみなので、葉の形状が極めて重要となる。   (6)花の全体形状→茎が直立するか、地面を這っているかを見極めよう。   (7)茎の色→概ね緑色だが、根元付近が薄茶、全体が紅紫色であれば特定が容易となる。   (8)全体の高さ→小さい花の仲間だが、種類ごとに高さに微妙な違いがある。   (9)毛の有無→薄い毛が、花柄、萼、葉(表、裏)、茎(上部、下部)に出る。   (10)開花時期→概ね春から咲き出すが、花によっては多少時期が異なる。




属名花の名花弁の形状花柱の数雄しべの数萼片の長さ対生葉の形状茎の色全体の大きさ薄毛位置開花時期備考
ウシハコベ属ウシハコベ2深裂5枚5個5−10個花弁より大卵型先端尖る緑色+薄茶20−50cm萼、茎4−10月
オオヤマフスマ属オオヤマフスマ舌状花5枚3個5−10個極めて小さい細めの楕円緑色10−20cm葉の両面6−8月
ツメクサ属ツメクサ太め卵型5枚5個5個花弁より短め針形緑色2−20cm3−7月
ナンバンハコベ属ナンバンハコベ2裂逆三角花5枚3個10個花弁の半分程卵型緑色蔓状1.5m程葉裏6−10月
ノミノツヅリ属ノミノツヅリ舌状花5枚3個5−10個花弁より大卵型緑色+薄茶地を這い5−25cm萼、葉3−6月
ハコベ属(コ)ハコベ2深裂5枚3個5個程花弁より小さめ卵型紅紫色地を這い10−30cm3−9月
サワハコベ2裂舌状花5枚3個5−10個花弁と同じ程角状卵形緑色5−35cm程無毛5−7月
ナガバツメクサ細い2深裂5枚3個10個小さめ線形〜広線形緑色20−40cm程無毛6−8月
ノミノフスマ細い2深裂5枚3個5個花弁より短め長楕円形先端尖る緑色+薄茶10−30cm程無毛4−10月
ミドリハコベ2深裂5枚3個1−7個花弁より短め卵型緑色15−30cm3−9月
ミヤマハコベ2深裂5枚3個10個花弁より短め広卵形緑色+薄茶20−40cm葉裏、茎5−7月
ミミナグサ属オランダミミナグサ2裂舌状5枚5個10個花弁より短め狭長楕円形茶系色10−60cm全体4−5月帰化
タガソデソウ舌状花5枚5個10個小さい細長い卵型緑色30−50cm全体5−7月
ミミナグサ切込みがある卵型5枚5個5個花弁と同じ卵型紅紫色10−30cm4−6月
ワチガイソウ属ヒゲネワチガイソウ細い舌状花5−7枚3個10個花弁と同じ狭長楕円形緑色+薄茶10−20cm無毛3−5月
ヒナワチガイソウ細い舌状花6−7枚3個10個花弁より短め狭長楕円形緑色+薄茶10−15cm4−6月
ワダソウ切込みがある卵型5枚2−3個10個花弁の半分程卵型緑色+薄茶10−15cm萼、茎4−5月
ワチガイソウ太め舌状花5枚2個10個細く花弁と同じ程度卵型緑色+薄茶8−15cm萼、茎4−6月

4.ハコベ、コハコベ、ミドリハコベの扱い方!   「ハコベ」を心に思った時に、皆さんはどのように考えるでしょうか。  (1)春の七草の繁縷(ハコベ)→身近に咲く雑草→茎が紅紫色→コハコベ。  (2)茎が緑色の繁縷(ハコベ)→コハコベに似るが別種→ミドリハコベ。     このことから、この図鑑では繁縷コハコベと定義することにします。


「その15」