お花の名前を覚えよう(その9:アザミとトウヒレン)!
「その10」「先頭」

1.キク科のアザミやトウヒレンは何属か

  キク科ほど、様々なお花が属する科はありません。
  我々が一言でアザミ、トウヒレンと言っても植物学的には、何属に属しているかを勉強してみましょう。
  筑波山で見掛けるお花の中で、ノアザミ、ノハラアザミ、ツクバヒゴダイ、オヤマボクチ、タムラソウなどを頭におい
  て植物図鑑を調べてみると、以下の複数の属が候補となりました。

  (1)キク科キツネアザミ属→初夏に咲く、アザミにしては中途半端な花がキツネアザミでこの花のみ属します
  (2)キク科ヒレアザミ属→小粒のピンク色の花を数個つける、ヒレアザミが属しますが筑波山では未撮影です
  (3)キク科タムラソウ属→棘の無いアザミとなれば、ご存知のタムラソウのみが属します
  (4)キク科オヤマボクチ属→秋に如何にも痛そうな濃い茶色の棘となれば、オヤマボクチが属し数種あります
  (5)キク科トウヒレン属→アザミを小形にしたような花を沢山付ける、ツクバヒゴダイが属し花数もあります
  (6)キク科アザミ属→葉も花も如何にも痛そうな花がアザミの仲間で、その種類は大変な数で判別が難しい花です

2.どの花が属するか調べてみましょう

  筑波山で咲いているお花の中で、未撮影を含めて各属ごとにお花を調べてみました。
  ナツノタムラソウ、アキノタムラソウと言う花もありますが、シソ科アキギリ属の紫色のお花です。

  (1)キク科キツネアザミ属→キツネアザミ、
  (2)キク科ヒレアザミ属→ヒレアザミ、
  (3)キク科タムラソウ属→タムラソウ、
  (4)キク科オヤマボクチ属→オヤマボクチ、
  (5)キク科トウヒレン属→キクアザミ、ツクバヒゴダイ、
  (6)キク科アザミ属→アズマヤマアザミ、イガアザミ、クルマアザミ、タカアザミ、タカオヒゴダイ、テリハアザミ、
                トネアザミ、ノアザミ、ノハラアザミ、ハマアザミ、ホソエノアザミ、モリアザミ、
                ナンブアザミ、

4.アザミやトウヒレンを観察できる場所は何処か

  比較的、筑波山の彼方此方で見られる花ですが、お勧めの場所は以下の2箇所です。

  (1)自然研究路一周→元々お花の多い場所ですが、これらの花の多くを観察できることが出来ます、
  (2)東筑波ハイキングコース→誰もが知るお花の宝庫ですが、勿論、これらの花も観察出来ます

3.図鑑の写真で確認しましょう

  アザミの仲間は判別が難しく未撮影の花も多いのですが、図鑑から写真を拾ってみました。


イガアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()
縮小写真
キツネアザミ
(キク科キツネアザミ属)
観測日(4/27-6/12)
縮小写真
ヒレアザミ
(キク科ヒレアザミ属)
観測日()
縮小写真
タムラソウ
(キク科タムラソウ属)
観測日()
縮小写真
オヤマボクチ
(キク科ヤマボクチ属)
観測日(10/8)

キクアザミ
(キク科トウヒレン属)
観測日()
click->縮小
ツクバヒゴダイ
(キク科トウヒレン属)
観測日( )
縮小写真
アズマヤマアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()
縮小写真
クルマアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()

タカアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()
縮小写真
タカオヒゴダイ
(キク科アザミ属)
観測日(10/28)
縮小写真
テリハアザミ
(キク科アザミ属)
観測日(8/11)
縮小写真
トネアザミ
(キク科アザミ属)
観測日(9/16-9/24)
縮小写真
ノアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()
縮小写真
ノハラアザミ
(キク科アザミ属)
観測日( )
縮小写真
ハマアザミ
(キク科アザミ属)
観測日()
縮小写真
ホソエノアザミ
(キク科アザミ属)
観測日( )
縮小写真
モリアザミ
(キク科アザミ属)
観測日( )
縮小写真
ナンブアザミ
(キク科アザミ属)
観測日(10/24)
  →「その10」