TOPへ戻る

《山岳ガイド》

 ハイキング(ツ−ル・ド・モンブランなども)、登山、岩登り、キャニオニングなど
 多岐にわたるガイドを幾つかのガイド組合が行なっている。

 ・
シャモニガイド組合
  La Compagunie des Guides de Chamonix Mont-Blanc


  
Tel.04 50530088
    .04 50534804
  
e-mail:chamonix.guides@mont-blanc.com

  観光局前の教会の隣にあり、山の情報を色々と聞ける。
  地元出身者のみが入れる組合。世襲的で当たり、はずれが激しい。一見さん向き。
  その中でいいガイドはやはり固定客がついている。

 ・
モンブランガイド協会
  ASSOCIATION INTERNATIONAL DES GUIDES DU MONT-BLANC


  
Tel.04 50532705
    .04 50538319
  
e-mail:aigmb@guides-du-montblanc.com
   
web:http://www.guides-du-montblanc.com

  目抜き通りの時計台のある所から川沿いに斜めに入る道にある。
  山が好き、ガイド業が好きでガイドになった人達がフランスはもとより諸外国から
  きて組織された組合。優秀でハ−トのあるガイドが多い。

 ・
MONDE & MONTAGNES (モンド・エ・モンタ−ニュ)

  
Tel.04 50539989
    .04 50539588
  
e-mail:jprenaud@club-internet.fr

  ミディ行きのケ−ブル駅前にあるアパ−ト群の中にある SPORT 2000≠ニいう
  登山用品 店の中にある。ガイドと隣のカフェで一杯やりながら
  気楽に打ち合せができる。

 ・
スネルの神田さん
  スネルの神田さんが、人柄、技術を見込んだガイドを紹介してくれる。
  クライミングやミックス希望だとすばらしいガイドが案内してくれる。
  シ−ズン直前では予約は難しい、と思ってお願いすべし。


《ガイド登山について》

 料金的に日本人にとってはとてもリ−ズナブル。
 モンブランへのガイドなどは、ほぼ全員のガイドが飽きている
 (特にグ−テからのコ−ス)。
 そういうコ−スではガイドの人柄は特に大切なものになる。
 ガイドもピンキリで、先行パ−ティ−にロ−プをかけさせたり、
 後続の一般登山者に「ついてくるな!」と怒鳴ったり、ゲストを犬扱いする
 ガイドがいる(某地元ガイド組合?に多いらしい)。 
 反面、クライマ−のスピリッツを無くさないハ−トのあるガイドも大勢いる。
 そこまでするな!と言いたい程頑張るガイドまで。

 ただ、むこうのガイドはゲストを一人前の登山者として接してくる。
 だから日本人のモンブランツア−に参加するアイゼンも履いたことのない
 ような人たちにはそれなりに厳しい。

 ガイド中のガイドは一般の登山者には威圧的に感じることがある。
 よいガイドほどクライマ−としての底力がある。岩登りのル−トでロ−プを60m
 一杯伸ばしてゲスト(時として2人)と同時に登れるような日本人ガイドは
 いるだろうか?
 かっこだけつけてフランス人ガイドの後ばかり歩く某日本人ガイドとは
 比べるのも無駄かな・・・。
 非常時を考えるとことばのわかるフランス人ガイドがやはり安心。
 対応能力が違う。

 以前モンブランの稜線のバロ非難小屋に数十人もホワイトアウトで
 閉じこめられたが、シャモニからの小屋への無線連絡で少しの間ガスが
 減るという情報に即座に反応したのはやはりフランス人ガイド。
 とり残された人達はヘリで下山となった。
 ロ−プにつながってトレ−スをたどればだれでもガイドの真似はできるが、
 やはり巻道、近道、雪の状態、天候判断、非常時の対応能力、ガイドの
 テクニック・体力・忍耐力等フランス人ガイドは抜きんでていると思う。

 せっかくアルパインスタイルの本場でガイドを雇うなら、本場で鍛え
 上げられたガイドを雇うのがいい経験になると思います。
 ことばの心配はそんなにいらないでしょう。

 ただし、スピ−ド=安全の前には客はガイドに何も言えない。
 日本でガイドに甘やかされた人達にはそれだけでカルチャ−ショック。
■フランス人ガイドと