冨士工

東京都

負債総額 約831億7,000万円内外

 当社(東京都港区高輪21-46 、代表 田中 智氏)は、3 月23日東京地裁に民事再生法手続き開始を申請、同日、財産保全命令が下った。
当社は、昭和21年8 月「兜y士工務店」として設立。同45年現商号に変更。同46年8 月東証一部上場、同47年10月大証一部上場した中堅ゼネコン業者。 マンション建築工事(65%)主体に商業ビル・公共施設等建築工事及び土木工事(23%)・不動産事業(0.6 %)を展開、ピーク期(平成5 年3 月期)年商616 億2,200 内外を挙揚していた。
バブル期には、ゴルフ場開発事業に進出。平成3 年3 月「宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部」をオープン、同7 年5 月「八洲カントリークラブ」をオープン、子会社を通じ運営させていた。
しかし、バブル崩壊により預託金が集まらず、ゴルフ場子会社の経営が急速に悪化。ゴルフ場子会社への貸付金156 億円を抱え、同9 年3 月期有利子負債は368 億8,000 万円に達していた。
同年10月経営改善5 ヶ年計画を策定。有利子負債の圧縮、保証債務の削減・海外からの撤退を発表、経営再建に向け注力していた。
しかし、建設不況の煽りをうけ、同11年3 月期同448 億3,000 万円内外と落ち込み、赤字転落に至っていた。 また、12年3 月期には、連結子会社15社がすべて債務超過に転落、連結ベースで123 億3,800 万円の債務超過に至っていた。
メーンバンクの「さくら銀行」を含めた金融機関に対し債権放棄を打診していたが、不調に終わり自主再建を断念、当事態に踏み切った模様。
尚、再建を支援するスポンサーとして、業務用ソフト開発のソフトウエア興業と、店頭上場のサンユー建設が名乗りを挙げている。
尚、負債総額は保証債務を含め約831 億7,000 万円内外の見込み。

<<戻る