George P. Pelecanos / Sound Track

ジョージ・P・ペレケーノス / サウンド・トラック

硝煙に煙る視界、吐き出される薬莢、飛び交う弾丸、弾け飛ぶ肉片・・・
熱き男たちの正義が迸る。
"現代ハードボイルドの雄"ペレケーノスの作品群は
暴力的な犯罪小説のカテゴリーにありながら
深い人間愛に満ち溢れている。
そこには、青春、友情、家族の絆、正義があり
・・・そして、ミュージックがある!


A Firing Offense (1992) / 硝煙に消える

Nick's Trip (1993) / 友と別れた冬

Shoedog (1994) / 野獣よ牙を研げ

Down by the River Where the Dead Men Go (1995)

The Big Blowdown (1996) / 俺たちの日

King Suckerman (1997) / 愚か者の誇り

The Sweet Forever (1998) / 明日への契り

Shame the Devil (2000) / 生への帰還

Right as Rain (2001) / 曇りなき正義

Hell to Pay (2002) / 終りなき孤独

Measures of Poison (2002)
(This hefty noir anthology by many of the best writers.)

SOUL CIRCUS (2003) / 魂よ眠れ

HARD REVOLUTION (2004) / 変わらぬ哀しみは

DRAMA CITY (2005) / ドラマ・シティ

The Night Gardener (2007) / 夜は終わらない

The Turnaround (2009)

The Way Home (2009)