悪役に視点を置いていますが ネタバレあります

バーク・デヴォア

職業 元製紙会社社員 失職中

作者 D・E・ウェストレイク

登場作品 斧

販売部長を4年間 生産ライン主任を16年間務めた会社を解雇された主人公が再就職を目指しますが なかなか仕事が見つかりません。そこでライヴァルを一掃する為 偽の求人広告を出し応募してきた人々の中から抹殺対象を選別。その上で再就職を目指す会社の現任者にとって代わることを計画します。 妻帯者で長女は短大 長男は高校生。

先ずまあまあの経歴のHCE(略称)を射殺。次に化学工学士の資格を持つEGRを成り行きで夫人共々射殺。(末娘の不倫相手が捕まり自殺)そしてヴェトナム帰りのEBDを轢き殺す。(車の傷は他の事故でカモフラージュ)まだ50歳以下とわざわざ記入したKBAをショッピングモールの駐車場で射殺。息子のビリーがソフトウェアの窃盗で捕まり証拠隠滅に追われ一旦小休止の後 GRBを殺そうとしたが 彼の再就職が決まり殺害リストから抹消。偽の面接に誘き出した二人目のHCEを金槌で粉砕。 

そして最後に 彼が手に入れようとするポストに在職中の最終目標URFをちょっと苦労したものの窒息死させる。そして見事URFの在籍していた会社の面接にこぎつけることに。また初代HCEとKBAの殺害は二代目HCEの仕業ということで落ちつく模様。めでたしめでたし。 

パトリック・ベイトマン

職業 エリート・ビジネスマン

作者 ブレット・イーストン・エリス

登場作品 アメリカン・サイコ

ハーヴァードへ行き そのビジネススクールを出てウォール街で仕事(一族がオーナーをしているP&P)。27才。住まいはニューヨーク西81丁目55番 アメリカン・ガーデンズ・ビル(トム・クルーズが住んでいる)。健康の為に紙巻煙草は吸わないが クラックはとことん吸う。仲間内では純情派の好青年。お気に入りはアメックスのプラチナカード ロレックス J&B。音楽や服飾などの趣味は流行物中心。根底に弱者に対する差別感。ただ向かってくるものにはすこぶる弱いらしい(彼に片思いのホモや同僚が殺されたのを目撃したタクシー運転手)。14才のクリスマスにメイドをレイプ ハーバードの3年のとき女子大生の首を切り落とす。また弟のショーンも相当です。

犬を連れたホームレスをナイフでメッタ刺し。犬を連れたお年寄りをメッタ刺ししてとどめに2発銃弾を撃ち込む。自転車で通りかかった配達屋の日本人の喉を切り裂く。仕事仲間を自分のアパートで斧で一撃。ハーヴァード時代に付き合っていた女性を鋲打ち銃で仕留める。お金持ちのモデルと街で拾った女性をまとめて始末。動物園で子供の喉を一突き。エスコートガール二人を電気ドリル塩酸鋲打ち銃などでめちゃめちゃに。名前もわからない女性をネズミを使っていたぶり殺す。女性を料理して食べてみようとしますが あまり美味しくはできなかった模様。 

街頭でサックスを吹いていた男を銃撃するも警官に見つかり 成り行きで警官3人 警備員 掃除夫 タクシー運転手がトバッチリを受ける。   

ハンニバル・レクター

職業 精神病医

作者 トマス・ハリス

登場作品 羊たちの沈黙

通称 食人鬼ハンニバル。リトアニアで生まれる。父は伯爵。母はイタリアのヴィスコンティ家の出身。1944年彼が6歳の時 東部戦線崩壊の中 両親は砲撃に遭い死亡。妹のミーシャは小鹿同様独軍脱走兵たちに殺害され食料に。精神病医として有能。ウィル・グレイに捕まるまでに9人を殺害。6人目は八つ裂き 9人目の胸腺と膵臓は料理にしてしまった。

捕まってからも看護婦の舌に噛み付き顎を砕き 同房の男に自殺を教唆 矯正官2人を殺し脱獄。最終的に計5人殺害してリオへ。あと収容されていた病院院長が行方不明に。

7年後 フィレンツェのカッポーニ文庫の翻訳官兼司書のフェル博士として出現。前任者と彼に復讐を誓うメイスン(食肉加工会社経営)の手の者を3人返り討ちにして 米国メリーランド州に転居。鹿狩りの男を幼児体験からか殺害し胸腺などを食す。メイスンの策略により待ち伏せに遭い豚に食べられる寸前 クラリスに救われる。以後クラリスと暮し 彼女の心の重荷とも言える父に対する思いを断ち切るために腐心(父の遺骨を見せたり 父の負のイメージを象徴する天敵クレンドラーを食べさせたり..)。最後に二人を見かけたのはブエノス・アイレスとのこと。  

ゴルトベルグ変奏曲(グールト)などお気に入り。自分で演奏もするのでハープシコードやテレミンまで所有。 細密画を記憶だけで描く。白トリュフにワインなど洗練された嗜好。スーパーチャージャー付ベントレーやジャグァーXJRなど車にも一家言あり。全く同じ中指が2本(多指症)あったが後に手術。  

サラ・ミッチェル

職業 主婦

作者 スコット・スミス

登場作品 シンプル・プラン

リード大学時代のクラスメートで飼料店に勤めるハンク・ミッチェルと結婚。オハイオ南部で育ち 母親は幼い時 父親はハンクとの結婚直後にそれぞれ死亡。大学の石油工学科卒で 牧場を経営するのが夢だったらしい。今は家計を助けるため図書館でパート。

1987年の大晦日に 兄とお墓参りに行った夫が 墜落した飛行機を発見。大金を持帰った(兄の友人も一緒だった) 夫が捕まったりしては大変と警察に届けるべきと思うが 結局 夫の山分け計画を黙認。 

怪しまれぬように少しお金を戻すことと 兄が残した空き缶を回収することを指示。夫と兄が居合せた農場主を弾みで殺害。 

兄の友人がそれを知り 夫を脅迫。逆に彼を陥れる計画を発案。夫と兄は弾みで兄の友人とその恋人を殺害。今度は痴情のもつれに見せるため近所に住む男を殺害することを教唆。夫は弾みで兄まで殺害。大金の持ち主が取り返しに来たのを看破。一件落着のお祝いにシャンパンを購入するが それをきっかけに夫は酒屋の店員とお客を殺害することに… お金は海外旅行や習い事に使いたかったらしい。

ユーニス・パーチマン

職業 家政婦

作者 ルース・レンデル

登場作品 ロウフィールド館の惨劇

サザン鉄道の車掌の子でロンドンに生まれる 読み書きを教わらぬうちに疎開 以後 学校へは飛び飛びにしか行かなかった為 読み書きが出来なかった 17才の時 母が病に倒れ 以後母の世話と家庭の切り盛りに追われる 37才の時 母が死ぬが 今度は父が倒れてしまう 

40才の時 父を窒息死させ 年金詐欺をしていた友人からせしめた金で生活 その友人の入れ知恵もあり カヴァデイル家に住み込み家政婦として入りこむ

読み書きできぬことは何とか隠していたが ある日お節介なカヴァデイル家の娘に気づかれ逆上し やめさせられることに そこで唯一の狂信者の友人と別れの宴をしているうち 大暴発して夫妻と子供二人を惨殺してしまう

大鹿マロイ

職業 銀行強盗の前科物

作者 レイモンド・チャンドラー

登場作品 さらば愛しき女よ

身長6フィート5インチの大男 銀行強盗で4千ドルを強奪するが 何者かの密告により逮捕され八年間服役 出獄後の姿はソフト帽 ゴルフボールのボタンのついた灰色のスポーツ服にフランネルのズボン 黄色いネクタイ 鰐皮の靴という派手さ

捕まる前に付き合っていた女性を探しに 昔彼女が歌っていた酒場へ行ったが 経営者は変わっていて 苛立つ彼は 用心棒を倒し 銃を取り出した店主の顎を折り殺害 次に 弾みで元の店のオーナーの細君の顎の骨を折り殺害してしまう

ついに過去を隠し富豪夫人となっていた彼女と再会するが 彼女に銃弾を5発撃ちこまれ死亡

フォクシー・ファンダーバーク

職業 犬の飼育業者

作者 スチュアート・ウッズ

登場作品 警察署長

40年以上にわたり 若者43人以上を拷問性的凌辱を加えた後に殺害 第一次大戦補給部隊中尉として仏に短期間従軍 デラノの警察署長就任を切望するも果たせず 

ずんぐりした屈強な小男で銃器の知識が豊富で 1ダース程の拳銃とライフルを所持 親が残したコカコーラ株の配当があり 丸太小屋にラヴラドル・レットリーバーと共に暮す コーヒーは胃に悪いので飲まないらしい 

デラノ警察初代署長ウィル・ヘンリーが逮捕寸前までいくが別の男に殺され 二代目サニー・バッツは返り討ちに 最終的に三代目タッカー・ワッツ署長達に射殺された 

フレデリック・ラルサン 

職業 パリ警視庁の名探偵

作者 ガストン・ルルー

登場作品 黄色い部屋の謎

     黒衣婦人の香り  

本名バルメイエ 仏国の裕福な取次ぎ業者の息子 天才詐欺師で父宛ての有価証券を盗み 巧妙な手紙で発覚を防いだのを手始めに 勤め先で詐欺を働き主人のせいにするなど枚挙に暇なし 脱走二回 変装も巧み 

その後渡米し詐欺行脚するうち ジャン・ルッセルと名乗りスタンガースン嬢と結婚するが捕まる その後犯罪を重ねたが ラルサンという豪商を殺しその名を騙り 再び欧州へ 死亡を装い パリ警視庁の探偵になり 自分が犯した犯罪を他人になすりつけ名探偵の名を欲しいままに

だがスタンガースン嬢結婚の噂を聞きつけ逆上?三回にわたり脅迫襲撃するがいずれも失敗 婚約者を犯人に仕立てるが ルールタビーユに正体を暴かれ逃走 その後 新郎を誘拐 当人に変装再び登場 襲撃脅迫を再開するが またもルールタビーユに阻止される中で自殺

ゴールト

職業 殺人犯

作者 P・コーンウェル

登場作品 私刑 真犯人

最初は酒場で絡んできたトラック運転手の頭を空手の蹴りで一撃死亡させ バージニア刑務所へ その後脱獄 13歳のエディー 刑務所看守へレン ケイの部下などを殺害したうえ双子の妹まで殺してしまう 少なくとも9人を殺害 

煙草はナットシャーマン ワインは仏白ワイン(シャトーカルボニュかシャトーオリビエ)料理はカルパッチョやビステッカが好き 両親は農園を経営裕福で頭も良い 伯父さんは将軍 

ノースカロライナ州デイヴィットソン大学中退 30過ぎ

ウェズリイ

職業 殺し屋

作者 アンドリュー・ヴァックス

登場作品 ハード・キャンディ

1967年に初めてベトナムで退却させぬ小隊長(中尉)を撃ち殺し青銅星章までもらう  その後刑務所でデイトン他二名を殺害

それから殺し屋稼業 アイスピックに吹き矢 車爆弾に放火 コロンビア人殺害の仕事の際爆弾で18人を巻き添え お金を払わなかったドンの娘の頭を切り取り股の間に 最終的にドンを狙撃 最終的にバークに恩を売る形で派手に自爆か

請け負ったモーテイ殺害の仕事をバークに横取りされる バークが16歳の時命を救われた 銃の安全装置は削り落としている 荷物なく友達もなく犬も飼わぬ 

ジェイムズ・レオ・モットリー

職業 犯罪者

作者 ローレンス・ブロック

登場作品 墓場への切符

婦女暴行で6,7回逮捕されるが被害者が告訴を取り下げる 警官時代のスカダーに捕まり スカダーの策略もあり 有罪判決を受けて刑務所へ 

1年から10年の刑だったが服役中に少なくとも2人の受刑者を殺し12年服役 スカダーを逆恨みし 出所後逮捕時供述した女性一家5人を皆殺し 更にスカダーと一緒に歩いていた女性や同姓の女性を殺す等スカダーゆかりの人物に危害を加える事に熱中

刑務所で体を鍛え 所内の図書館で本を読みニーチェを引用 最終的にはスカダーが射殺 

フィリップ・スウェイン

職業 建設請負業者

作者 レジナルド・ヒル

登場作品 骨と沈黙

会社が思わしくなく大金持ちの妻の遺産目当てに妻を殺害 ダルジ―ル警視に当初から疑われるが 次々と見事な嘘をつき 人も殺す

奥さんが死んだのは事故と言い張る 顧客ウォーターソンの愛人はウォーターソンが殺したと言い張る ウォーターソンを殺したのは共同経営者のアーニーと言い張る そしてアーニーは事故ないし自殺と言い張る 

ただパスコー主任警部のお手柄でアーニーの娘の夫アップルヤードの死に関連して 嘘が証明されてしまった 

バッド・コーリス

職業 ストッダート大の学生

作者 アイラ・レヴィン

登場作品 死の接吻

父は工員さんで貧しかった 一人息子で成績優秀 美貌を誇り上昇志向強い 第二次大戦に出征 除隊後暫くしてストッダート大入学お金持ちの令嬢ドロシイに遭遇

ドロシイが妊娠するが父親が結婚を認めそうもないと分かり 遺書を偽造ビルから突き落とす コールドウェル大で姉のエレンに近づくがドロシイ殺害が露見 ドロシイの友人パウエルとともに殺害 

何故かこの一族に固執 長姉マリオンに近づき結婚寸前で過去が露見 父親達に殺される

ユルゲン・シュトラッサー

職業 国際テロリスト

作者 J・C・ポロック

登場作品 略奪者

旧東独国家保安省に所属し7ヶ月に5件のテロ実行 東独崩壊後は独赤軍派リーダー 通称ディーター ナチ略奪美術品リストを父より入手テロ活動の資金調達に利用

モサドとCIAの待ち伏せを受け情報漏れの原因となった男とモサド2人を射殺 絵画所有者スチュアート キャボット他計4人殺害 次にバンクロフトを狙うが待ち伏せに遭い計11人を倒し逃走する 

最終的にモサドとCIAとロシア情報部に追われるなかで死亡 

ラマー・ジェイムズ・パイ

職業 終身囚

作者 スティーヴン・ハンター

登場作品 ダーティホワイトボーイズ

38歳 密生したもつれ髪をポニーテールに 腕にFUCKとBORN TO KICK ASS等の刺青 ライオンに憧れる 父も犯罪者 救護院で育ち家宅進入暴行武装強盗など 74年にコンビニ店員射殺 依頼により暴走族密告者射殺するも捕まる

服役中囚人と看守を殺し仲間と脱獄 逃亡中警官等二人殺害 老夫婦と警官一人は助かる 仲間3人とデニーズに押し入り従業員一人客一人警官三人殺害 アフリカ系少年は殺さなかった

その後 助かった警官に仲間(いとこ)を殺され 仕返しを試みるが返り討ち 

エジソン

職業 殺し屋

作者 ポーラ・ゴズリング

登場作品 逃げるアヒル

ハンサムで目は灰色短い髪でがっしりして背は高い 見栄っ張りでプライド高い サントス議員襲撃等の犯人 メキシコシティで米国大使暗殺 狙撃のほか爆破も好む 普段は目立たぬフリーの広告レイアウトマン

殺人の女性目撃者(誤解)を執拗に追う 最初は狙撃に失敗 次に目撃者の恋人を誤爆 そして下請けに隠れ家を襲撃させるがまた失敗 警察の囮作戦に逆上執拗に追い回す

まず標的2人のアパート爆破 警察内通者を用い居場所を突き止め警官に成りすまし襲撃 更に徒党を組み待ち伏せ襲撃 激闘の末逮捕 警察側重要証人になってしまう

ジュリー

職業 謎の女

作者 コーネル・ウールリッチ

登場作品 黒衣の花嫁

結婚式の当日 何者かにより夫を殺害され 復讐に燃える 何故かカードクラブ「金曜日の晩の鬼の会」のメンバーに標的を定め次々に殺害

まず株式仲買人をパーティー会場で地上17階テラスから突き落とす 次にホテル住まいの年金生活者を青酸カリで毒殺 そして会社員を物置に閉じ込め窒息死させる 更に画家の心臓を矢で射抜きます 最後に大衆作家を殺害しようとしたが摩り替わっていた刑事に逮捕された

ニューヨークに住み大病院に勤務 休日も家に閉じこもり付き合いを避ける